疲労骨折の時のテーピング

スポーツなどで繰り返し同じ負荷が掛かると起こる疲労骨折に
テーピングを施すことの効果はどのようなものなのでしょうか?
まとめてみました。

  • rinko 更新日:2014/02/10

view606

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 疲労骨折をしたときに施すテーピングとは?

  •  

    画像ではくっきりと映り込んで診断も付きやすいようです。

  •  

    痛々しいです・・

  • テーピングを実際に使って

  • プロトレーナー直伝 テーピングの巻き方 やり方

     

    専門家にきちんと巻いてもらうことで効果が高まるのです。


  • 「痛みのある場合のテーピング法」で中足関節を固定し、
    足裏のバランスを整えておくと1ヶ月くらいでよくなりますが
    固定をしないと長引くので注意が必要です。
    自分でできない場合は、室内用として、専用外反母趾サポーターで代用することも可能です。
    出典 :足の痛み治療の第一人者 笠原巖の【公式サイト】
     

    こじらせる前のテーピングが大事なのですね。

  • 疲労骨折はテーピングで治る?

  •  

    専門医の指示にしたがって所定の期間は巻き続ける必要があります。

  • 疲労骨折というのは、骨が完全に折れてしまっている状態ではないので、添え木やギブスなどで固定する必要がありません。ただし、場合によっては疲労骨折の患部を動かさないために、疲労骨折した部位をテーピングで固定することがあります。
    出典 :疲労骨折:骨折治療ガイド
     

    ギブス固定の必要がない分、テーピングの役割は大きいのです。

  •  

    痛みを早く軽減するためにテーピングを行います。

  •  

    この部位の骨折が多いようです。

  •  

    ギブスよりも簡単ですがうまく利用することで治療成績があがります。