歯が痛~い!! 妊娠中に虫歯、治療に行っても大丈夫なの?

虫歯になって痛みが出てき始めるとやはり治療に行かなくては・・・と思いますよね。
普通のときならそれで全く問題はありませんが妊娠中ではどうでしょう??
いろいろな面で制限がある妊婦さん。歯科治療にも注意しなければいけないの?

view111

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠を望んでいるなら妊娠する前に、すでに妊娠しているなら妊娠の早い段階で虫歯治療はしておきたいもの。本当は、そういった段階で痛みがなくても1度歯科を受診してお口の中をチェックしておきたいものです。

  • 妊娠とお口の中の状態の関係

  • 妊娠するとエストロゲンという女性ホルモンが増えて、歯ぐきが腫れたり出血したりする妊娠性歯肉炎を起こしやすくなっています。

    また、つわりでハミガキが思うようにできなかったり、その他の様々な生活の変化によりお口の中が虫歯になりやすくなってきます。
    出典 :妊娠中・授乳中の歯科治療 | 神楽坂のよしだ歯科医院。予防歯科,審美歯科,インプラントなど
  • 妊娠中はつわりのせいで、歯を磨こうとすると気持ち悪くなって歯ブラシを口に入れられなくなったり、ホルモンの影響で嗜好が変わり甘いものを食べるようになった、などの理由で、虫歯や歯周病になる人が多いのです
    出典 :妊娠中の歯科治療 - 荒川区の歯科医院・歯医者 宮の前歯科クリニック
  • 気になる妊娠中のレントゲン、影響は?

  • 歯科撮影は、性腺・子宮から離れており、胎児への放射線の影響はほとんどありません
    出典 :妊娠中の歯科治療 - 荒川区の歯科医院・歯医者 宮の前歯科クリニック
  •  

    妊娠中のレントゲン撮影になったとしても、歯科の場合はお腹に直接X線を当てるわけではないので心配はありません。
    しかし、念のため防護エプロンなどを着用してレントゲン撮影を行うことがあります。

  • ヨシエ歯科医院では撮影回数も多くなるために高感度・高性能のレントゲン器械・防護エプロンを使用することにより患者さんの安全を確保しています
    出典 :妊娠中・妊婦さんの歯科治療について
  • デジタルレントゲンなら被曝量は更に低く!

     

    最近増えてきているデジタルレントゲンなら被曝量を10分の1程度に抑えることができます

  • レントゲンだから妊娠中は・・・と思っていたけど、実はそれほどでもなかったんですね。
    当たり前にダメだと思っていただけにちょっと驚きです。

  • 妊娠中の虫歯治療はできるの?

  • 基本的に歯科治療を受けてはいけないという時期はありません。
    つわりや早産、流産などのリスクを考慮しますと、比較的症状も少なく安定期とされる妊娠中期(5ヶ月から7ヶ月)であれば、通常の歯科治療は問題ないでしょう
    出典 :妊娠中の歯科治療 - 荒川区の歯科医院・歯医者 宮の前歯科クリニック
  • 通常の歯科処置、例えば 歯石除去、虫歯治療、簡単な外科処置は行うことができますが、緊急性が無く、炎症を伴わない外科処置はやはり避けるべきです。
    出典 :妊娠中の歯科治療 - 荒川区の歯科医院・歯医者 宮の前歯科クリニック
     

    ただし、出産まで放置できないと判断した場合は胎児・妊婦の状態を考慮しつつ治療を行うことも。。。

  • 原則的に妊娠中に一般的な歯科治療を行なってはいけないという時期はありません。治療は妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)であればほとんどの方が問題なくできます。妊娠初期、妊娠後期は基本的に応急処置のみ、行いましょう。
    出典 :妊婦さんの歯科治療について||妊婦さんの歯について|ママページ|スマイルネット|歯医者さんお検索・歯のお悩み解決!
     

    妊娠初期はとてもデリケートな時期。
    妊婦さんにとっては「治療」といえども刺激になってしまう可能性があるんです

  • 妊娠中に抗生物質や鎮痛剤などの「飲み薬」が胎児に影響を及ぼすのは妊娠4~10週といわれています。この期間であっても、抗生物質の場合はフロモックス(右の写真)やメイアクトなどのセフェム系およびペニシリン系であれば胎児に対する安全性は高いと言われています。
    また鎮痛剤であればカロナールなどは安心です。
    出典 :妊娠中・授乳中の歯科治療
  • 結論から言えば、特に問題がなければ妊娠中の歯科治療は可能です。
    しかし、避けられるものなら避けたいものではあります。
    妊娠を考えている人はもちろんですが、妊娠がわかった人も、その時点で早めに歯科を受診してお口の中をチェックしてみましょう。

    虫歯は感染症です。
    子供にもうつしてしまうことになります。早めに治療して、子供にうつさないようにしておきたいですね。