妊娠?生理?どっちなの?判断が難しい妊娠超初期と生理について

私妊娠したの?生理の兆候なの?どちらかわかりにくいですよね。妊娠超初期と生理についてまとめました。

view3363

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠超初期の症状について

  • 妊娠超初期の生理のような症状

     

    妊娠超初期には生理のような症状があるようですね。
    どのような症状でしょうか?

  • 生理予定日3日前に出血がありました。たいした量ではなくて、下着にちょっと付くぐらい。生理が早く来たのかと思い、ナプキンをあてましたが、その後出血はありませんでした。わたしはいつも、生理日の直前に茶色っぽいオリモノが増えるんですけど、それがなかったですね。
    出典 :妊娠の兆候:妊娠超初期症状(生理前)
  • 妊娠超初期と生理

  • 妊娠超初期の出血と生理

     

    妊娠超初期にある出血と生理の出血。見分けるのが難しいですよね。どのような出血なのでしょうか?

  • 生理痛は生理のときだけではなく生理前後に症状が現れることもあります。早ければ生理一週間くらい前からだるさや軽い腹痛などに悩まされることもあるのです。そんな生理前の生理痛の中で、腰痛にはちょっと注意が必要です。というのも生理前の腰痛と思っていたものが妊娠初期症状の可能性もあるからです。
    出典 :生理前の腰痛と妊娠超初期症状の見分け方 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 妊娠超初期症状とは生理前のさまざまな症状によく似た妊娠初期の症状です。生理前は高温期、妊娠初期症状も高温状態で起きます。妊娠超初期症状には頭痛、腹痛、腰痛があります。このすべてが生理前の症状とそっくりということで生理前の生理痛と妊娠初期症状は間違いやすいと言われているのです。
    出典 :生理前の腰痛と妊娠超初期症状の見分け方 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 妊娠の兆候(妊娠超初期症状)

  • 妊娠の兆候

     

    妊娠の兆候で間違えやすい着床出血とはどういうものなのでしょう・

  • 妊娠の兆候が出ているのに生理と勘違いしてしまう着床出血というものがあります。出血があったから、あ、今月も生理きちゃったという勘違いをしてしまう事もあります。名前のとおり出血するものです。生理も出血するものですから、間違えてしまうのは仕方のないことですよね。ですから、妊娠の兆候を見逃してしまう方もおられます。
    出典 :妊娠の兆候?生理と間違えやすい着床出血: 妊娠の兆候は?生理前はどうなの?
  • 妊娠超初期での流産率

  • 妊娠超初期の生理のような痛み

     

    妊娠の兆候なのか判断できない生理のような痛みから、流産の可能性も考えらるって知っていましたか?

  • 妊娠しても10%程度の受精卵は流産に至ると考えられていました。このうち20~30%程度は受精卵が子宮内膜に着床することもなく流産してしまうと考えられていました。この妊娠初期の流産、思っていたよりも多いことが分かってきました。生理予定日から2,3日生理が遅れている人が自分で調べて病院に来るようになりました。
    出典 :妊娠超初期症状としての吐き気はそれほど強くなりません
  • 流産率を比較してみると16%ぐらいが流産している事がわかってきました。その6%の大部分は妊娠判定役でhCGの値をはかれば陽性に出るものの着床しないで流産してしまうケースだとわかりました。流産の出血は生理と大差ない状態で出てきますし生理予定日に遅れてもほんの数日でありかつては少し遅れた生理だと見逃されていたケースが多かったのです。
    出典 :妊娠超初期症状としての吐き気はそれほど強くなりません
  • これを化学流産と言います。妊娠診断薬が高性能化したからわかった流産ですが、実際には子宮内膜にしっかり着床していないので、ほとんど処置も不要です。つまり、生理前に吐き気がありながら、それほど強くなく、そして数日遅れて生理がやってきた、いつもより少し多いかも。そう言う方は妊娠超初期での流産に至っている可能性があります。
    出典 :妊娠超初期症状としての吐き気はそれほど強くなりません