立体感がかわいい!ブローチネイルのやり方とデザインをご紹介します

爪にブローチを付けたようなデザインのブローチネイルは立体感がとてもかわいく、ブローチのデザインによってエレガントにもキュートにもフォーマルにもなります。1本だけでもインパクトのあるブローチネイルのやり方をご紹介します。

view123

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ①ブローチの枠になるパーツを用意します

  • ブローチ部分のパーツは大きさや形がいろいろあるのでデザインによって選んで下さいね。

  • ②爪に合うようにカーブを付ける

  • 筆などの細い棒状の物でパーツを曲げていきます。
    爪のカーブに近いものを選ぶと良いです。

    爪にあててみてカーブを調整してみて下さい。

    爪にぴったり合わなくても大丈夫なのでだいたいのカーブがつけばOKです。

  • ③爪に乗せる

  • あらかじめブローチを置く前にベースになるネイルアートをしておきます。

    そしてパーツを置きクリアジェルで仮止めをします。

  • ④硬化させる

  • 次に入れるカラージェルがパーツの外に流れ出ないように硬化させます。

  • ⑤パーツの中にカラージェルを入れる

  • パーツから出ないように淵のギリギリまでカラージェルを入れます。

    この時パーツにカラージェルがついてしまったらジェルクリーナーできれいにして下さい。
    このひと手間がきれいに仕上げるコツです。

    細い筆にジェルクリーナーを浸してから落とすのがおすすめです。

  • ⑥再び硬化します

  • クリアジェルをカラージェル部分に塗って硬化をします。

    これでカラージェルが固定されます。

  • ⑦パーツの中にいろいろ入れよう

  • 色々なブローチパーツ

  • パーツの中にシールやペイント、メタルパーツなどでお好きなデザインをして下さい。

    ブローチのデザインはワンポイントに1本だけしてみたり思い切って全部の指にしてみたりと
    無限にデザインの方法があると思います。

    ブローチのデザインでネイル全体の印象が左右されるのでここがとても重要ですね。

  • ⑧全体をコーティング

  • 最後に爪全体にクリアジェルでコーティングをした後硬化をします。

    この作業を数回繰り返して完成になります。

  • ブローチネイルのデザインを紹介します

  •  

    ボルドーベースにお花のブローチが秋らしいデザインです。

    落ち着いた中にも華やかさがありエレガントな雰囲気です。

  •  

    クリームイエローにレース模様が清楚な雰囲気でブローチ部分にはイニシャルが入っています。

    ブライダルや記念日などにおすすめのデザインです。

  •  

    ピンクにバラ模様が派手かわいいデザインです。

    ブローチネイルを主役にしてお出かけコーディネートをしてみたいデザインです。

  •  

    ジェルネイルならではの透明感と左右のカラーが違いゴージャスなデザインです。

    ブローチネイルのアクセントが上品さをプラスしてくれています。

  •  

    ピンクベージュの優しいカラーとアーガイル模様のフレンチネイルです。

    ワンポイントのブローチネイルなのでオフィスでもOKなデザインだと思います。

  •  

    こちらはフットのネイルです。
    親指のブローチネイルがインパクト大です。

    足の親指は面積が広いのでブローチネイルのデザインをするには腕の見せ所ですね。

  •  

    こちらもフットのネイルです。

    ターコイズのブローチネイルとビタミンカラーでリゾート地にぴったりのデザインです。

  • まとめ

  • 今回のブローチネイルのやり方はブローチパーツを先に爪に置いてから中をデザインしていく方法をご紹介しました。

    しかし爪に置くことでやりずらいという場合は、ネイルチップにクリアジェルでブローチパーツを固定してから作成する方法もあります。その際はカラージェルを入れる前にクリアジェルを入れて底を作って下さい。
    底を作らないとカラージェルが隙間から出てしまいます。

    ブローチネイルはぷくっとした立体的なデザインが素敵ですのでぜひチャレンジして下さいね。