左腰の腰痛、症状によっては内臓からのメッセージ?

左側だけ痛む腰痛は普通の腰痛とは少し違うかもしれません。腰痛の症状によって、その原因をある程度推測することが出来ます。

view281267

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 左側腰痛の原因はおよそ3種類に分けられる

  • ① 骨や関節の歪み型
    →背骨や骨盤の歪みが引き起こすタイプの腰痛です。加齢だけではなく、生活習慣が原因となっていることも多いようです。

    ② 内臓疾患型
    →腎臓や膵臓などが弱まっている、または炎症を起こしている場合に、その症状として腰痛が出てくるタイプです。

    ③ 心因型
    →ストレスが原因となり腰痛を引き起こしているタイプです。特に腰痛は原因がはっきりと分からないことが多く、その多くはストレス性のものだと考えられているそうです。

    左側腰痛の原因は、およそこれらの3種類に分けられます。怖いのは②の内臓疾患型ですが、自分の腰痛の原因を推測する方法を以下にご紹介します。

  • 横になって安静にしても痛みがある場合は内臓疾患型?

  • 腰に負担のかかる運動をした際の腰痛=腰椎に問題がある可能性高
    安静にしていても発生する腰痛=骨折、または内臓に問題のある可能性高

  • 内臓疾患の場合は症状に特徴

  • 腎臓
    ・・全身がだるい/靴下のラインがなかなか取れないくらい、むくみがひどい/血尿が出る、または運動後でも無いのに濁った色の尿が出る/トイレが近く、1日に10回以上行く
    等の症状が左側腰痛と合わせて出た場合は、腎臓が弱まっている可能性があります。

    膵臓
    ・・みぞおち~背中あたりに痛みが伴う場合は膵臓に問題がある可能性があります。膵臓は機能が弱まっていても、なかなか症状として出にくい部位だそうです。普段からアルコールを多く飲む方は急性膵炎の可能性もある為、早めの診察が良いかと思います。

    尿管結石
    ・・結石の場合、我慢できないほどの激しい痛みが突然来るのが特徴です。合わせて血尿や、腰全体に重い感覚がある場合は尿管結石の疑いがあります。

  • その他、女性の場合は子宮内膜症なども原因として考えられます。内臓疾患の疑いがある場合は、早めに診察へ行った方が良さそうです。

  • 心因型の場合

  • ストレスによって血流が悪くなり、結果腰痛を引き起こすことがあります。この場合重要なのは「病気を考えすぎないこと」だそうです。特に神経質な人がこのタイプの腰痛になりやすいそうなので、普段からリラックスできる環境作りを意識されて意識されては如何でしょうか。

    また、ストレスが溜まるとタンパク質やビタミンB・Cが多く消耗されます。特にビタミンの不足はストレスを更に溜め込みやすくしてしまうので、食事にも気をつけて下さいね。

  • 「おかしいな」と思ったら診察へ行きましょう!

     

    「左腰の痛み」と言っても様々な原因があるんですね。
    少しでも「内臓の病気かな?」と思いあたる事があれば、
    自己判断ではなく病院で診断を受ける事が何よりも大切だと思います。