失敗を成功に導くための仕組みづくり

失敗を繰り返さないため、成功をするめの仕組みとはどんなものか解説していきます。

view233

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 失敗学の研究者・東大大学院教授の中尾政之氏によると、人は必ず失敗し、同じような失敗をくり返すものだそうです。失敗を知識・教訓にし、次回のミスを防ぐことが成功を導きます。個人レベルでの失敗分類と対策を紹介しましょう。
    出典 :Update Your Browser | Facebook
  • 1)無知

  • 一般的に知られている技術や情報などの知識を知らない、または、業界や企業内ですでに解決済みの問題などを本人が知らないことで起きる失敗。常に学び続けることが対策になります。
    出典 :Update Your Browser | Facebook
  • 失敗の原因は無知・無能

  • 「無知」とは、その名の通り、知らないことが原因で失敗すること。一方、「無能」とは、正しい知識はあるものの、それを正しく活用できなかったことが原因で失敗すること。このうち「無知」が原因による失敗は、近年の科学などの進歩により大幅に減ってきたものの、「無能」が原因による失敗が今まで以上に重要になってきているといいます。
    出典 :失敗の原因は「無知」と「無能」 : 【目次】あなたはなぜチェックリストを使わないのか - NAVER まとめ
  • 2)不注意

  •  

    いわゆる「ヒューマンエラー」。体調が悪かった、忙しかった…などの理由で、充分な注意が払われずに起こります。ミスの原因を単純に「本人の不注意のせい」にせず、ミスが起きた原因の本質を突き止めることで、例えば、薬は間違いやすいラベルのものを近くに置かない、機械作業では一度に複数の機械を操作しない…など、ミスの起きにくい環境をつくれます。

  • 3)手順の不順守

  •  

    決められたルールや約束事を守らなかったために起こるミス。チームの仕事で報告・連絡・相談・確認といった情報共有をしない、本来やるべき手順を守らないことなどが原因。「過信」や「プライド」がこの手のミスを多く引き起こしています。

  • 4)誤判断による失敗

  • 物事を狭い視野で捉えていたり、そもそも理解が間違っていたり、何が起きているかよく分かっていないと、判断を誤ります。さまざまな角度から状況を把握し、その判断によって起こりうる可能性を幅広くシュミレーションしましょう。
    出典 :Update Your Browser | Facebook
  • 5)調査・検討の不足

  • 事前にしっかり調査しなかったことによって起こしてしまうミス。工学における失敗知識データベースによると、完全な想定外である「未知」が原因で起きた失敗は全体の4%です。つまり、事前に調べればほとんどが防げたものということです。
    出典 :Update Your Browser | Facebook
  • まとめ

  • 以上、5つの失敗原因を挙げました。
    この原因を潰して、失敗をしないようにすることが、成功への仕組みづくりだと考えます。