「中性脂肪」を増やしているのは「脂」ではないってホント!?

皆さん、中性脂肪・・・どうですか?
健康診断で数値、高くなかったですか?

「うわーこれ、脂摂りすぎなんだわーちょっと控えないと・・・」

ちょっと待って!
実は、「脂」の摂りすぎが主な原因ではないみたいですよ!

view711

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 中性脂肪が高いと心筋梗塞や動脈硬化症の原因となります

  • 中性脂肪(トリグリセライド=GT)とは、体内にある中性脂質、リン脂質、糖脂質、ステロイドの4種類の脂質の一種です。中性脂肪は砂糖などの糖質、炭水化物、動物性脂肪などが主な原料で、肝臓でつくられます。これらを多く取りすぎると、皮下脂肪の主成分として蓄積されるのです。人間の体が活動するとき、第一のエネルギー源となるのはブドウ糖ですが、不足してくると、貯蔵されていた脂肪が分解されて再び血液中に放出され、エネルギーとして使われます。しかし、血液中の中性脂肪やコレステロールが増えすぎる(脂質異常症)と、動脈硬化の危険が高まります。日本人の場合は、心筋梗塞の人のコレステロール値はそれほど高くなく、中性脂肪が高値を示す例が多いといわれています。
    出典 :中性脂肪の基準値と改善策は?
     

    「見た目」も問題ですが、もっと深刻な病気の原因になり得るってことですね・・・気をつけましょう!

  • 中性脂肪上げる一番の理由

     

    血中の中性脂肪は遺伝で高くなることもありますが、一番の原因は食事です。炭水化物やアルコールが中性脂肪が上がってします要因です。中性脂肪上げる一番の理由は、脂質そのものではなく精製された炭水化物、アルコール、カロリーの過剰摂取です。

    引用)http://retora.net/tg/

  • アルコールや炭水化物が原因だったとは!

  • 体内には4つの「脂肪」が存在する

  • ■脂肪酸
    脂肪酸 生きていくために、また、活動するために必要なエネルギーとして利用される

    ■中性脂肪
    中性脂肪 トリグリセライドともいう。脂肪細胞の中に貯えられている。必要に応じて脂肪酸になり、エネルギーとして使われる

    ■コレステロール
    コレステロール 細胞膜の構成成分。ステロイドホルモンの材料、胆汁酸の材料にもなる

    ■リン脂質
    リン脂質 細胞膜の構成成分。疎水性物質の親和性を保たせる
    出典 :中性脂肪とコレステロールはどう違う?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    コレステロールとは違うんですね!「トリグリセライド」っていうそうです。

  • トリグリセライド(TG)は健康診断で行う血液検査

     

    トリグリセライド ( triglyceride )は中性脂肪とも呼ばれている脂質の1種類で、私たちが食べる肉や魚、食用油など食品中の脂質や体脂肪の大部分を占めいます。トリグリセライドはコレステロールと同様に食事から取り入れられるものだけでなく肝臓でも合成されており、その大部分は筋肉や心臓でのエネルギー源として利用されていますが余ったトリグリセライドは皮下脂肪のかたちで貯えられます。これがみなさんのお腹の周りを邪魔している脂肪(ぜい肉)です。中性脂肪は生命を維持させるうえで大切なエネルギー源であり、食品中の脂質を摂取する事で脂溶性ビタミンや必須アミノ酸なども同時に補えるので必要な栄養素であります。

    引用)http://blood.e840.net/b206000.html

  • 多くの食品から摂取することになるんですね~で、余ったものが「皮下脂肪」になると・・・。

  • 中性脂肪が高い人は何をすればいい?

  • 中性脂肪を改善するためには、まず最初に精製された炭水化物の摂取量を見直してみましょう。さらに、中性脂肪を改善する役割のあるオメガ3脂肪酸を摂取しましょう。オメガ3脂肪酸は青魚、くるみ、フラックスシードなどに含まれます。コレステロール値の改善のために、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸を控えて、これに運動と体重管理を加えれば、全体的な健康管理につながります。野菜や果物、雑穀パンや雑穀米、豆類も忘れないで下さいね!
    出典 :2/2 中性脂肪を改善する方法 [栄養管理] All About
     

    まずは炭水化物を減らす。ご飯のドカ食いなんて、もってのほかですね!「オメガ3脂肪酸」を摂ると良いそうです♪

  •  

    必要量は週2回ほど『青魚』を食べれば十分だということになっています。青魚とは背の青い回遊魚のことで、イワシ、サバ、ニシン、ブリ、カツオ、マグロ、サケなどのおなじみの魚です。キャノーラオイル、クルミ、フラックスシード(亜麻の実)などにもオメガ-3は含まれています。オメガ-3は血液を固まりにくくする働きがあるので、心臓病の多いアメリカではサプリメントとして取ることがあります。1日3グラム以上のオメガ-3を取る場合は医師のチェックが必要だとFDA(アメリカ食品医薬品局)は注意を促しています。人によっては出血が多くなることが起り得ます。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/300523/2/

  • 週に二回は「青魚」!習慣にすると良いかもしれませんね!

  • 減らした方が良い食べ物

  • 砂糖
    砂糖の主成分、ショ糖は中性脂肪の材料になってしまう。

    果物
    果物に含まれる果糖が中性脂肪増加の原因。但し、ビタミンなどは豊富なので、バランスよく

    脂質
    肉類、揚げ物などの脂質の高いもの。

    アルコール
    アルコールが分解される際、脂肪の合成を進める。
    出典 :中性脂肪を増やす食品|本当は怖くない中性脂肪
     

    糖類、アルコール類は減らした方が良いみたいですね。

  • 女性の中性脂肪

     

    一般に女性の40歳代まではさほど中性脂肪の心配はないという結果なのですが閉経を終えてそこからグ~ンと伸びることは もちろんあるそうです。 年代としてはやはり50歳代からが中性脂肪に気をつけるべきでしょうか。 女性も男性も同様に中性脂肪があがったら食事のバランス、栄養バランスを考えた献立を作る必要があります。

    引用)http://中性脂肪下げる.net/josei.html