スマホ依存症は鬱にも関係ある?

スマホやアイフォンといった便利な端末が世の中で沢山普及しています
しかし、この姿勢が鬱に関連しているかも知れないとの事
まとめてみました

view521

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • スマホ依存症とは

  • スマートフォン依存症(スマートフォンいぞんしょう)とは現代社会で患っている者が多くなっている依存症。スマホ依存症と略される。これはスマートフォンの所持者がスマートフォンに依存するようになり、一日の大部分をスマートフォンの使用に費やしたり、自身がするべき事をする時にそれをしないでスマートフォンの使用をするようになったりするようになるということが見られる。スマートフォン依存症になった結果、自身の体調に不都合をきたすようになったり、健全な社会生活が送れなくなってしまった者が数多く存在する。携帯電話でも類似の症状になるということが見られるが、比較してみればスマートフォンの場合は機能が充実していることから携帯電話と比較してみれば一層利用の頻度が高くなったり使用時間が長くなるなど依存症になりやすい傾向が見られる
    出典 :スマートフォン依存症 - Wikipedia
  •  

    なんと、彼
    女や彼氏との行為中に
    スマホを操作する人が
    10~20%もいる事が判明しているのです

    考えられません

  • 問題は「姿勢」

  • スマホ依存症、ネット依存症が社会問題となっています。特にスマホ依存症は、場所を選ばず、どこでも、誰の目があっても依存するという面で、深刻で根深い問題です。

    依存することで大切な時間が奪われる、注意欠陥となり意思をコントロールできなくなる。また、長時間うつむき姿勢を続けることで頭痛や肩こり、首の痛みが激しくなり「ストレートネック」のような症状を覚える。……などなど、「スマホ依存症」の問題は多岐にわたります。ひどい場合は「うつ病」にも似た症状に見舞われることもあり、私たちは無視できない問題に直面していると言えます。
    出典 :「スマホ依存症」と「うつ病」の関係(横山 信弘) - 個人 - Yahoo!ニュース
  •  

    スマホ等は触っている間極度に
    姿勢
    が悪くなります

    依存する事で、他人とのコミュニケーションの時間を
    削る原因にもなるのです

  • 「表情」「発声」「姿勢」が心に及ぼす影響

  • 非言語データ」がどれほど人に影響を与えるかを知っています。言葉の使い方はとても大切ですが、言葉を受け取っている側は意外と正しく認知していないものです。(これを「選択的認知」と呼びます)

    先入観というフィルターがあるため、正しく「言語データ」を受け取ることができません。「伝え方」をどんなに工夫しても限界があるのはこのせいです。反対に、言葉で表現されない「表情」「発声」「姿勢」などの「非言語データ」は人に強い影響を及ぼします。背筋を伸ばして笑顔で快活に話すと、内容はどうあれ、その「態度」に相手は感化されます。このように「非言語データ」は人の知覚に対する効果が高いのです。そしてこの非言語データは他人のみならず、自分自身にも大きな心理的インパクトを与えることを覚えておきましょう。
    出典 :「スマホ依存症」と「うつ病」の関係(横山 信弘) - 個人 - Yahoo!ニュース
  • 「心の状態が姿勢を作ることもあれば、姿勢が心を作ることもある」と言われます。
    出典 :「スマホ依存症」と「うつ病」の関係(横山 信弘) - 個人 - Yahoo!ニュース
     

    この言葉は非常に大切です
    覚えておきましょう

  • 身体心理学による研究では

  • 「身体心理学」の分野では、「顔」と「背筋」の組み合わせで6種類の姿勢をセッティングし、それぞれ人がどのような心理状態を作るのかを実験しています。

    ● 顔の状態 …… 「上向き」「真正面」「下向き」

    ● 背筋の状態 …… 「伸ばしている」「曲がっている」

    これらの6パターンで実験したところ、環境がまったく同じであっても、顔が「下向き」かつ背筋が「曲がっている」姿勢が、最も気分をネガティブにし、知的活動も低下させると判明しました。
    出典 :「スマホ依存症」と「うつ病」の関係(横山 信弘) - 個人 - Yahoo!ニュース
  • うつ気分が慢性化し、意欲が減退しているから、姿勢が悪くなる。つまり、うつむき加減になり、背中も丸まってくる、ということもあります。しかし、その逆もある、ということです。

    「姿勢」が心を作ってしまう、ということです。したがって、背中を丸めてスマホの画面を長時間眺めているだけで、精神状態が後ろ向きになる可能性があるということです。
    出典 :「スマホ依存症」と「うつ病」の関係(横山 信弘) - 個人 - Yahoo!ニュース
     

    これだけ、ストレス社会で
    鬱の人が多くなっている世の中で

    スマホの効果でさらに向上させてしまっている

    この現状はどう改善するのでしょう

  • 脳のミラーニューロンと言う物の特性として
    [人間は周囲の人の言動を無意識のうちに真似てしまう]
    という事があります

    スマホを眺めている人が大勢集まるような所では
    ネガティブな空気が蔓延し

    気分が塞ぎ込んでしまう事があるかもしれません

  • スマホ依存症の人は・・・・

  • スマホ依存症の人は「枯れたヒマワリ」

    人間の頭部は、体重の約10%です。とても重いものを首や肩で支えています。スマホばかりを眺めていると、ちょうど「枯れたヒマワリ」のような姿になっていきます。
    出典 :「スマホ依存症」と「うつ病」の関係(横山 信弘) - 個人 - Yahoo!ニュース
  •  

    この様な姿を想像してください
    似てはいませんか?

    もし、この姿が嫌なら
    もし、太陽に向かって咲きたいなら

    姿勢もその様な状態にしましょう
    心が枯れないように

    お気を付けて