不快!!困ったセクハラ上司の対処法!

ひとりで悩んでませんか?困った上司にセクハラを受けた時の対処法まとめました。

view852

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アナタの周りにいませんか!?

  • それ、ハッキリ言ってセクハラです!

  • 条件と引き換えに肉体関係を迫る

     

    ・肉体関係をせまる
    ・「給料を上げて欲しければ」
    ・「クビになりたくなければ」

                   など

  • 働きづらい環境が作られる行為

     

    ・性的な発言や質問をする
    ・うわさを流す
    ・肉体関係を迫る発言も含まれる

  • 身体接触型

     

    相手の背後を通りすぎるたびに、身体の一部をさわる等

  • 視覚型

     

    ・人前で性的な記事の出ているスポーツ新聞を広げる
    ・相手の体をなめまわすように見る等

  • 他にも多々、多様にあると思いますが、ハッキリと拒絶しましょう!負けてはいけません!
    社会はアナタの味方なんです。

  • セクハラとは

  • セクシュアルハラスメント (略称セクハラ)

    「性的嫌がらせ・性的おびやかし」と訳します。時・場所・相手をわきまえずに、相手を不愉快にさせる性的な言動のことです。大きく分けると「対価型」と「環境型」のふたつになります。

    望まない行為を受けるという「基本的人権の侵害」にあたります。パワーハラスメント(略称パワハラ)とは、会社での上下関係を、個人的な人間の上下関係として使う暴力のことです。たとえば、仕事がほしいならセックスをさせろという対価型のセクハラは、最も完成されたパワハラということになります。

    ジェンダー(社会的につくられた性差)にもとづく考えを他人におしつけることもセクハラになります。

    セクハラとは、女性を職場における対等なパートナーとは見ず、性的なモノとみなす女性差別的な意識に基づくものであり、両性の平等(憲法14条、24条)に明らかに反する行為です。

    また、被害者女性の名誉や名誉感情、プライバシー、性的自由、性的自己決定権等の人格権(憲法13条)を侵害し、個人としての尊厳を否定する行為です。加えて、女性が安全な環境で働く権利(憲法27条)をも侵害する行為です。
    出典 :セクハラとは
  • セクハラを受けている方へ

  • 明日は我が身と思って、、、

  • 参考までに

  • 加害者へ

  • 公私をわきまえ、周囲の人間に対して不快感を与えない配慮ができることは、社会人としての最低限の条件です。

    行動原則が「自分がしたいかどうか」のみで、規制にひっかからなければ良いという考えは幼稚なものです。何をしてはいけないかを自ら判断し、誇りをもって行動し、その結果に責任を持つことができるのが大人です。

    法律は「最低限ぎりぎりの道徳」だといわれます。

    一人ひとりの自覚にまかせていたのではらちがあかないとき、「マナー」でよいはずのものは「ルール」へと変化します。規制が増える原因と責任は、マナーを守れなかった側にもあります。

    他者に対しあからさまな肉体的・精神的な攻撃を加えるのは論外ですが、公の場で行うべきでない行為は、良識ある社会人に対して不快感を与え、守るべきルールの増加をまねくばかりです。周囲に気を配り、言われる前に「何を守るべきか」を考えられる社会人となりましょう。


    出典 :セクハラ
  • セクハラ相談の色々

  • 加害者も被害者もこう言った知識が必要。