あなたも明日発症するかも!? ”日光アレルギー”知っていますか?

意外と知られていない日光アレルギー。症状や対処法を知り、発症した場合に備えよう!

view6342

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夏は特に強い日差し

     

    気をつけないと、アレルギーを起こす可能性が!?

  • 日光アレルギーとは?

  • @yokurei 日光アレルギーって具体的にどんなんなの…私体調悪いとき日光当たると皮膚に内出血大量発生したり湿疹出るんだけどこれ違うのかな_(:3」∠)_
     

    あまり知られていない。

  • 日光アレルギーとは別名、紫外線アレルギーや日光過敏症とも呼ばれている皮膚疾患なのですが、一般の人が浴びても何ともない程度の多少の紫外線を浴びるだけで肌に湿疹が発生したり、皮膚が真っ赤に腫れ上がったり、酷い場合には水ぶくれやじんましん、ミミズ腫れなどができてしまいます。
    出典 :日光アレルギーの症状~こんな症状で困っていませんか?~
     

    発症するとつらいですよね。

  • じんましん→かゆい→腕に斑点→めっちゃかゆい→病院→医者「日光アレルギーです」←new!!
     

    気づきにくい病気なのですね。

  • 日光アレルギーのサイン

  • 日差しを浴びると、すぐ肌が赤くなる
    日焼けしても肌が黒くならない
    肌が熱を持ち、ほてり感が続く。
    頭痛を伴うことがある。
    鳥肌がでることがある。
    発疹や火ぶくれになりやすい。
    紫外線が当たりにくいアゴの下には出にくい。
    出典 :光線過敏症,こうせんかびんしょう/光線過敏性皮膚症/光過敏症/光アレルギー
     

    頭痛も発生するのか!

  • 日光アレルギーの原因は、内因性と外因性のものがある

  • 内因性のものは、多形日光疹という病気が挙げられ、日頃日に当たる機会の少ない人や女性の間に多く見られます。しかし、具体的な原因はまだ分かっていません。症状としては、腕や手の甲に日光の紫外線が当たると発疹が発症するようです。食べ物や薬の中に紫外線に反応してしまう光感作物質が含まれており、それが原因となって皮膚に炎症反応が起こります。
    出典 :日光アレルギーの原因
  • 次に外因性のものですが、これは光線過敏型薬疹という病気です。飲んだ薬が引き金となって起こってしまう皮膚疾患であり、単純に抗うつ剤や抗生物質などの薬を飲むだけでは何ともないのですが、薬を飲んだ後に、ほんのわずかな量の紫外線を浴びただけで頭から顔、首や腕といった広い範囲に発疹が現れます。症状が酷い時には水疱も発生します。
    出典 :日光アレルギーの原因
  • 日焼け止めでも日光アレルギーを起こす可能性が!?

  • セロリ、クロレラ、ドクダミなどの食品、化粧品や日焼け止めそのものによっても光線過敏症を起こす可能性があることも念頭においておきましょう。
    出典 :埼玉県さいたま市見沼区東大宮5-18【東大宮総合病院】
     

    セロリなどの食品も危険なのですね。

  • あなたも明日発症するかも!?

  • 日光や紫外線を浴び続け、抗体の一定量を上回ってしまうと日光や紫外線を浴びた時に毎回アレルギー症状が現れるというわけです。そういうわけで、小さい頃は外で良く遊んでいて、日光や紫外線を浴びても何も起こらなかったのに、今になって湿疹が起こるようになるということも考えられます。しかし、抗体はどれくらいで一定の量を超えるかについては人それぞれなので、一生日光アレルギーの症状が出ない人もいますし、明日突然出る人もいるかもしれません。
    出典 :日光アレルギーについて知ろう!
     

    花粉症と同じみたい。

  • 対処法

  • 皮膚を冷やそう!

     

    冷やすとほてりもおさまり、かゆみも鎮まる。

  • まずは冷やすことが大事。熱っぽくヒリヒリしている部分に、冷たい濡れタオルを当てましょう。ビニール袋に氷と水を入れ、タオルでくるんだものを使ってもよいでしょう。この場合は必ずタオルでくるみ、皮膚に直接当てないようにしてください。
    出典 :田辺三菱製薬|湿疹・かぶれ・かゆみを考える hifunokoto.jp|教えて薬剤師さん|All About薬剤師さんコラム|日光(紫外線)皮膚炎になったら、どうする?
  • 治療薬は、炎症の程度に応じて、非ステロイド性抗炎症外用剤またはステロイド外用剤を用います。炎症がひどいと、抗炎症作用の強いステロイド外用剤を使いたくなるかもしれませんが、日光皮膚炎の場合は、炎症の範囲が広範囲に及ぶことが少なくないので、決められた使用量(「ステロイド外用剤の正しい使い方」参照)を守ることが大切です。
    出典 :田辺三菱製薬|湿疹・かぶれ・かゆみを考える hifunokoto.jp|教えて薬剤師さん|All About薬剤師さんコラム|日光(紫外線)皮膚炎になったら、どうする?
     

    医師に診てもらうことが大事!

  • 紫外線を浴びた皮膚の中には活性酸素が多量に発生しています。そこで、活性酸素を減らすのに役立つビタミンCをたくさん食べることも、皮膚の回復を促します。芽キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、キウイフルーツなど、ビタミンCが豊富な野菜や果物を積極的に摂取してください。
    出典 :田辺三菱製薬|湿疹・かぶれ・かゆみを考える hifunokoto.jp|教えて薬剤師さん|All About薬剤師さんコラム|日光(紫外線)皮膚炎になったら、どうする?
     

    ビタミンをたくさん摂ろう!

  • 日光アレルギーの検査の仕方

  • 紫外線の影響を受けた場合、光線過敏症かどうかを調べるため、紫外線を皮膚の一部に当てて反応を観察する光線検査を行うことがあります。この検査では、どの程度の光量や波長で紅斑(光の当たったところだけ生じる赤み)が出現するか、光線を当てることで実際に皮膚にできた発疹と同様の発疹ができるかなどを観察して判定します。
    出典 :日光皮膚炎には気をつけて!
     

    炎症が出る場合は、一度検査するといいかも。