妊娠中の腹痛について。様々な原因と対処方法

妊娠中に腹痛が起こるととても心配ですよね。
実際に妊娠中には様々な要因で腹痛が起こりやすくなります。
まず大きく分けて、出血してるかしてないかで対処方法が変わってきます。

view137

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中期の腹痛の原因は?

  • 妊娠中期に腹痛を感じることがあります。これは、妊娠すると、子宮が大きくなるときに、子宮を支えている靭帯が引っ張られ、お腹の張りや痛みとして感じるから。しかし、腹痛が激痛の場合は、妊娠経過に影響をあたえるものかどうか調べる必要があります
    出典 :妊娠中期腹痛 赤すぐ|妊娠中期の腹痛についての説明や妊婦さんの体験談
     

    腹痛がひどい場合は、主治医に相談して痛みの原因を探りましょう。

  • 鈍い痛みは、よくある症状の1つであるため、あまり心配する必要はありませんが、出血を伴う場合や痛みが激しくなった場合は、すぐに受診するようにしましょう。
    出典 :妊娠中期腹痛 赤すぐ|妊娠中期の腹痛についての説明や妊婦さんの体験談
     

    出欠を伴う場合は様々な悪影響があり得ます。すぐに受診しましょう。

  • また、腹痛の中には、胃腸の不調による便秘が原因の腹痛ということもあります。便秘になりそうなときは、水分を多めに摂るなどして、回避するように心がけて。それでも便秘になってしまった場合は、主治医に相談のうえ便秘薬を処方してもらって、快便を目指して。
    出典 :妊娠中期腹痛 赤すぐ|妊娠中期の腹痛についての説明や妊婦さんの体験談
  • 出血がある時

  • 子宮外妊娠

     

    妊娠性のホルモン(hCG)の値が十分に高くなっているのに、超音波検査で子宮の中に胎嚢(胎児が入っている袋、GS)が見えない時は子宮外妊娠の可能性があります。
    子宮外妊娠とは子宮の中以外に妊娠している状態で、最も多いのは卵管に妊娠するものです。症状としては出血や妊娠している場所に痛みが生じます。
    放っておくとお腹の中に大量の出血を生じることもあり、子宮外妊娠の診断となるとほとんどが腹腔鏡や開腹での手術が必要となります。

  • 状況によってはメソトレキセートという薬(抗がん剤に分類される薬)で治療することもあります。
      卵管以外にも卵巣や腹腔内の臓器に妊娠することもあり、その場合は出血の症状がないこともあります(卵管への妊娠でも出血が現れないこともあります)。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-妊娠中のお腹の痛み1
  • 出血してる場合は切迫流産の可能性もあります

     

    妊娠初期に下腹部の痛みや出血があっても、進行流産という状態でない場合、切迫流産となります。
    切迫流産にはほとんど問題のないものから、入院を必要とするものまでいろいろです。
    ホルモンの薬や子宮の収縮を抑える薬を使うことがありますが、この時期は明らかに有効とされている薬がないため、安静だけで様子をみることも多いです。
    (切迫流産と診断されても多くの場合は、その後正常に経過して行きます)

  • 出血がない時

  • 子宮を支えている組織のひとつに子宮円索があります。子宮円索は子宮の横から足の付け根方向に向かって伸びています。妊娠中期以降によくある痛みの原因ですが、妊娠初期にも一時的に子宮円索に一致した痛みが起きることがあります。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-妊娠中のお腹の痛み1
  • 便秘
    妊娠初期の下腹部痛として以外に多いのが便秘です。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-妊娠中のお腹の痛み1
     

    妊娠初期には便秘症に悩まされる妊婦さんは非常に多いようです

  • 妊娠中に腹痛が起こった時の対処法

  • 腹痛が起こり、その原因が明らかでない場合には、とにかく、まずは無理をせず、すぐに横になって休みます。これだけで治まる場合もあります。
    出典 :妊娠中に腹痛を起こしてしまった時の対処法 | nanapi [ナナピ]
     

    軽く横になって治まる場合もあります。
    まずは気持ちを落ち着かせるためにも横になりましょう

  • 横になって休んでいる時に、便意を催してきたら、トイレにいき、スッキリ出してしまいましょう。便意を感じる前からトイレに座りにいくと、けっこう長期戦になり、体が冷えたり、いきむのにお腹に力が入ってしまったりします。
    出典 :妊娠中に腹痛を起こしてしまった時の対処法 | nanapi [ナナピ]
     

    トイレに長居してしまうのは妊婦にとって良いことではありません。注意しましょう。

  • できる限り洋式トイレを利用するというのも大切です。
    和式トイレは妊婦さんにとって負担が大きくなるため注意が必要です。

  • トイレには携帯電話を持ち込みましょう

     

    便意を催してトイレに入る際は、必ず、携帯電話を持ち込みます。
    陣痛の初期の痛みは、お腹を下した時の痛みと非常によく似ているので、万が一、トイレで出産が始まってしまった時など、緊急時に備えるためです。