コーヒーの効能と、注意事項

昔から珈琲は、多くの病気の予防などに使われていました。どのような例があるかまとめたので参考までに!

  • S 更新日:2014/01/10

view131

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • はじめに

  • 珈琲は嗜好性の強い飲み物です。
    アルコールや煙草のように明らかな病気の元となるものではないですが、効能を求めて摂取するべき類の物でもありません。
    珈琲だけに頼ることはせず、参考程度にとどめておいてください。

  • 薬の代わり

  • コーヒーは、随分昔から薬のような役割として利用されてきました。
    胃・頭痛・心臓など、あらゆるものに対して効果を発揮してくれます。

  •  

    薬よりはいくらか安心感が得られます。

  • 生活習慣病を予防する

  • 科学的な効果が徐々に発表されてきています。
    最近では、その効果に関する事例が次から次へと出ています。

  •  

    生活習慣病は、日常のあらゆる場面で積み重なったものが病気として発症されます。

  • 血糖値を下げる

  • 週5杯以上飲む人は、全く飲まない人よりも糖尿病になるリスクが0.61倍減少したという情報があります。
    ただし、既に糖尿病の人には悪影響ですから、珈琲は逆に控えるべきです。

  •  

    糖分も大事な栄養素ですが、摂り過ると病気になります。

  • その他

  • 他にも、カロリー消費を高め、ダイエットに効果が出る。
    飲酒による肝臓の負担を軽減する。
    といったように、実に多くの効果が発表されてます。