心疾患とはどんな病気の事を言うのか

心疾患と大きく掲げられている物を良く見かけますが
心疾患とはどのような物なのでしょうか

細かく分けると知っている病名が出てくる物ですよ

view232

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 心疾患とは

  • 私たちの心臓は、1分間に約70回、1日にすると約10万回も「収縮と拡張」のリズムをくり返し、血液を全身に送り出しています。このハードな運動を行っているのが、心臓の筋肉(心筋)です。
    心臓をとりまく冠動脈は、その心筋に酸素や栄養を供給しています。ところが冠動脈に動脈硬化などが起こると、血液の通り道が狭くなったり、ときには血栓ができてつまってしまうことがあります。
    そうすると心筋に酸素がいかなくなり、強い痛みをともなう発作が起こり、急速に心臓の機能が停止してしまいます。手当てが遅れると、生命にかかわることもある重大な病気…それが心疾患の代表といえる狭心症と心筋梗塞です。
    出典 :心疾患ってどんな病気?|心疾患|生活習慣病ガイド|健康コラム・レシピ|オムロン ヘルスケア
     

    良く耳にする狭心症と心筋梗塞等をまとめて心疾患と呼ぶのです

  • 虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)とは、心臓を動かす筋肉(心筋)に栄養分や酸素を運ぶ冠動脈(かんどうみゃく)が、動脈硬化(どうみゃくこうか)などで狭くなったり閉塞して、心臓の機能が低下したり、心筋に壊死(えし)が起こる病気で、狭心症(きょうしんしょう)と心筋梗塞(しんきんこうそく)を総称したものです。心筋に送られる血液の量が不足(虚血)することからこう呼ばれます。
     欧米では死亡原因の第1位にあげられる国が多い病気ですが、日本は現在第2位。しかも死亡率は年々低下の傾向にあります。しかし、食生活の欧米化などにより、今後、増加するのではと懸念されています。
     虚血性心疾患では、高脂血症(こうしけっしょう)、高血圧症、喫煙、糖尿病(とうにょうびょう)が4大危険因子としてあげられます。また、加齢とともに動脈硬化がすすむこともあり、高齢になるほど発症が多くみられます。
    出典 :虚血性心疾患 とは - コトバンク
     

    このような物も心疾患ですね

  •  

    心疾患と大きくいう事で確かにわかりにくいですが

    どの様な症状があったら危険なのでしょうか

  • どの様な症状が出たら危ない?

  • 胸痛があったら検査を

    狭心症と心筋梗塞は、いずれも突然起こる心臓発作です。でも、前ぶれと考えられる症状がまったくないわけではありません。
    人によっては、軽い胸痛のあと、しばらくして心臓発作を起こすことがあります。胸痛といっても、人によって感じ方に違いがあり、刺すような痛み、圧迫されるような痛み、重苦しさなど、さまざまです。
    また狭心症のタイプによっては、心筋梗塞へと進むものがあります。狭心症を起こしたことがある人が、ふたたび胸痛におそわれたり、病院でもらっている治療薬(ニトログリセリンなど)が効きにくい場合は、注意が必要です。
    いずれにせよ、体験したことがない胸痛や圧迫されるような胸苦しさがみられた場合は、早めに検査を受けるようにしましょう。
    出典 :こんな症状は前ぶれかも|心疾患|生活習慣病ガイド|健康コラム・レシピ|オムロン ヘルスケア
  •  

    不整脈があると心臓発作を心配する人は多いです

    しかし、多くは心疾患と
    [関係がない]
    ものです

    一部ですが、過去に軽い心筋梗塞等を起こした事がある人は
    要注意だと言えます

  •  

    動悸も心配している人が多いと思います
    しかし、この動悸も
    [関係がありません]

    動悸の多くは神経性の物です

  • 種 類

    心疾患の中には、虚血性心疾患というものがあります。「虚血」とは「血液の流れが少なくなるまたは止まること」を意味します。

    虚血性心疾患


    狭心症
    心臓をとりまく血管の中が狭くなることによって心臓に十分な血液が供給されなくなり胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす病気。

    心筋梗塞
    心臓への血液の流れが止まり、心臓の細胞が死んでしまった状態。

    その他


    心不全
    心臓がさまざまな原因で全身に十分な血液を送ることができなくなる状態。

    不整脈
    脈の乱れを起こす病気。

    心肥大

    心臓が正常よりも大きくなる状態。
    出典 :心疾患とは | 治験ボランティア募集と健康情報発信サイト【生活向上WEB】
     

    参考までに種類はコチラ

  • こんな性格の人は要注意

  • あなたはA型、B型?

    狭心症や心筋梗塞を起こしやすい性格があることを、知っていますか。
    1950年代の後半に、アメリカで「狭心症や心筋梗塞になりやすい性格」の調査が行われました。

    A型(競争心が強く、攻撃的で、せっかちな性格)
    B型(仕事などのペースもゆっくりした、のんびりした性格)

    この2つを比較したところ、A型の人は狭心症と心筋梗塞の発症率と死亡率が、B型の2倍以上にもなるという結果がみられたのです。
    出典 :こんな性格の人は気をつけよう|心疾患|生活習慣病ガイド|健康コラム・レシピ|オムロン ヘルスケア
  • チェック項目

  • •イライラすることが多い
    •約束の時間は守るほうだ
    •他人からあれこれ指図(さしず)されることが嫌いだ
    •人にまかせられず、つい自分でやってしまう
    •負けることが嫌いだ
    •自分の意見や意思をアピールする
    •ライバルだと思う人がいる
    •会社の仕事を自宅まで持ち込む
    出典 :こんな性格の人は気をつけよう|心疾患|生活習慣病ガイド|健康コラム・レシピ|オムロン ヘルスケア
  • あなたは、どうでしょうか。日本人の場合、たとえば負けず嫌いの人や自己主張が強い人でも、会社や人前では抑えていることが少なくありません。こうしたケースでは、かえってストレスを受けていることがあります。
    もう一度、本音に戻って上記の項目を見直してみると、当てはまることが多いのではないでしょうか。ただしこうした性格の人には、仕事ができる優秀な人も多いので、けっして悪いわけではありません。
    ただ知らずにストレスがたまり、心臓や血管に負担をかけていることが多いので、注意するきっかけにしましょう。
    出典 :こんな性格の人は気をつけよう|心疾患|生活習慣病ガイド|健康コラム・レシピ|オムロン ヘルスケア
     

    ちなみにこの項目のほとんどが私に当たりました
    やってられません・・・

  • 生活習慣の改善で予防

  • ☆食生活を見直す
    ☆体脂肪や血圧を管理する
    ☆禁煙する
    ☆ストレスを解消する
    ☆適度の運動をする

  •  

    上記の事を気を付けるだけでも予防になります

    心疾患は命に関わる物がほとんどです

    気を付けましょう