包皮炎の治療方法は?

男性特有の特に小児に多い病気です。単純に、包皮炎といっても、細菌による物もあります。包皮炎の治療方法はどんなものなのでしょうか?症状と治療法についてまとめました。

view648

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 包皮炎とは?

  • 包茎にともなってみられる、粘膜や皮膚の表面が細菌に感染する病気です。包茎では、包皮の表面は、通常の自然な状態で先端部となる包皮輪を境にして、外板と内板に分けられ、内板は亀頭に接しています。 この包皮内板と亀頭の間に細菌が増殖して炎症がおこった状態を、亀頭包皮炎といいます。
    出典 :亀頭包皮炎 とは - コトバンク
  • 亀頭に雑菌や真菌(カビ菌)などが感染することによって起こる皮膚炎。感染することがないため、性感染症ではないとされている。亀頭包皮炎が発症すると、亀頭部分や包皮の皮膚が赤くなり、ニキビのような赤い斑点や、ただれ、アトピーのような症状が発生。かゆみや痛みがある場合もある。
    出典 :亀頭包皮炎 - Wikipedia
  • まだ小さい子どもは、おちんちんが包茎状態になっているものですが、その皮の間に細菌がたまり、炎症を起こしてしまう病気です。

  • 包皮炎の原因

  • これは雑菌のせいで包皮炎になった場合にも、同じような症状が現れます。また、カンジダ菌が原因で包皮炎になった場合には同じように皮膚に赤みが出てしまいますが、カリ部分から包皮にかけて赤みが出て、さらにそこに白いカスがたまってかゆくなることがあると言われています。
    出典 :亀頭包皮炎の症状と考えられる原因
  • 包茎亀頭包皮炎を性病と分類する場合もあります。淋病やカンジダが原因となることもあるので、性病という括りになることもあるのです。
    出典 :包茎亀頭包皮炎の原因と治療方法 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 幼児の場合は、汚い手で触ってしまってバイ菌が繁殖し、包皮炎になることが多いようです。

  • 子どもの亀頭は、普通包皮で包まれています(生理的包茎(ほうけい))。そのため亀頭と包皮の間に“あか”や“かす”がたまりやすいために起こります。おむつをしている赤ちゃんにはしばしばみられる病気です。
    出典 :亀頭包皮炎<子どもの病気> - goo ヘルスケア
  •  

    おしっこの度、痛がって泣くようなら、オチンチンの様子を見てあげてください。

  • 亀頭包皮炎の症状

  • カンジタは女性も持っている細菌で、性行為によって感染することがあります。

  • 亀頭がガサガサ乾燥して、割れたような皮膚になっている
    亀頭部から環状溝にかけて赤いボツボツが出来る
    亀頭環状溝に白いカス(垢)がたまりやすい
    亀頭表面がパリパリの感じになる
    亀頭が赤くなる、軽い痛みを伴う
    出典 :亀頭包皮炎の症状や治療法
     

    どの症状も治療法は同じで、ラミシールクリーム(抗真菌剤)を塗布します。
    ちなみにカンジダ性亀頭包皮炎の場合、長い方で3ヵ月は掛かると思ってください。

  • 包皮炎の治療法

  • 泌尿器科を受診し、処方してもらった軟膏やクリームを患部に塗ります。淋菌が原因となっている場合には抗生物質、カンジダ菌が原因の場合には抗真菌薬を使います。また恥垢がたまらないよう、亀頭と包皮を清潔にすることが必要です。
    出典 :亀頭包皮炎の症状と治療法、かかる費用について
     

    炎症が起こっている時に、石鹸でゴシゴシ洗うと、悪化することがあります。
    薬を塗布してもなかなか治らない場合、石鹸でゴシゴシ洗うのをやめてください。

  • 細菌性亀頭包皮炎の場合、皮膚の腫れや炎症が強い場合は、抗生剤の内服や抗生剤の外用薬(軟膏)を使用します。 赤み・痒みがある場合、医師の判断により、抗アレルギー薬の内服、微量のステロイドの外用薬を使用することがあります。症状によっては抗生剤の軟膏とステロイドを含む軟膏を混和させて使うこともあります。
    出典 :新宿区|細菌性亀頭包皮炎|皮膚科専門サイト|新宿駅前クリニック
  •  

    90日間返金保証の男性カンジタ完治セット

  • 息子が小さい時、やはり、包皮炎になったことがあります。その時は、小児科に行きました。先生に診てもらうと、若い先生は、(2人先生がいた)「塗り薬出しますから、様子を見てください」と言われましたが、おじいちゃん先生が診て「あー、これ、おちんちんの皮剥かないとダメだよ」とベリ!っと皮をむきました。息子には皮剥かれるからね。って言ってあったので、泣きませんでした。膿がビュッと出て、薬を塗ったら治り、その後は再発していません。昔は先生が気にせず剥いていたようですが、今は、なかなかやってくれないようです。大人の場合も、包茎の場合は、病院などで処置したほうが再発の可能性が少なくなるのでおすすめします。