【大腸がん検査キット】で自宅で簡単・手軽に大腸がん検査            

大腸がん検査キットで自宅で簡単に大腸がん検査が行えます
大腸がんは初期は自覚症状が特にないため、検査キットという手軽な方法で検査を定期的に行うと早期発見に繋がります
自治体や企業で安価で受診できることもあるので確認してみましょう

view378

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大腸がん検査キットで何を検査できるのか

  • 大腸ガン検査でまず受ける便潜血検査

     

    大腸のがんの組織はもろいため、便が大腸を通過する際の刺激によって、容易に出血します。
    この出血を検査する方法が便潜血検査ですが、検査キットで自宅でも行えます。
    薬を飲んだり、食事を制限したりする必要はありません。

  • 早期の大腸がんでは、自覚症状がないのが大部分です。しかし、がんの表面から眼に見えない微量の血液が便に混ざることから、これを検出することでがんを早期発見しようとするのが便潜血検査(べんせんけつけんさ)です。
    出典 :大腸がんについて|がん編|気になる病気・健康のこと|大阪がん循環器病予防センター
     

    早期発見されれば100%近く完治するがんだそうなので、40歳を過ぎたら毎年検査するといいですね

  • 便中に血液が混在しているかどうかを、血液の成分【ヘモグロビン】と【トランスフェリン】を測定して調べます。ヘモグロビンに比べ、トランスフェリンは熱や時間経過などの環境の変化でも老化しにくいので、より正確に微量の潜血でも調べることができます。
    出典 :tf大腸がん検査(2日法)自宅で手軽に簡単検査!健康バスケットの郵送検診
     

    2日分の便で、より精度の高い検査が行われるそうです

  • 大腸がん検査キットのメリット

  • 検査キットならご自分の排便サイクルに合わせて便を採取できるので、普段便秘がちの方でも受けやすい検査です。
    出典 :大腸がん検査キット - 検査キット通販比較【メディカルチェックナビ】
     

    女性は生理中は避けた方がいいようです

  • 大腸がん検査キットの使い方

  • 採便のしかた

     

    採便容器に名前を記入し、スティックを回して抜く

    便の表面を図のようにまんべんなくこすり取る

    容器に一回で差し込み、しっかり締めて袋に入れる

  • 大腸がん検査キットの使用上注意

  • ・1本の容器に,2日分とらないで下さい。
    ・容器内の液を捨てたり,水を足したりしないで下さい。
    ・なるべく新しい便を提出して下さい。
    ・生理中の採便はなるべく避けて下さい。
    出典 :大腸がん検診 | けんこうリンク 公益財団法人 茨城県総合健診協会
  • 嬉しい採便シート入り『大腸がん検査キット』

  • たいていのキットには採便用シートは入っているようですが、確実に入っていると書かれてあるものをピックアップしました
    シートも破れる場合があるようなので、シートの下にさらに5回ほど折ったトイレットペーパーを敷くと確実とのことです

  • 自宅でできる郵送健診キット 日本医学株式会社

     

    本体価格:2,800円(税別)

    内容:
    ・郵送健診説明書
    ・検診依頼書
    ・採取キット(取扱説明書、採便容器2個、採便シート2枚、提出用袋)
    ・返送用封筒

    検査結果は7~10日だそうです

  • 大腸がん 宅配検査キット(便中ヘモグロビン) 健康管理官Webshop

     

    本体価格:3,000円(税別)

    内容:
    採便容器2本、説明書(便の正しい採り方)、採便用シート2枚、提出用袋1枚、検査ご案内、検査申込書(複写)1枚、発送用の封筒

  • 人間ドックや健康診断で採便シートがないときに

  • 採便シート ナガセ~ル

     

    楽天市場での価格:
    1枚 90円 (税別)
         100枚入り 3,610円(税別)

    1枚入りなら、10個まではメール便で対応してもらえるようです

  • 自治体や企業では安価で受診できるので、そちらを活用するのがおススメ

  • 市区町村や職場が実施する便潜血検査の料金(自分が支払う費用)は、通常1,000円以下です。
    ほかのがん検診と比べて安いうえに、40歳以上の人は毎年受けることで、大腸がんによって死亡する確率を約60~80%減らせるという調査報告もあります。
    出典 :大腸がん検診 - 大腸がん情報サイト
     

    大腸がんは、早期の段階で発見できれば、高い確率で治せる病気ですが、初期は症状を自覚することがほとんどないため、発見が遅れることが多いのだそうです
    40歳を過ぎたら、気になる症状がなくても毎年大腸がん検診を受けましょう