立体的・小顔に見せるメイクでノーズシャドウは必須!鼻を高くシャープに見せる方法

ノーズシャドウは普段のメイクでなかなか使わない、という方もいるかもしれませんね。でもこのノーズシャドウ、実は顔全体の印象を大きく変えてくれる優れもの!顔を立体的にしたり、小顔に見せる効果も期待できるのです。
今回はノーズシャドウの使い方をご紹介します。

view91

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大顔やのっぺり顔、面長、低い鼻、団子鼻…とコンプレックスを抱えている方も多いかもしれませんね。目の大きさや形はメイクで変えることができますよね。でも元々の輪郭や鼻の高さや形は、どうでしょう?こればかりはどうしようもない、と諦めていませんか?
    実は、顔の輪郭や鼻もメイクで変えることができるのです!

    ポイントは「光と陰」を使いこなすこと。
    上手く使うとすっと高い鼻に、そして小顔に見せることができますよ!

  • 小さい鼻を高く見せる方法

  • ブラウンのシェーディングパウダーやアイシャドウを選びます。
    ・眉の間を近づけるように眉頭にのせます。そのまま、鼻筋にすっと伸ばして引きます。
    ・鼻の穴先までまっすぐに入れます。
    ・白のハイライトを鼻筋にすっと入れると、より鼻を高く見せることができますよ。
     真っ白よりもゴールドに近い色の方が、自然に仕上がります。

    【ポイント】
    目と目の間を狭く見せるようにシャドウを入れましょう。
    小鼻にシャドウを入れると、鼻がすっきり見せることができます。

  • 団子鼻解消。すっきりした小鼻に見せる方法

  • ・眉頭~小鼻までノーズシャドウを引きます。
    ・小鼻も塗りつぶします。これで丸い鼻を小さく見せることができますよ。
    ・鼻先にv字を入れます。逆三角形を作るようなイメージで。これでシャープさが出てきます。
    ・ハイライトをTゾーンに細く入れます。これでより花が高くシャープに見えます。

  • 大きめの鼻を高くみせる方法

  • ・眉頭~鼻筋へノーズシャドウをすっと伸ばしていきます。
    ・鼻筋の脇にもシャドウを入れ、ぼかしながら大きめの小鼻を削っていきます。
    ・ハイライトをTゾーンから鼻先に入れます。

    顔にメリハリができ立体的に。大きい鼻も気にならなくなります。

  • もっと顔にメリハリを!その他のメイクポイント

  • ファンデーションは色を使い分ける

     

    顔全体は自分の肌の色に合わせます。鼻筋は少し明るめの色を、そしてこめかみ~耳にかけて、エラのラインは少し暗めの色を使いましょう。
    あまり塗りすぎると、平坦な顔になってしまうので、薄く伸ばしていくとよいですよ。
    Tゾーンは皮脂が浮いてきやすいので、こちらも薄む塗ります。

  • ナチュラルな太め眉を描く

     

    眉山から目尻まで自然にカーブを作ります。これでどの角度からでも顔を立体的に見せてくれるのです。
    眉マスカラをつける時は、眉頭を少しだけ立ち上げるようにすることも◎

  • チークは頬の高い位置に

     

    ピンク系がおすすめです。
    チークは血色をよく見せるだけでなく、輪郭を引き締めて見せるという効果もあります。
    顔の輪郭タイプ別で入れ方も変えるとよいですよ。

    ベース型:頬骨に沿って高い位置に。ななめ楕円に入れましょう。
    丸型:笑った時に高くなる頬の部分に。円を描いてからこめかみにすっと流します。
    面長型:頬骨の黒目下から耳に向かい、横楕円に入れます。
    逆三角形型:頬骨から耳横にふわっと円を描くように入れます。

  • ノーズシャドウを入れる際に気を付けること

  • ノーズシャドウやハイライトは「光と陰」を効果的に使ったメイク法。なので、光の明かり加減で見え方が変わってきてしまいます。
    メイク中は、うまく仕上がったと思っていても、場所が変わると「なんか違う…」ということも。

    こんな時は、「薄く入れる」ことがポイント!
    つけているかわかりにくい程度でOK。だんだんメイクに慣れてくると、自分で加減がわかってきます。