みんなはどう考えてる?? がん保険の必要性について

がん保険の必要性を感じるのは実際病気になったときですよね。でも、そのときに保険を考えていたのでは間に合いません。
まさかに備えて知っておきたいがん保険の必要性とは?

view112

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • こんなとき、がん保険の必要性を痛感!

  • 家族が「がん」と診断されたとき

     

    実は「がん」はとても身近な病気。
    なんと2人に1人が「がん」と診断されると言われています

  • がん家系ではないので、実際にそうなるまで具体的に想像もできませんでしたが、日本人の3人に1人ががんになる。ということからもわかるように、誰にでも起こりうる病域です。
    実際にがんになったときの大変さを体験しているだけに、最低でもがん保険には加入しておかなければならないと考えています。
    出典 :身内ががんになったことでガン保険の必要性を痛感! - みんなの保険インタビュー
  • 治療費が心配・・・

     

    がん治療=高額というイメージはありますよね。
    もちろん、がんじゃなくても高額になることはあるのですが・・・

    そんなとき、がん保険で一時金が支給されれば当面は安心できるのではないでしょうか

  • 入院や治療にいくらかかるのだろう…。
    病院に行ったりして、仕事も休みがちになってしまうかもしれないけど、収入面は大丈夫だろうか…。
    などなど…。
    出典 :初めて癌と告知された時に感じる2つの不安
     

    お金のことが気になって治療に専念できない、なんてことも実際あるようです

  • だから、がん保険が必要

  • 癌になると、金かかるのは、わかってます。
    どこから、その費用を捻出するか?
    病気は、金貯まるまで、待ってくれませんから、今、その費用を家計か、貯金から出せないなら、今は必要です。
    出典 :ガン保険は必要ですか? : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
     

    すでに万が一に備えての貯蓄ができているのであればあえてがん保険に加入する必要はないかもしれません。
    しかし、これから万が一に備えて貯蓄しようとするのであれば、お金が貯まるまでの間の保障は必要ですよね

  • 自分がそういう状況になってみてわかったのですが、診断された時点で、100万円とかの給付金があれば、とりあえず当面のお金の心配はしなくてよくなります。
    出典 :初めて癌と告知された時に感じる2つの不安
     

    お金の心配をせずに治療に集中できるのはがん保険に入る最大のメリットといえるでしょう

  • 仕事を辞めなくてはいけなくなることも・・・

  • 多くの人が家族に負担を掛けまいと治療よりも仕事を優先するようです。家族からするとゆっくりと治療をして治して欲しいと思うものですが、稼ぎ主からすると焦りがあって当然ですよね。
    出典 :身内ががんになったことでガン保険の必要性を痛感! - みんなの保険インタビュー
  • 入院を必要とせず通院のみで治療になることも・・・

     

    抗がん剤治療も現在では通院で行われることがあります。
    場合によっては入院を全く必要としないことも・・・。

    入院なしで通院だけの場合でも保障があるがん保険はこんなときに役に立ちます

  • 治療後も継続して定期的に通院する必要がある

     

    再発や転移がある病気なので、1度治療が終わっても定期的に検査などで病院に通う必要があります

  • 精神的ダメージが大きい

     

    早期発見できれば完治できる病気ですが、やはり告知されると精神的にダメージを受けることが多いようです。
    もちろん、それ以外にも金銭面でも心配になったりと精神面への影響は少なくありません

  • 罹患率の高い病気であること、一時的に出費する金額が多いこと。医療保険だけでは賄いきれない通院治療も多いこと。これががん保険を必要とする人の理由になるかと思います。
    出典 :医療保険の複数加入とがん保険の必要性について教えてください。 - Yahoo!知恵袋
  • 公的医療制度の対象外となる治療法が用いられることがある

     

    がんの治療において公的医療制度の対象外となるものが意外と多いんです。
    もし先進医療が必要となったときにお金が理由で治療を受けられないなんて嫌ですよね

  • やはり金銭的な面が最大の問題といえそうです。
    逆に、その部分をがん保険でフォローすることで安心して治療を行うことができます。
    早期発見・早期治療を実現するためにもがん保険が必要なケースは多く存在するのではないでしょうか。