生理不順を引き起こすストレス

強いストレスを受けることで、頻繁に生理が来たり生理が長期間来ない無月経の状態になってしまいます。

view570

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生理不順の原因

  • 月経不順には、月経周期が24日以内の「頻発月経」、39日以上の「稀発月経」、月経がない「無月経」があります。これらの原因の約70パーセントが脳の視床下部に問題があるケースです。
    視床下部が障害されると、「性腺刺激ホルモン」の分泌がうまくいかなくなり、排卵しなかったり(無排卵)、遅延排卵が起こるのです。
    出典 :生理痛・生理不順 | 生理不順の原因は? : 原因・治療 - セルフドクターネット
  • 無月経生理不順はホルモンバランスの乱れによって起こります。その生理不順ですがどこからが不順なのか、きちんと知ることが大切です。生理周期が『24日以内』または、『39日以上』の場合は生理不順とみなされ、注意が必要です。
    原因は、脳や脳下垂体、卵巣、子宮のどこかに障害がある「カラダ」に原因がある場合と、「過度なストレス」や「精神的」な原因、そしてダイエットによる「体重の減少」、アンバランスな「食生活」などが挙げられます。
    出典 :若い世代に多い生理不順。不順について知り、日常で改善しよう! - Peachy - ライブドアニュース
  • 生理不順の主な原因

     

    視床下部の障害は次のような原因によって起こります。
    ●環境の変化や人間関係などによる精神的ストレス。強いストレスがかかると大脳皮質が視床下部にブレーキをかけるため。
    ●無理なダイエット。
    ●激しい運動。
    ●不規則な生活。
    ●下垂体の機能の異常。
    ●卵巣の異常。
    ●甲状腺機能亢進症・低下症。
    ●薬の副作用。

  • 生理不順の種類

  • 稀発月経と頻発月経

     

    生理不順と一口に言ってもタイプがいろいろです。稀発月経は、年9回以下です。それに対して頻発月経は、周期が短く頻繁にあります。

  • 過多月経と過小月経

     

    量で比較すると過多月経といって8日以上もありますし、1~2日で終わる過小月経もあります。
    過多月経は、血量が多く8日以上もあります。レバーのような血の塊が出る場合は要注意です。原因として子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋腫などの可能性があります。
    過小月経は、量が少なく、1~2日で終わります。原因として、子宮の発育不全やホルモンの分泌異常などが考えられます。又無排卵の場合もあります。

  • 生理不順の多くがストレスが原因

  • 生理(月経)をコントロールしているのは、卵胞ホルモン・黄体ホルモン(女性ホルモン)です。ホルモンの分泌には、脳の視床下部と下垂体という部分が指令を出しています。この指令通りに卵巣から卵胞ホルモンや黄体ホルモンだ出て月経がコントロールされています。
    この視床下部は、自律神経とホルモンバランスを一緒に管理しているため、強いストレスを受けることで、頻繁に生理が来たり生理が長期間来ない無月経の状態になってしまいます。
    出典 :生理不順とストレス
  • ストレス状態

     

    月経にも、精神的なストレスや心理的な要因のかかわっていることが、少しずつ理解されるようになってきています。次のような精神状態は、生理不順の原因になります。
    イライラしやすくなる
    怒りっぽくなる
    攻撃的になる
    憂うつ感に襲われる
    無気力になる
    物事が面倒になる
    不安感がたかまる
    涙もろくなる
    集中できない
    小さなこと・ささいなことが気になる
    能率が低下する
    等々

  • ストレス解消法

  • 会社や家庭、学校にたくさんあるストレスの原因。ちょっとだけ気持ちの切り替えができれば、もう少しラクになりそうです。
    出典 :ストレス解消法 |病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック