着物メイクのポイントはどうすればいいの?

着物メイクのポイントはどうすればいいのでしょうか。
いつものメイクと同じではいけません。
そこで着物に似合うメイク方法のポイントをご紹介します。

view37

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 着物メイクのポイントはどうしたらいいの?

  •  

    ☆着物メイクのポイントをご紹介します。☆

    着物を着た時は、いつもの洋服と比べて、気持ちがシャキッとするのではないでしょうか。
    お正月の初もうでやお見合いの席、新年会や成人式など華やかな場面で着ることが多い着物ですが、メイク方法についてもいつもと同じメイク法ではいけません。

    着物を着た日には、着物に似合う上品メークをするのが基本です。

    また着物にもいろいろなものがあります。
    成人式や結婚式などで着る晴れ着から、訪問着、お茶会などで着る着物まで、着物にもランクがあります。

    そのランクに合わせてメイク方法を変えるのが、メイクのマナーにもつながるのです。

  • 着物を着た日のメイクは、いつもよりも化粧下地をしっかりと塗り込むのがポイントです。

    着物を着ると、下に半襟が覗きます。

    半襟は肌を明るく見せる効果があるので、いつもよりも肌が白く綺麗にみせることができます。

    そのため下地を丁寧に肌に塗り込むと、美人度もアップさせることができますよ♡

  • 未婚者のための着物メイクのポイント

  •  

    着物の雰囲気や華やかさに負けないメイクをするのがポイントです。

  • 普段のファンデーションは、自分の肌よりもワントーン暗めのファンデーションを選んでいる方もいるかもしれません。

    しかし着物メイクのポイントとして、普段のファンデーションよりも少し白めのものを選ぶとよいでしょう。

    顔と首周りにも白いパウダーをのせておくと、肌の境の色が自然に見えます。

    リップカラーは明るめのリップを選ぶことがポイントです。

    リップカラーは着物の晴れ着の色に負けない発色のよいカラーを選ぶと、着物もメイクも引けを取ることはありません。

  • 既婚者のための着物メイクのポイント

  •  

    年齢に合わせて上品で洗練された雰囲気のメイクをするように心がけるとよいでしょう。

  • 肌の透明感がでるような基本のベースメイクをするように心がけましょう。
    肌がくすまないようにフェイスパウダーを丁寧につけると、肌の透明感を出すことができます。
    首の下にも透明感を出すために顔と同系色のパウダーを塗っておくとよいでしょう。

    アイラインやアイシャドーを用い、目元が引き締まるようなメイクをしましょう。

    唇の輪郭もペンシルでしっかりと描き、落ち着いた色合いの口紅をつけるとよいでしょう。

  •  

    着物の眉の描き方は、眉山を丸くふんわりと描くのがポイントです。

    日本女性のやさしい雰囲気を眉山で表現するのがポイントです。

  •  

    着物の目元メイクは、アイラインを強調するのがポイントです。

    アイラインをしっかりと入れ、黒いマスカラを塗ります。
    アイシャドーに着物の中にある一色を使うとワンポイントにもなりますよ♡

  •  

    着物メイクのポイント
    リップメイクの方法

    しっかりとリップペンシルを用い、輪郭を描きましょう。
    口紅をマットに塗るのがポイントです。

    着物の柄に負けない明るめの色を選びましょう。

  •  

    着物メイクのポイント

    チークの塗り方☆

    チークを塗ることにより、着物のはなやかさに負けないメイクをすることができます。
    ピンク系やオレンジ系のチークをまんまるくぼやかすようにブラシで塗ります。

    塗りすぎるとおてもやん風になってしまいますので、あくまでもナチュラルに塗りましょう。

  •  

    いかがでしたでしょうか。
    着物に合うメイク方法は、着物を引き立たせることができる上に、いつもよりも美人に見せることが出来るメイク方法なのです。

    着物を着た日に是非おためしくださいね。