癒着胎盤で帝王切開!? 妊娠中のトラブルどうしたらいいの?

癒着胎盤で帝王切開!? 出産後のトラブル?
こんなときどうしたらいいの? 妊娠中の女性は必読です。

view47

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 癒着胎盤で帝王切開って、どんな症状なの?

  • 出産後に癒着胎盤で帝王切開手術が必要!?とはどういうことなのでしょうか。

    出産は、女性にとっては自分の命をかけた一大仕事です。
    昔の女性はお産で亡くなってしまう人もいるほどです。
    医療が進んだ現代でも、癒着胎盤が原因で出血多量で死に至ることもあります。
    通常、出産直後は、あかちゃんがおなかから出た後、胎盤が自然に出てくるのですが、胎盤が子宮内に癒着してしまうと、おなかの中に残ることがあります。
    分娩後に残っていることがわかると大変なことになります。
    また癒着の状態によっては、帝王切開手術が必要なことや、最悪の場合、子宮のすべてを取り去らなければならないという結果になることもあるのです。

    そこで妊娠中の女性は、出産についてあらかじめいろいろな知識を身につける必要があります。
    癒着胎盤とは何か?
    どんな人がかかりやすいのか?について基本的な知識を身につけましょう。

  • 癒着胎盤って難しい言葉だけど、そもそもどういう意味なの?

    癒着胎盤についてわかりやすく説明したサイトをご紹介します!!

  • 胎盤が子宮筋に強固に付着して 剥離はくりできない状態です。
    出典 :癒着胎盤| 女性の病気と妊娠・出産 - Yahoo!ヘルスケア
  • 出血量が多くなければ、胎盤をはがさずに経過観察し、後日何らかの方法で摘出することが可能
    出典 :癒着胎盤| 女性の病気と妊娠・出産 - Yahoo!ヘルスケア
  • 出産後、その人の身体の状況を見て緊急手術が必要になることもあれば、緊急性がない場合には、母子の生活が安定してから胎盤を取る手術をすることもあります。

    緊急性がなければ手術の時期については、医師と相談することも可能です。

  • 出血性ショックや 播種性血管内血液凝固症候群はしゅせいけっかんないけつえきぎょうこしょうこうぐん(DIC)を引き起こし、妊産婦死亡の原因ともなる疾患です。
    出典 :癒着胎盤| 女性の病気と妊娠・出産 - Yahoo!ヘルスケア
  • 前置胎盤に合併することが多く、前置胎盤の2500例に1例、それ以外の胎盤では2万2000例に1例といわれています。
    出典 :癒着胎盤| 女性の病気と妊娠・出産 - Yahoo!ヘルスケア
  • 胎盤付着面の子宮壁に脱落膜が形成されない、あるいは帝王切開などによる 瘢痕はんこん組織のため脱落膜の形成が不十分であることより、絨毛が子宮筋層に達するために発生すると考えられています。
    出典 :癒着胎盤| 女性の病気と妊娠・出産 - Yahoo!ヘルスケア
  • 初めから分かっていて、ちゃんと準備をしてからの出産であれば危険度はグッと減ると思います。
    出典 :帝王切開後二人目妊娠で前置胎盤?癒着?を経験された方、何かご存知の... - Yahoo!知恵袋
  • どんな人がなりやすい?
    ・前置胎盤・帝王切開での出産経験がある
    ・流産や人工妊娠中絶など、子宮内容除去の手術経験がある
    ・多胎妊娠
    など
    出典 :胎盤が癒着するって、本当!?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上
  • あらかじめ妊婦健診で自分の身体の状態を的確に知ることが必要です。
    妊婦健診は必要な時期にしっかりと受けることが大切ですね。

  • 前置胎盤になりやすい人は?

  • 1.高齢妊娠 2.出産経験が多い 3.多胎妊娠 4.これまでの妊娠で前置胎盤の経験がある 5.前回帝王切開で出産 6.喫煙者。
    出典 :前置胎盤 - gooベビー
  • 癒着胎盤の経験者の方のブログを参考にしてみましょう。
    どのように乗り切ればよいのか、その方法が解ります。

  • 2度目の出産では胎盤が全面癒着しており、用手剥離で除去してもらい、その後子宮内掻把してもらいましたが、1ヶ月検診時にもまだ子宮壁に胎盤が残存しているのが確認され、入院したことがあります。
    出典 :帝王切開と癒着胎盤 - 楽天 みんなで解決!Q&A
  • 一か月検診の時に、癒着胎盤が解ることもあるのですね。
    出産後の母子検診はとても重要なものです。
    忘れずにきちんと受けましょう。

    通常は出産した病院での検診となります。
    退院するときに、次の一ヶ月後の母子検診の予約をするので、忘れずに必ず受けることが大切です。
    出産後の女性の身体はとてもデリケートです。
    癒着胎盤の他にも、いろいろな問題が発見されることもあるかもしれません。

  • 癒着胎盤→子宮摘出は昔の話になるように、

    私やYくんママのように子宮温存できた
    出典 :癒着胎盤を経験しました | さっこらの備忘録 - 楽天ブログ
  • 癒着胎盤はあらかじめ準備を万全にしておけば子宮を温存することも可能なのですね。
    妊娠中に前置胎盤と判断されれば、あらかじめ出産に向けて大学病院などへの入院予約も必要でしょう。
    緊急時のために大きな総合病院や大学病院での出産をあらかじめ準備しておくことも大切です。

  • 癒着胎盤は経産婦や流産経験者はなる確率がややあがるそうですが、

    頻度は1万分の1程度
    出典 :癒着胎盤を経験しました | さっこらの備忘録 - 楽天ブログ
  • 低い確率ですが、癒着胎盤は、生死にかかわる重要なリスクがあります。
    あらかじめ前置胎盤と診断された方は、お産プランをしっかりと医師と相談をして立てていく必要があるでしょう。

  • 出産する病院選びも重要です。

    あらかじめ妊娠中のトラブルが見つかったら、出産する病院を緊急時も対応してくれる病院を選ばなくてはなりません。

    どんな自体になっても安心できるように、大学病院などの設備が整った病院に入院予約をしておくことが大切です。

    人気のある病院の場合、半年以上前から予約が必要なことがあるので、もしトラブルが見つかったら早めに出産する病院を確保しなければなりません。

  • 癒着していると分かったのは、出産後。
    出てくるはずの胎盤が出てこずに、出血が止まりませんでした。
    出典 :癒着胎盤の経験 - ☆天使たちとの日々〜2人目ママの育児日記☆ - Yahoo!ブログ
  • 出産後に解ることも多いのが、癒着胎盤です。
    癒着胎盤で帝王切開手術が、出産後に行われるケースもあります。

  • 妊娠の経過がよくても、出産後に癒着胎盤だと解るケースもあるのですね。

    高齢出産の方や出産回数がたくさんある方は、出産後のリスクを考えてあらかじめ大学病院での出産も考えていくといいかもしれませんね。