子供の運動神経を良くしよう!運動オンチは遺伝だと諦めていませんか?

我が子が運動オンチなのは、遺伝だから仕方ないよね・・・と諦めていませんか?そんなに早く諦めないで!運動神経は良くすることができるんですよ^^

view172

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 運動神経の良し悪しは遺伝?

  • 「生まれつき“運動オンチ”な子どもはいません。子どもの運動神経は、彼らのパーソナルトレーナーとも言える親次第で良くも悪くもなります」
    出典 :運動オンチはいない!運動神経はトレーニングで改善する | サカイク
     

    きっぱりと言い切るのは、卓球の福原愛選手やテニスのクルム伊達公子さんなど、トップアスリートを含めた多くの人々の運動面、精神面をサポートしている中野ジェームズ修一さん。

  • かけっこでビリになっても・・・

     

    まだまだ諦めるのは早いのです!

  • かけっこで友だちから出遅れるわが子を見て「親である自分の運動神経が悪いのだから仕方ない」と思ってしまうケースも少なくないと言います。そんな「運動神経は生まれ持ったもの」という親の思い込みに、中野さんは苦言を呈します。
    出典 :運動オンチはいない!運動神経はトレーニングで改善する | サカイク
     

    親が勝手に思い込んで、子供の可能性を摘まないようにしてほしいということですね。

  • 運動神経は遺伝ではなく、運動神経の発達に影響するのは「環境」です。神経系の発達は、20歳を100%とした場合、5歳頃にはその約80%に達し、12歳頃にはほぼ100%に達します。この5歳頃~12歳頃の間に、どのようなカラダの使い方をしたかが、その人の運動神経に大きく影響します。
    出典 :子供の運動神経を良くする方法。 | 症状に合わせた施術を施す武蔵野市吉祥寺駅近くの整体院|メディカルアース地球屋
  • 子供の運動神経をよくする方法
    その1 日常生活でできることをやろう

  • 運動神経を発達させる機会は、日常の生活の中にもたくさんあります。生活の中での行動をテキパキと処理する動作もそのひとつです。掃除をする、服を着る・脱ぐ、階段を上り下りする、交差点で左右を見て渡る、物を整理するなど、何気なく行っていることにメリハリをつけて、脳と体を動員して一緒に行う日頃の習慣やしつけが大事です。
    出典 :子供の運動神経を良くする方法
  • 積極的に家事をさせよう

     

    掃除なども、ただやらせるのではなく、どういう掃除の仕方で何分以内という目標を持たせ、終わったらきちんと評価します。お手伝いノートのようなものをつけてもいいですね。採点も効果的でしょう。楽しみながら、より効率的に早く動けるような掃除ができるように導きましょう。

  • 子供の運動神経を良くする方法
    その2 遊びからはじめよう

  • 運動神経を良くするために必要なこと。それは『多様な動きを経験すること』そして、『自発的に関われるかどうか』です。これらを満たすもの・・・それが『体を動かす遊び』です!
    出典 :みんなの憧れ!運動神経の良い子に育てる方法とは? : タニタ運営[からだカルテ]
  • 身体のバランスを養う竹馬、状況を判断して走る鬼ごっこ、距離をはかって跳ぶケンケンパ、体全体で対応する縄跳び、手先の器用さを養うお手玉や輪投げなど、伝統的な日本の遊びもきちんとやることで、脳と体の回路を豊かにします。
    出典 :子供の運動神経を良くする方法
     

    また、学校でもやっている一輪車もいいですね。積極的に体を動かして遊ぶことを覚えさせましょう。

  • 子供の運動神経を良くする方法
    その3 走る動作を身に付けよう

  • 走る動作はあらゆる運動の基本。運動神経の悪い子どもの共通点として挙げられるのが、走る動作が下手なことだと中野さんは言います。
    出典 :運動オンチはいない!運動神経はトレーニングで改善する | サカイク
  • 「ブレることのない体作りのためには、バランスの良い走りを身に付けるべきです。ペースはゆっくりでも構いませんので、とにかく“走る”という動作に慣れることが大切です。走る動作に慣れれば、必然的にバランスの良い走りを身に付けることになります。それがゆくゆくは、運動神経をバランスよく改善ことに繋がるのです」
    出典 :運動オンチはいない!運動神経はトレーニングで改善する | サカイク
  • 子供の運動神経を良くする方法
    その4 スポーツをはじめよう

  • 左右対称のスポーツは、運動神経を改善するうえだけでなく成長期の子どもの体に、非常に効果的です。その中でも、水泳は身体に余計な負荷をかけることなく、全身をくまなく鍛えることができると、中野さんは推奨しています。
    出典 :運動オンチはいない!運動神経はトレーニングで改善する | サカイク
     

    女の子なら、バレエもお勧めです。姿勢もとっても良くなります。

  • 骨格形成が不十分な成長段階でテニスや野球のような左右のバランスの偏ったスポーツをプレーしすぎると、子どもの骨の成長に負担をかけることに繋がります。『サッカー+水泳』『野球+水泳』など、複数のスポーツを組み合わせることをおすすめします」
    出典 :運動オンチはいない!運動神経はトレーニングで改善する | サカイク
  • まずは、基本の運動能力をつけておく。体全体を使うスポーツは、他のスポーツを始めても続けたい!

  • 実際にスポーツをはじめたら
    その1 正しいフォームを覚える

  • 正しいフォームを教えよう

     

    スポーツには、「型」があります。
    それを正しく覚えることが上達の第一歩です。

  • スポーツを行う時は、基本的なフォームをしっかり身につけ、体の力を抜き、必要な筋肉を鍛え、反復練習を行えば「運動神経いいね~」と言われるのではないでしょうか。
    出典 :子供の運動神経を良くする方法。 | 症状に合わせた施術を施す武蔵野市吉祥寺駅近くの整体院|メディカルアース地球屋
  • スポーツに限らず、小さいお子さんならかけっこなどでもそうですよ。腕の振り方やスタートの仕方など、正しいフォームを教えてあげましょう。「正しいフォームを覚える」とは、「最も無駄なく体を使うことができるフォームを真似る」ということです。どんな子でも、フォームはそれなりに個性が出ますが、正しいフォームを真似ていて出てくる癖と、何も教わらなかったがためにつく癖とでは、大きな違いがあります。

  • 実際にスポーツをはじめたら
    その2 反復・反復・反復

  • 1.実際に跳んで見本をみせる 2.高いでっぱりも飛んでみせて「自分より低いものは飛べるんだよ」と何度も言って出来る意識を潜在意識に刷り込ませる3.姿勢指導(両足ジャンプをする、止まらない、足からでなく胸から飛ぶ、など)4.「出来なくてもいいんだ、失敗してもチャレンジする奴が偉いんだ」と勇気づける
    出典 :運動神経を良くする育て方|子育て新発見~育児は逆転の発想でうまくいく
     

    これは、4歳の男の子(お父さんいわく、びびり)に跳び箱の特訓をしたお父さんの言葉。スポーツというわけでもないんですが、良い例なので。
    さて、成果はいかほどに・・・

  • ビデオで観る限り、スピードを落とさずしっかり踏み切ってかなり余裕を持って跳んでいましたので、さすがに十段は厳しいですが六段くらいはいけそうですね。他の子は踏み切り板で一度止まってから跳んでましたから、息子は一足早く走り出しています
    出典 :運動神経を良くする育て方|子育て新発見~育児は逆転の発想でうまくいく
     

    すごい^^
    父子の努力の結晶ですね^^
    このように、親子で頑張るというパターンは、成果があがりやすいんです。
    繰り返し繰り返しが、できるための要素なので、励ましてくれる大好きな人は必要なのです。

  • 繰り返し繰り返しのことなので、疲れて飽きてしまわないように、できそうな目標をまめにたてましょう。目標を達成している内に、本人に欲が芽生えます。
    どんなトップアスリートでも、この反復なしにトップではありえません。プロ野球の投手でも、スピードは才能もありますが、コントロールは努力の賜物なのです。