むくみをリンパマッサージで解消しよう!

むくみは立ち仕事をしている方、特に女性の永遠の悩みですよね。そんなむくみをリンパマッサージで解消しませんか?

view161

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • むくみとは

  • むくみとは、医学的には浮腫(ふしゅ)と呼びますが、血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみだして、手足、顔などの皮膚の下に溜まった状態のことをいいます。
    出典 :むくみとは?
  •  

    人間の体は、体重の約60%が水分でできています。体内に存在する水分の3分の1は細胞の外にあり、そのうちの約70%が細胞と細胞の間にある細胞間液です。
    細胞間液は、心臓から送り出された血液が通る動脈から、酸素や栄養分を含む水分を受け取り、細胞に届ける役目を担っています。その役目を果たした後細胞間液のほとんどは水分や老廃物を心臓に戻す静脈へ、一部はリンパ管へ回収されます。
    しかし、何らかの原因で動脈から受け取る水分量が増えてしまったり、静脈やリンパ管への回収がうまくいかなくなると、細胞間液が過剰にたまっていきます。この状態をむくみといいます。

  • むくみの原因

  •  

    心臓機能の低下……加齢などが原因で心臓機能が弱まると、心臓から送り出した血液を再び心臓に戻すポンプ機能の働きも不十分になる。
    静脈弁の機能の低下……血液を心臓に戻す際に逆流を防ぐ静脈弁が、加齢などの影響で弱くなってしまうと、血液が逆流してしまう。
    脚の筋力の低下……加齢や運動不足などの影響で、脚の筋力が弱くなってしまうと、筋肉の収縮力も低下。そのため、血管を圧迫しながら血液を上方に押し上げる「筋ポンプ作用」の働きが悪くなり、血液が心臓に戻りにくくなる。

  •  

    人間の体内の水は、大きく細胞外液と細胞内液に分けられる。細胞外液と細胞内液は、血管や細胞の壁を通して行き来している。体内で古くなった水分は、静脈によって吸い上げられ、汗や尿の形で排出される。
    デパートの接客業やデスクワークなど、一定の姿勢であまり動かない人の場合、体内で水分を交換する力よりも、重力の方が強く働いてしまう。このため、足の細胞に不要な水分がたまってしまうのだ。
    さらに、普段あまり歩かない(動かない)人は、体の基礎代謝(安静にした状態でも消費されるエネルギー)が少ない。つまり、脂肪が燃えにくく、汗をかきにくい体になるのだ。
    汗をかきにくいということは、「1」で述べた不要な水分が排出されにくいということ。この水分が、さらに下半身に集中してたまってしまうのだ。

  • むくみの原因は、大きく分けると、「一時的なもの」と、「病気が関与するもの」の2種類があります。むくみが症状となって現れる病気は案外多いものですが、顔や下半身、足のむくみが、長引きひどい場合や他にも症状がある場合は、腎臓や心臓、甲状腺の病気などが関連するかもしれませんので、一度医師の診察を受けてみることをおすすめします。
    出典 :むくみの原因
  •  

    こんなむくみはリンパマッサージで解消しません。一度医師の診察を受け、きちんとした治療をしましょう。

    それ以外の一時的なむくみな場合はリンパマッサージにより解消できます。以下を参考にして下さい。

  • リンパマッサージでむくみが解消する理由

  • そもそも、むくみは静脈のうっ滞が主な原因ですから、血管外の水分を排出する目的のリンパマッサージが、効くとはいささか疑問に思うかもしれません。リンパの働きは、静脈の働きを補佐するように働くので、静脈でむくみをとるように働いてそれでもむくみを排除しきれないとき、リンパが補助的な役目を果たしてむくみを摂るように働きます。
    出典 :マッサージでむくみ解消
  • むくみをリンパマッサージで解消しよう

  • 足のむくみを解消するリンパマッサージ

  •  

    ①足首からヒザに向かってやさしくさするようにしてマッサージしていきます。
    ②力を入れすぎると良くないので、リンパをやさしく流してあげるようなイメージで行いましょう。
    ③ヒザの裏には、リンパ管の集まるリンパ節があるので軽く指圧します。
    ④ヒザから太ももの付け根にむかってマッサージします。
    10回ずつ両方の足を行います。

  • 顔のむくみを解消するリンパマッサージ

  •  

    1 鎖骨の上のくぼんだ部分を指でやさしく3秒かけて押し、3秒かけて離します。
      これを数回繰り返します。

    2 唇の下から顎に向かってなでおろした後、顎先から耳介リンパ節に向かってなで上げます。

    3 目の下から頬骨の下を通って、耳介リンパ節に向かってなでます。
      唇の上から口の端を通って耳介リンパ節の方向になでます。

    4 目頭からまぶたに半円を描くようになで、耳介リンパ節までつづけてなでます。

    5 首の横を上から鎖骨リンパ節に向かってなでおろします。