眼精疲労の症状とは?原因と対策方法について

眼精疲労とはどんな症状の病気なのか、原因や対策方法について解説していきます。

view143

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「目が疲れる」「目が痛い」といったことは、誰でも日常よく経験します。でも、たいていはしばらくたつと忘れてしまいます。しかし、ときには症状が頑固に続いたり、からだに悪影響が及ぶこともあります。
    出典 :眼精疲労
  • 疲れ目と眼精疲労は違う

  • 「目が疲れる」「目が痛い・重い」といったとき、休憩したり、眠ったりすれば治るのは「疲れ目」、治らなくて、症状が頑固に続くのは「眼精疲労」と、医学的には区別しています。
    出典 :第9回 眼精疲労は、ただの目の疲れと考えず、早めの対策を | 頑張るシニア応援サイト「おとなの安心倶楽部」
  • 眼精疲労の主な症状は?

  •  

    目が疲れたな…と感じた時は要注意。ほかにも、視界がぼやけたり、かすんだり、乾燥するなど、普段と少しでも違うと感じたら、すぐ病院に行くようにしましょう。

  • 疲れ目は心配には及びませんが、眼精疲労はこれらの症状がいつまでも続き、その症状が状態を悪化させることもあります。また、原因として目の病気や身体の病気が関係している可能性もあるので、「おかしい」と思ったら、眼科で診察を受けてください。
    出典 :第9回 眼精疲労は、ただの目の疲れと考えず、早めの対策を | 頑張るシニア応援サイト「おとなの安心倶楽部」
  • 原因は大きく四つに分けられる

  • 1.目になにか病気が起きている

  • 眼精疲労を訴える患者さんの目を検査すると、しばしば次のような病気や異常が見つかります。
    出典 :眼精疲労
  • 老眼は40代半ばから60歳ぐらいまでの間に急速に進み、この年齢は眼精疲労の患者さんの年齢層のピークとピタリと一致します。
    出典 :眼精疲労
  • 2.からだの病気が目に現れている

  • かぜやインフルエンザ、更年期障害、自律神経失調症、虫歯や歯周病、耳や鼻の病気などで眼精疲労になることが多く、その他の病気でも眼精疲労が起こり得ます。
    出典 :眼精疲労
  • 3.目の使いすぎや‘視環境’の問題

  • あたり前のことですが、目は使えば使うほど疲れます。社会の情報化が加速度的に進み、目を使う環境‘視環境’は、ますます過酷になるばかりです。近年では、シックハウス症候群(住居の建材に含まれる化学物質などの影響による体調不良)と眼精疲労の関係も指摘されています
    出典 :眼精疲労
  • 4.精神的なストレスの影響

  • ストレスが強くなると、その影響は、不安感が異常に強まる、イライラして落ち着かない、眠れないといった精神的なことに現れる一方で、からだに対しても、高血圧、血行不良、胃潰瘍といった多様な病気を引き起こします。その一つとして、眼精疲労が起こることがあります。
    出典 :眼精疲労
  • 簡単に目をリラックスさせる方法

  • パソコンの作業で目が疲れてしまったら、目を閉じて、しばらくリラックスし、眼球を休ませましょう。涙が目を潤し、酸素と栄養を供給します。また、緊張した目の筋肉を解き放ちます。とっても簡単なことですが、こういう何気ないひとときが、目を癒すのです。
    出典 :オフィスの弱り目・疲れ目対策! [VDT症候群] All About
  • 目を温めて血行促進しましょう

  •  

    目が疲れたときは、40度くらいに温めた蒸しタオルをまぶたにあててみましょう。
    蒸しタオルの作り方は、水で湿らせたタオルを電子レンジで20病ほど温めるだけ。そのあとに、氷をつかって冷やすと目の結構がさらに良くなります。