筋肉痛の原因となる乳酸とは?

筋肉痛の原因は乳酸がたまるからだと言われてます
ではその乳酸とは一体どのようなものなのでしょうか?

view130

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 筋力トレーニングをすると疲れます。これは筋肉の収縮をストップさせてしてしまう疲労物質と言われるものが溜まるからです。そして従来から、この疲労物質の1つが乳酸という物質であるというふうに言われてきました。
    出典 :乳酸と筋肉痛
  • 乳酸と筋肉痛

  • 筋肉を動かすには必ずエネルギーが必要です。筋肉内にはいつもATP(アデノシン3リン酸)と呼ばれるエネルギーが蓄えられています。このATPはちょっと使うとすぐに無くなってしまうので、代わりに『グリコーゲン(糖質)』と『脂肪酸』がエネルギーになるんです。そして、この2つがエネルギーになる過程で疲労物質である『乳酸』を作り出すのです。
    出典 :筋肉痛
  • これが筋肉内に溜まり痛みを起こすのです! 乳酸が溜まると、筋肉は酸性になりだんだん筋肉は動かなくなってきます……(例えば、自転車を思いっきりこぎ続けるとだんだんとペダルを踏んでいる足が動かなくなってくる時とか……)。
    出典 :筋肉痛
  • 運動に必要なエネルギーの源であるグリコーゲン

     

    私達が運動をするときにはエネルギーが必要になります。 このエネルギーを作る時、体内のグリコーゲンと脂肪酸が働きます。
    その時に乳酸という物質も作られます。乳酸は当然のことながら、激しい運動ほどたくさん生成されます。筋トレなどの無酸素運動は、筋肉の中にあるエネルギー源であるグリコーゲンが乳酸を作ります。

  • ジョギングなどの有酸素運動は、グリコーゲンを分解する時に使われる酸素をたくさん取り込むので、体内に乳酸を蓄積しないため、長い時間続けることができると言われています。
    出典 :乳酸と筋肉痛
     

    有酸素運動だと筋肉痛になることは無いのです

  • しかし乳酸は成長ホルモンの分泌を促す働きがあるとも言われています。成長ホルモンが多く分泌されれば、筋肉も発達しやすくなります。これを応用したのが加圧トレーニングです。また最近の研究では乳酸は疲労物質ではないという報告もあります。激しい運動時に乳酸は発生しますが、疲労とは直接関係ないという見解です。
    出典 :乳酸と筋肉痛
  • 筋肉痛は当日にはなく、翌日や翌々日などに現れます。

  • 筋肉痛は当日にはなく、翌日や翌々日などに現れます。
    これは遅発性筋肉痛と言われています。
    出典 :乳酸と筋肉痛
  • 筋肉痛の原因には色々な説があります。
    ・筋の炎症が原因で発生
    ・疲労物質が原因で発生
    などがありますが、まだはっきりしていないようです。
    出典 :乳酸と筋肉痛
     

    ウォーミングアップとクールダウンを行うことで、筋肉痛を軽減することができます。

  • 筋肉痛が起きないと筋肉が発達しないと思っている人も多いようですが、必ずしもそうとは言い切れません。しっかり効かせたトレーンングを行っても筋肉痛にならない人もいます。
    出典 :乳酸と筋肉痛
  • 筋肉に対して一定以上の負荷を掛けるトレーニングであれば必ずしも筋肉痛を伴わなくても筋肥大は可能であると言われているのです。
    出典 :乳酸と筋肉痛
     

    筋肉は酷使しすぎなくても発達は見込めるのです

  • 筋肉痛予防には乳酸を溜めないことが大切です

  • 体に乳酸が溜まるとそれが筋肉痛の痛みに変わります

     

    疲労物質の乳酸をできるだけ溜めないようにするのが筋肉痛の治し方の秘訣です。その乳酸を溜めないようにするには、クエン酸を摂るようにすることが必要です。

    スポーツドリンクには微量ではありますがクエン酸が含まれていますし、そこにクエン酸を混ぜて飲むのもいいでしょう。

  • 筋肉が固まってしまわないように、運動後などは入念にストレッチすることが大切です。激しい運動をした場合は、できるだけすぐに軽いウォーキングなどをして体を急に冷やさないようにします。血液を体に流してあげるようにして、最後は入念なストレッチをします。
    出典 :【筋肉痛の治し方】
     

    できるだけ筋肉痛を治す方法としてはゆっくりでいいので体をほぐしてあげることが一番です。