知的障害について真面目に考えてみませんか?考えてみよう

知的障害という言葉を聴いて何を想像しますか?実際に知的障害いついての定義や周りの在り方をまとめてみました。

  • rinko 更新日:2014/05/29

view191

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 知的障害とは

  •  

    生きているのです。生きることに分け隔てはないはずです。

  • 1.知的機能に制約があること2.適応行動に制約を伴う状態であること3.発達期に生じる障害であること・の3点で定義される[1]が、一般的には金銭管理・読み書き・計算など、日常生活や学校生活の上で頭脳を使う知的行動に支障があることを指す。
    出典 :知的障害 - Wikipedia
     

    精神沈滞という表現の方が分かりやすい場合もあります。

  •  

    知的障害という事に対して偏見を持たない社会が実現できることが一番の理想だと思います。

  • 知能とは、人間が環境に適応していく能力をあらわし、記憶・知覚・運動する能力、理解・思考・判断などの能力の全体(全体的な認知能力)のこと。知的障害とは、知能の発達が遅滞した状態にとどまっていること。
    出典 :�m�I��Q
  • 知的障害を理解するということは理解する側の方に深い知識が存在することが大前提なのです。

  • 「知的障害」という用語は、「精神遅滞」とほぼ同義語として使われるが、次第に前者が使われることが多くなってきている。通常は、知能検査で測定した知的機能の遅れにより定義されるが、本来は、生活面における適応機能の障害も知的障害の大きな要因である。
    出典 :知的障害 - 脳科学辞典
     

    生きにくい世の中にあってどうしても知的障害者には壁が高い場合が多いのです。そこをどう越えていけるのかということは援助者の力に掛かっているのです。

  • 知的障害者との向き合い方

  •  

    知的障害を理解するために講習に参加することも意味があります。改めて他人の立場になって物事を考える必要性を問われます。

  • その人の障害名とその障害の特徴を知りましょう。でも、障害名だけがその人のすべてではありませんので、その人の生い立ちや生活・性格なども含めて考えていきましょう。
    出典 :知的障害者とどう向き合うべきでしょうか。 - Yahoo!知恵袋
  • 障害について深く考えるのではなく、障害はあくまでも、個性の一つとして見てほしいなと思います。障害者だからとはいえ、健常者同様、たくさんの個性があり、そういった個性に対して様々な接し方や見方があり、そういったものに対して、何らかの配慮をしたり、サポートをしたり、そういった付き合い方というのが必要になります。
    出典 :【障害の種類】障害者との付き合い方のヒントに
  • 知的障害者の心

  • 障害の種類を問わず、『心のケア』の必要性がようやく最近認識されてきました。障害があるから『心のケア』が必要なのではなく、障害を持って生きることが大変な社会だから、そしてその大変な社会で自分を否定される体験を多く持ってしまっているから『心のケア』が必要なのです。
    出典 :知的障害者の『心のケア』
  •  

    心は人一倍傷つきやすいのかもしれません。だからこそ心を理解したいものです。

  • 感情というものを自然に素直に表すことができないだけであり、知的障害を持った方のほうが感情が豊かだったりということもありますからね
    出典 :知的障害者でも心は有りますか - Yahoo!知恵袋