どうしても痩せられない人の為に、肥満外来治療のススメ

痩せなければいけないのにどうしても痩せられない。
そんな人は肥満を治療してくれる病院に頼ってみてはどうでしょう。
肥満外来についてまとめました。

view4395

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    何度ダイエットを決意しても意志が持たないあなた。
    肥満外来を専門としているお医者さんにかかってはいかがでしょうか。

  • 肥満治療について

  • 女性・男性問わず、食事の偏りや運動不足により肥満体型になりつつある人もいるのではないでしょうか。体重が増えつつあることでダイエットに励む人や、なかなかダイエットの効果が現われずに挫折する人も出てくることと思います。
    そんな肥満状態を打開すべく注目を集めているのが、肥満外来(ダイエット外来)と呼ばれる肥満治療を専門とした診療科です。

    肥満外来とは、病院の診療科に設けられた肥満専門の治療を行う外来です。肥満の原因を探し出し、個人に合わせた肥満治療が行われます。精密検査やカウンセリングなどの指導が行われ、医療スタッフがサポートに当たってくれます。
    出典 :最近増えている肥満外来、もう通ってる? | ダイエットSlism
  • 無理なダイエットによる失敗を重ねている方は多いと思います。肥満治療というと医学的、メディカル的な面から無理なく失敗しない方法を、医師や栄養士、専門家などに治療を行ってもらうことを言います。

    病院でも、この肥満治療を行っている病院、クリニックなども最近では多いです。インターネット上にもこれらを紹介するサイトがたくさんあります。ここでの治療は食事、運動療法からレーザーメスなどを使用した手術によるもの、薬によるものなど様々な種類のものがあります。

    食事と言っても、こういった外来では失敗しないように、無理なくきちんと必要な栄養も考えてプログラムを組んでいきます。運動も専門家の指導の下、無理なくおこなっていきます。なにより、肥満に対する正しい知識を持ったメディカルケアの専門家からアドバイスを受けたり、施術してもらったりすることが大事なのです。

    手軽にできるものには、必ず無理が生じますし、実際に肥満に対して効果があるのか疑問の残るものも多いのです。ですから、一度インターネットでこの外来を行っている病院の紹介サイトを探し、受診してみることをおすすめいたします。

    これまで色んな方法を試し、何度も失敗している方やリバウンドを何度も経験している方は特に、このメディカルな観点からの治療が必要だと思いますので。まずは、美容外科のホームページから探していくと良いでしょう。
    出典 :ダイエット外来のススメ:肥満治療
  • 肥満外来に行くと具体的にどのようなことをしてくれるのでしょう。

  • ほとんどのダイエット外来では、予約制をとっています。まずは初回カウンセリングの予約を入れることからスタートしましょう。初回受診日からの流れは、以下の通りです。

    1 【問診・カウンセリング】

    あなたの生活習慣や食生活などについて話し合い、太ってしまった原因やどうすれば改善できるかを見極めます。

    2 【検査】 ※検査内容の有無はクリニックによって異なります

    血液検査、肥満遺伝子検査、CTなどを行い、肥満の原因をより深く追求します。とくに、肥満遺伝子検査では「りんご型」「洋なし型」「バナナ型」など、肥満遺伝子のタイプが分かるため、最適なダイエットプランの作成に役立ちます。

    3 【ダイエットプランの提示〜実行】

    医師による分析をもとに、効率的でぴったりなダイエットプランを提示。食欲を抑制する効果がある「サノレックス」や、吸収カロリーを減少させる「ゼニカル」など、薬の処方を受ける場合もあります。

    それらを服用しながら、食事療法や運動療法などを続け、体重を減少させていきます。また、美容クリニックなどでは、マシンを使ったトリートメントを定期的に受けたり、メソセラピー(脂肪溶解注射)で即効性を高めるなど、体の外側からも理想のボディラインを作り上げていきます。

    4 【アフターフォロー】←ここが重要!

    ダイエットの進捗状況を確認しながら、進める上での悩みなどを話し合います。フォロー体制の充実ぶりは、クリニックによってまちまち。でも、信頼できる相手に相談しながら楽しく続けることこそ、ダイエット成功の鍵です。ちなみに、目標体重やクリニックの方針によって差がありますが、ダイエット成功までにかかる期間は、3〜6ヶ月ほどが多いようです。
    出典 :肥満外来の流れと健康保険適用について
  • 親子で肥満外来に通いたいんだけど、近所で肥満外来に力を入れてる病院とか知らんし…(T_T) 恥ずかしいから自分の病院にはかかりたくないし。 息子はダイエット入院した事あるけど、リバウンドひどかったしな。
    出典 :Twitter / miffy3207: 親子で肥満外来に通いたいんだけど、近所で肥満外来に力を入れて ...
  • こんなように近くに肥満治療をしてくれる病院があるかわからない人も多いでしょう。
    そんな時は以下のリンクが便利です。

  • 肥満治療のための、ダイエット入院というものがあるのを御存知でしょうか。これは、保険適用となる方のみで1週間の泊まり込みでダイエットを目指し、健康な体つくりのための勉強をするといった合宿のようなものです。

    保険適用で、10万円くらいかかるようです。保険適用されなければ、30万円以上払わなくてはならなくなります。保険適用となるには、色んな肥満症の基準を満たさなければならないので、まず入院するのが可能かどうかを外来にて判断する様です。

    まずは、BMIを測定します。そして、問診(過食症など)、血液検査などを行い、肥満による障害をきたしていないか、高血圧、高脂血症、無呼吸症候群などのいわゆる肥満症の症状(他には糖尿、高尿酸血症、脂質代謝異常、骨関節疾患、脂肪肝、冠動脈疾患、脳梗塞、月経異常など)。そして、精神的な過食症や拒食症などの障害を起こしていないか。

    これらの検査結果により入院が可能かどうかを見ていくわけです。普通の病院では美容のため、ただ単にやせたい、スリムになりたいなどの目的では受け付けていないところが多いようですね。あくまで、このような治療を行っている病院は保険適用者の肥満解消を目的としているので。
    出典 :ダイエット入院とは:肥満治療
     

    入院して治療を受けるケースもあるようです。

  • 保険は適用されるの?

  • 医者に行くとなるとお金のことは気になりますよね。

  • 肥満治療と一口に言いましても要は医学的に考察しているとはいえ、ダイエットを行うということですよね。そんなものに保険などは適用できるの?と思いの方も多いと思います。実際どうなんでしょう?

    実際には、患者、病院、クリニックなどにもよりますが、保険適用される場合とそうでない場合があるようです。ひとつの目安としては肥満外来を受ける人のBMIの数値がが35以上ある方が対象となるようです。その他にも色んな条件や場合がありますが、後ほど説明します。病院やクリニックにも確認をしてみて下さい。

    自分のBMIつまり肥満度ですが、容易に計算することができます。インターネット上に自分の体重と身長を入力するとBMIや標準体重などが表示される便利なサイトもたくさんありますのでぜひ計ってみて下さい。BMI35というと、身長170cmの人で大体102kgぐらいある計算になると思います。170cmの人の標準体重が63kgぐらいですので、ちょっとのメタボでは、保険は難しいということになります。もちろん例外もありますが。

    肥満治療薬として知られるサノレックスは、よく用いられる処方薬ですが、これも保険適用となる場合があるようです。このサノレックスは、食欲を抑制したり、エネルギーの消費促進、代謝促進などの効果のあるとされる薬です。

    しかしながら、保険での治療とそうでない治療を複合的に行うのも一般的です。前述で紹介したゼニカルに険適用はないということもあります。その他に漢方外来での肥満治療を目指す方もいます。漢方外来の薬には、適用となるものもあります。
    出典 :外来と保険:肥満治療
  • ダイエット外来で保険診療になる場合を紹介します。(すべての病院で保険診療がある訳ではないので必ず確認してください)

    基本的には、BMI35以上の人が保険適用です。それ以外にも下記に該当すると保険が適用される場合があります。

    ●健康診断や検診などで、肥満とともに高血圧、糖尿病、高脂血症などと診断された方
    ●肥満で膝痛・腰痛のある人
    ●肥満でいびきや睡眠時無呼吸の人
    ●その他、肥満による健康障害がある人
    出典 :ダイエット外来の肥満治療費の相場
  • BMIで適用されるかどうかが決まるんですね。

  • 保険を受けられない場合はどのくらいお金がかかるのでしょうか。

  • 病院、クリニック、患者の状態によって異なりますが、検査から治療終了まで大体2万~6万程の費用がかかると言われています。ただし、保険適用の場合は更に安くなるので、やはり病院や人によって異なります。受診前に大体の見積もりを出してもらいましょう。
    ダイエット薬を使った薬物治療の料金

    薬物療法の治療費用も病院によって異なります。まず、治療薬を一錠から販売してくれるところもあれば、まとめて購入のみのところもあるので、それによって薬の値段が変わってくるのです。

    また、日本で唯一保険が適用する食欲抑制剤「サノレックス」を保険を適用させて処方してもらった場合でも料金は変わってきます。

    ダイエット薬の参考料金

    ゼニカル1錠:¥420~
    ゼニカル1ヶ月分:¥11,760~
    サレノックス1錠:¥735~
    サレノックス1ヶ月分:¥30,000~
    出典 :ダイエット外来の治療費用はどれくらいかかるのか?
     

    最初に見積もりを出してもらうのは大切ですね。

  • 減量手術について

  • 命にかかわるような肥満度の場合、手術が受けられることもあります。

  • ダイエットをしても一時的効果しかなく、肥満関連疾患のコントロールがつかない患者様には外科治療が最適です。
    つまり、ここで言う治療とは、単に美容を目的にはしていません。日本の肥満人口は世界に比べると少数ですが、世界では肥満に関する学術誌や肥満専門の外科医(bariatric surgeonといいます)がいるほどです。
    手術の適応は、欧米人とアジア人で若干異なります。
    出典 :肥満外科治療 | トピックス | 医療法人 東和会グループ 第一東和会病院
  •  肥満は見た目が格好悪いだけ、と侮ってはいけない。「肥満症では、糖尿病や高血圧、高脂血症といったメタボリックシンドロームが悪化する。そうなれば、それが心疾患や脳卒中の引き金に。肥満は軽視されがちだが、実は命に関わる“疾病”だ」。そう指摘するのは、四谷メディカルキューブの減量外科、笠間和典部長。

     20歳でBMI*が45の人は同年齢の正常な体重の人より余命が13年短いという米国のデータもある。
    * BMI(体格指数:Body Mass Index) = 体重[kg] ÷ 身長[m] ÷ 身長[m] 25以上30未満は肥満、30以上は高度肥満。

     肥満の多くは、食事制限や運動療法で改善できるが、そうした生やさしいやり方では、もはや体重のコントロールができない高度な肥満もある。

     そうしたケースで有効なのが、手術。手術には、バイパス手術や、胃上部をバンドで締め付けるラップバンド手術、胃の一部を切り取る手術など様々なものがあり、米国では年間23万件以上が行われているという。

     その中でも、現在日本で多く行われているのが、「腹腔鏡下スリーブ状胃切除術」という手術だ。これは、図のように、胃の大半、8割ほどを切り取り、バナナ1本分ぐらいの大きさにして、食事の摂取量を制限する手術。この手術により、少量の食事で満腹感を感じるようになり、減量効果が上がる。
    出典 :BMI35以上の超肥満なら減量手術も選択肢|あなたのカラダの“不調”“悩み”を解消する ちょっと先端な医療|ダイヤモンド・オンライン
  • 肥満治療の一つである減量手術は、病的肥満の方を対象とした「糖尿病や心臓病などの肥満合併症によって行動を制限されたり死に至ったりするのを避けるため」、また「合併症を完治ないし改善するため」の治療法です。主要国際医学雑誌の一つである米国医師会雑誌JAMA(The Journal of the American Medical Association)に発表された論文では「20歳でBMI45の人は同年齢の正常体重者より余命が13年短くなる」との報告もされており、世界保健機関(WHO)でも肥満は重大な疾病とされています。
    減量手術は、肥満先進国である米国では年間21万件以上が施行されている治療法です(日本での胃がん手術件数が年間1万7千件程度)。十分な減量と長期に亘る減量後の体重維持が得られるばかりでなく、高度肥満を原因とする糖尿病や高血圧などの合併疾患を改善可能な治療法であるとの評価が定着しつつあります。米国国立衛生研究所NIH(national institute of health)からは「重症肥満に対する治療として、長期間にわたって減量効果が維持されるのは、唯一、外科治療(減量手術)のみである」との声明も出されています。
    手術を受けた方々からは、『生活の質の改善』『社会的活動の向上』『精神的安定』『雇用機会の増加』『経済的な改善』などの成果があったと報告されています。不妊治療に多くの費用と時間を費やし子供に恵まれた後、減量手術を受け、減量手術後には不妊治療なしで第二子を妊娠された方もいらっしゃいます。
    出典 :減量手術の概要|四谷メディカルキューブ
  • あくまで命を守るためであって、美容のためのものではないんですね。

  • 減量手術を受けられる基準

  • 肥満に対する外科的治療については、日本肥満症治療学会による“日本における高度肥満症に対する安全で卓越した外科治療のためのステートメント2010”というものがあります。そこでは以下のように述べられています。

    手術適応となる肥満症患者は年齢が18歳から65歳までの原発性(一次性)肥満であり、内科的治療を受けるも十分な効果が得られず、次のいずれかの条件を満たすもの。

    減量が主目的の手術(Bariatric Surgery)適応は、BMI 35以上であること。

    併存疾患(糖尿病、高血圧、脂質異常症、肝機能障害、睡眠時無呼吸症候群など)治療が主目的の手術(MetabolicSurgery)適応は、BMI 32以上であること。

    当院においても、以上のような患者様に対して外科的治療法を考慮しております。
    出典 :慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科 上部消化管班 【疾患:食道の良性疾患】
  • 病的肥満に対する胃切除術を関西医科大学外科が開始します。外科HPはこちら
    BMI(身長からみた体重の割合を示す体格指数)が35以上の方、もしくは肥満に起因する合併症がある方は、BMI32以上でも手術を受けることが出来ます。
    出典 :関西医科大学健康科学センターお知らせ : 肥満外科手術(胃切除術)開始します