筋肉痛の原因となる乳酸とは?

view140

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 筋肉痛の原因は乳酸がたまるからだと言われてます
    ではその乳酸とは一体どのようなものなのでしょうか?

  •  
  • 乳酸と筋肉痛

  •  
  •  
  • 運動に必要なエネルギーの源であるグリコーゲン

     
     

    私達が運動をするときにはエネルギーが必要になります。 このエネルギーを作る時、体内のグリコーゲンと脂肪酸が働きます。
    その時に乳酸という物質も作られます。乳酸は当然のことながら、激しい運動ほどたくさん生成されます。筋トレなどの無酸素運動は、筋肉の中にあるエネルギー源であるグリコーゲンが乳酸を作ります。

  •  
     

    有酸素運動だと筋肉痛になることは無いのです

  •  
  • 筋肉痛は当日にはなく、翌日や翌々日などに現れます。

  •  
  •  
     

    ウォーミングアップとクールダウンを行うことで、筋肉痛を軽減することができます。

  •  
  •  
     

    筋肉は酷使しすぎなくても発達は見込めるのです

  • 筋肉痛予防には乳酸を溜めないことが大切です

  • 体に乳酸が溜まるとそれが筋肉痛の痛みに変わります

     
     

    疲労物質の乳酸をできるだけ溜めないようにするのが筋肉痛の治し方の秘訣です。その乳酸を溜めないようにするには、クエン酸を摂るようにすることが必要です。

    スポーツドリンクには微量ではありますがクエン酸が含まれていますし、そこにクエン酸を混ぜて飲むのもいいでしょう。

  •  
     

    できるだけ筋肉痛を治す方法としてはゆっくりでいいので体をほぐしてあげることが一番です。