直にやれば元通り?産後の骨盤矯正!

出産は赤ちゃんが骨盤を押し広げて出て来るので、骨盤が横に広がります。
そして生んだ後ははなかなか戻りません。
産後の骨盤の悩みは女性にはつきものですね。

view536

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 産後は関節が柔らかくなっている!

  • 関節の変化

     

    ホルモンの影響で、関節が柔らかくなっているため歪みやすいのです。


  • 赤ちゃんを生むために「リラクシン」というホルモンが出るため、無理な姿勢で赤ちゃんを抱っこしたり、授乳するとすぐに歪んでしまいます。
    リラクシンの出ている間は関節が柔らかい為、歪みやすい時期です。
    でもその反面、リラクシンが出ている時期というのは、人生でもっとも身体の歪みをなおし易い時期でもあります。
    出典 :リラクシンとは|リラクシンが分泌されると身体が歪みやすくなる!?
  • 出産で関節が歪みやすくなっているなんて知りませんでした。骨盤だけの問題ではないんですね!

  • 出産で骨盤は開く!

  • 赤ちゃんの通り道

     

    体の中を、一人の人間が通る。
    それはそれは、とても大きな力が掛かっています。

  • 骨盤は、下が狭くなって上が広いチューリップ型をしています。
    骨盤の下の出口は、一番広いところで10cmほどしかなく、そのままでは赤ちゃんが通ることは出来ません。その為、妊娠初期よりリラキシンというホルモンが分泌して、骨盤や全身の靱帯をゆるめる働きをします。リラキシンは妊娠期全体を通して分泌しますが、特に妊娠の初期と後期に多く分泌し、その作用によって出産時に骨盤が開き、赤ちゃんが産道を通って生まれてくる事が可能となります。
    ですので、骨盤が開く事は出産に必要な事なのです。
    出典 :骨盤の話 - Myお産ドットコム
  • 骨盤にもリラクシンの影響が出ているんですね。産後自然に閉じる時、歪み無く綺麗に戻る事は無いそうです…

  • 骨盤矯正の期限は?

  • 早い方が良い?

     

    時間が経てば経つ程戻りが遅くなると言われます。
    専用ベルトも色々な種類が販売されています。

  • 出産直後から約2ヶ月間は、出産の為に頑張った骨盤を休ませる時期・骨盤の休息時期という見解を示す見方が大方の意見になります。
    出産後の骨盤矯正は、正しい方法での骨盤矯正を行わないと、逆に、骨盤に負担をかけてしまうことになり、それこそ骨盤が歪んでしまう状態を作る恐れのある時期と言われています。
    出典 :産後骨盤矯正を始める時期~いつからいつまでが効果的?~ | 骨盤パワー
  • 出産後2ヶ月くらい経過してからが骨盤の状態も緩和され、安全に骨盤矯正をする時期として適した時期になります。
    この出産後2ヶ月くらいから時期から約出産後6ヶ月くらいの時期での骨盤矯正が、最も安全に骨盤矯正をすることが可能な時期で、またこの時期に産後骨盤ベルトや整体などによって骨盤矯正をすることで、効果的に骨盤矯正をすることが可能になり、その結果、太ってしまったお腹のお肉であったり、腰回りのお肉であったり、更に大きくなってしまったお尻や、体全の脂肪などが、この骨盤矯正で体のバランスを上手に整えてくれることにより改善される・ダイエットが成功するということになります。
    出典 :産後骨盤矯正を始める時期~いつからいつまでが効果的?~ | 骨盤パワー
  • 産後は体を休める事も大切なので、早過ぎても駄目、遅過ぎても駄目ということなんですね。

  • 腰回しダイエットで骨盤を元に!

  • 腰回しダイエットの効果は骨盤矯正だけじゃない?

     

    骨盤の歪みをなおすことが主な目的ですが、その他にもいいことがあります。

  • 骨盤の周りの筋肉を鍛えて内臓が正常な位置に戻り、
    基礎代謝があがって下腹のぽっこりも解消!
    さらに背中やお尻もすっきりしてプロポーションが保てるのです
    出典 :腰回しダイエットで骨盤矯正:骨盤矯正体操 産後やダイエットに
  • 産後の悩みは確かに骨盤以外にも沢山。骨盤も矯正出来て余計なお肉も取れなんて理想的ですね♩