風邪の予防方法について

受験や仕事など風邪を絶対にひいてはいけないときにどのようにしたら良いのか紹介します。

  • TUH55 更新日:2014/02/25

view99

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 風邪にかかりにくくなるには?

  • 風邪は、かかりたくなくてもかかってしまうもので、かかる時期が悪かったりすると非常に厄介なことになります。
    なので、今回は風邪を引きにくくするにはどうしたらよいのか紹介します。

  • 風邪

  • 風邪とよく呼ばれていますが、実際は風邪症候群といい、
    鼻やのどからウイルスが入り風邪を引きます。
    そのため、鼻やのどからウイルスを入りにくくすると風邪を引きにくくなります。

  • はなやのどからウイルスを入れない

  • はなやのどからウイルスを入れないようにするにはマスクをすると良いでしょう。
    しかし、マスクはただつけているのでは効果が薄く、しっかりとした付け方をしなくてはなりません。
    マスクをつけているときに、横のところに隙間が出来ることがありますが、これはよくありません。
    なので、隙間をなくすようにしっかりマスクをつけましょう。
    また、マスクをつけているときには鼻を出している人をときどき見かけますが、これも効果が失われてしまうので鼻までしっかりマスクをしましょう。

  • 免疫力を高める

  • 免疫力が高ければ、ウイルスを体内に入れてしまっても、風邪になりません。
    なので、免疫力を高めなくてはなりません。
    免疫力を高める方法にはいくつかの方法があります。

  • 1つ目は、しっかりとした食生活を心がけると言うことです。
    脂肪や糖分ばかりのものを食べ過ぎると免疫力が低下します。
    また、肥満になったりもして良いことはありません。
    なので、食事は野菜などのヘルシーなものを心がけて食べましょう。
    意識するだけでもだいぶ改善されます。

  • 2つ目は、ストレスをためないことです。
    ストレスと免疫量は密接に関係しています。
    なので、ストレスばかりを感じている生活を続けると免疫力がドンドン下がります。
    そのため、ストレスを減らさなくてはなりません。
    ストレスを減らすには、睡眠をしっかりとるとよいです。
    睡眠中はストレスを感じることがないのでつらくはありません。
    また、起きて頭がすっきりしているので、ストレスの原因を解決することなど、が思いついたりします。
    なので、しっかり睡眠をとりましょう。

  • ストレスで睡眠が取れない

  • ストレスで睡眠がとれない場合は、サプリメントをオススメします。
    サプリメントの場合は、飲んでしまえば効果があるので楽です。
    睡眠に高価のあるサプリメントはグリシンです。
    これを取ると夜寝つきが良くなります。
    また、睡眠の質を改善するので、睡眠時間を少し短縮することが出来ます。
    しかし、短縮できるからと言って、何時間も減らしてはいけません。
    少し短くなったら良いな程度で考えましょう。

    薬を飲んでいる場合は、飲み合わせの関係もあるので、医師と相談して飲んでください。

  • まとめ

  • マスクをしっかりつける
    →隙間に注意

    食生活を気をつける
    →脂物や甘いものはほどほどに

    ストレスをためない
    →しっかり睡眠をとって改善する

  • おわりに

  • 風邪は、日々の生活の中で予防することが出来るのでしっかり対策をとりましょう。