ブスになる習慣とはもうサヨナラ! 美人から遠ざかる悪習とは?

美しさというのは毎日の積み重ねがあらわれるもの。知らず知らずの内にブスになる習慣をしていませんか?

view976

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ついついやりがち! ブス化するNG習慣

  • 体をゴシゴシ洗う

  • あかすり用のタオルやナイロンタオルでゴシゴシ洗っているのであれば、それはNG! 継続的なゴシゴシ洗いによって敏感肌になってしまったり、乾燥を招いたりするケースがあります。
    肌の汚れを落とすことは大切ですが、必要以上に皮脂を落としてしまうのは禁物。日焼け前後の肌も傷つけてしまいがちなので、十分注意してくださいね。
    出典 :危険!美しくなるどころか「逆にブス化する」NG美容6つ | 美レンジャー
     

    お肌を傷つけないように、優しく洗うのが基本です。

  • 「熱い!」と感じるお風呂に入る

  • 寒い季節には、熱いお風呂に入りたくなりますよね。しかし、熱すぎるお湯は肌への刺激が強く、かゆみの原因となってしまいます。
    また、肌の保湿成分である脂分を急速に奪うため、乾燥肌の大きな要因にも! 肌の乾燥を防くには、ぬるめのお湯(38~41℃程度)がオススメです。
    出典 :危険!美しくなるどころか「逆にブス化する」NG美容6つ | 美レンジャー
     

    熱いお風呂は気持ち良いですが、お肌に良いとは限りません。

  • 長時間、半身浴をする

  • 美容やダイエットのために、じっくり湯船に浸かって半身浴をしている方もいるのではないでしょうか? 半身浴は、健康・美容・ダイエットにも良いと言われていますよね。
    しかし、半身浴をしている間に肩や首が意外に冷えてしまうことを忘れてはいけません。
    長時間の入浴は体から大量の水分を奪って乾燥肌を招きやすいので、ほどほどの長さにしてくださいね。
    出典 :危険!美しくなるどころか「逆にブス化する」NG美容6つ | 美レンジャー
     

    何事もやりすぎは毒! 程々にしておくのが一番です。

  • カミソリや毛抜きでムダ毛処理を頻繁に行う

  • カミソリや毛抜きなどによるムダ毛処理を頻繁に行うには、細心の注意が必要です。鳥肌のようになってしまったブツブツ肌や毛穴に悩んでいる人の共通点は、カミソリ+毛抜きという自己処理を長年続けてきた人たち。
    出典 :危険!美しくなるどころか「逆にブス化する」NG美容6つ | 美レンジャー
     

    自分で行うムダ毛ケアは、お肌トラブルを引き起こしやすいので注意が必要です。肌荒れを起こす前にエステに通うのをオススメします。

  • 下地なしのベースメーク

  • ファンデーションのUV効果だけでは夏の強い紫外線に負けてしまいます。また下地なしだと、よけいに汗でファンデーションがくずれやすくなるので、ダイレクトに紫外線の影響を受け、シミ・シワ・たるみなどすべてのエイジングの原因に!
    出典 :3.下地なしのベースメークはいけません! | 美的.com
     

    メイクの手抜きは後々確実に響いてきます。

  • クレンジングせずに洗顔料のみで顔を洗ってはいけません

  • 洗顔料だけでは落ちないメークの汚れが、肌トラブルを導きます!
    汗でメークがすっかり落ちたように見えても、クレンジングを使用して汚れを落として!汗では落ちない毛穴に残った汚れの残りが、たるみやシミ、シワなどの原因に。メークをせずに日焼け止めだけの日でも同じです。
    出典 :5.洗顔料のみで顔を洗ってはいけません! | 美的.com
     

    毎日のメイクは女性にとって必須です。メイク落としも必須なので、疲れて帰った日でも頑張ってきちんと落としましょう。

  • 熱中症対策のために水分補給

  • 日本茶などのカフェインの含まれた飲料は、利尿作用を促すため、脱水症状につながることも。また、スポーツドリンクやジュースを飲みすぎると、ペットボトル症候群という急性の糖尿病になってしまう可能性があります。夏の紫外線で肌の糖化が進んでいるのに加え、体の中からも糖分のとりすぎは、老化に拍車をかけます。
    出典 :13.熱中症対策のために水分補給しなきゃ! | 美的.com
     

    熱中症にならないために水分補給は必要ですが、過剰な水分摂取は色んな問題を引き起こします。時には水太りなんてことも・・・。

  • 冷たいものが美味しくて好き

  • 一年中体を冷やしてはいけません!
    つい食べてしまう冷たいもの。ほてった体を冷やすことももちろん大事ですが、キンキンに冷えたものは胃腸の血管を収縮させ、消化器官の働きを阻害します。とりすぎると消化不良になり、肌状態も悪化。下痢、食欲不振に陥りがちです。
    出典 :21.冷たくておいしいかき氷を食べるのが楽しみ! | 美的.com
     

    美容にとって、熱すぎるものも冷たすぎるものも避けた方が良いのです。

  • 美しい人は美しくなる習慣に気をつかっています。ブス化する習慣をしないように気をつけて、毎日の習慣から綺麗になりましょう。