頬がこける原因とは?アンジーも?年齢と共にだんだんと顔が下がってきた人は要注意

頬がこける原因を調べてみました。
若い頃は顔がふっくらとしてかわいかったのに、年齢と共に徐々に顔がこけてくるという人がいますよね。元々痩せているからこけているように見える場合も多いのですが、それ以前に原因となることが幾つかあるみたいです。

view165

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 頬がこける原因

  • 頬がこける原因って何なの?
    年齢を重ねるごとに頬はこけやすくなってしまいます。その原因について追求してみました。

  • 若い頃はふっくらだったのに?

  • アンジェリーナジョリーも顔がシャープに

     

    顔がすっきりとしている印象を持つアンジェリーナジョリーですが、若いときはふっくらとした頬だったようです。年齢を増すにつれてより大人の女性らしくなり、大人っぽくなりました。

  • 最近はより痩せたのか?頬がこけた印象に

     

    大人っぽい印象がありとても魅力的ではありますが、若い頃に比べるとだいぶ頬がこけているように見えます。映画などの仕事をしている彼女はハードなのでしょうから、体重も減ったのかもしれませんね。

  • 乳房切除手術を受けたことが話題になっている女優のアンジェリーナ・ジョリーが激やせしている。身長170センチ前後のアンジーの体重は現在92ポンド(約41.7キロ)にまで落ちているといい、16歳だったときよりもやせているとのこと。これには、パートナーのブラッド・ピットも体調を心配しているようだ。
    出典 :乳房切除のアンジーが42キロに激ヤセ…ブラピが悲鳴 - シネマトゥデイ
     

    どうやら彼女の場合は予防のために行った乳房切除手術により、激やせしている様子です。体重が減ってしまっているのですから、当然頬もこけてしまいます。

  • 頬がこける原因

  • 急激なダイエットは避けるのが無難

     

    食事制限のみで急激なダイエットを行なうのは避けるようにしましょう。
    食事のみで痩せようとすると、脂肪のみではなく筋肉も落ちやすくなります。体重が減っても頬の筋肉まで一緒に落ち、頬がこけたように変わります。健康的に痩せた人とはやっぱり見た目も違っています。

  • 長時間のデスクワーク

     

    長い間無表情を作っている仕事の場合、頬の筋肉が落ちます。
    笑顔を作っている仕事や、会話が多い仕事なら問題は無いのですが、今多いデスクワークでは顔の筋肉の衰えが早い可能性があります。
    普段の生活や休憩時間には笑顔を作っておきたいですね!

  • 片側のみで噛む

     

    食事の際には片側のみで噛むのは避けるようにしましょう。
    顔の骨格のバランスが乱れ、頬がこけてしまうことがあります。顔のバランスは誰でも多少違いますが、悪い噛み癖を長期間行うと、やはり顔のバランスが大きく崩れます。
    食事をする際には両方で噛むようにし、虫歯がありよく噛めないなら、治療をすることをおすすめします。

  • 年齢と共に頬の位置が下がってくる

     

    加齢と共に頬の筋肉は衰えやすいため、頬のトップの位置が下がります。それによりやせている人はより顔がこけて見えやすいのです。多少脂肪がある方も、顔のたるみとして現われるため予防しましょう。
    頬がこけている部分にチークを乗せると、頬がふっくらと見えます。シャドウタイプの濃いカラーよりも、ピンクなど明るい色のほうが若々しく見せてくれます。

  • 花王 ソフィーナ くぼんだほおを健康的に見せるには ① - YouTube

  • 柔らかい食べ物で頬がこける

     

    現代人の食生活は柔らかい食べ物が増えています。良く噛む習慣が無いと、それだけで頬の筋肉が衰え、たるみや頬のこけにも繋がってしまいます。
    良く噛むためには、根野菜など食感があるものをプラスしましょう。漬物を加えるだけでも、野菜の噛み応えがプラスされより顔の筋肉が使われます。

  • 良く噛む習慣は唾液の分泌を促し、アンチエイジングにも繋がるのです。早食いで噛む時間が遅い場合は、1口食べ物を入れたら箸をおきましょう。また、丼ものだと早食いになりやすいため、メニューを増やすのも良い方法です。

  • 頬の肉つきは遺伝も関係する

     

    元々遺伝の関係で頬に肉が付かない人がいます。頬がふっくらとしたほうが若々しく可愛らしい印象のため、女性の場合は頬こけを解消したいと考えるかもしれません。
    しかし、元々家族も顔がほっそりとシャープで、肉が付きにくい体質だと、その子どもも将来大人になった際に同じような顔つきになる場合があります。両親や祖父母などがどのような体質だったかによって、自分も影響されてしまいます。