知りたい!妊娠初期に最適な運動は?

妊娠初期に運動はしても大丈夫?する場合は何が良い?妊娠初期に最適な運動についてまとめました

  • VP 更新日:2013/10/12

view1908

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期に運動しても大丈夫?

  • かつては妊娠が判明すると、妊娠初期の間は、安定期に入るまで運動はしてはいけないなどと言われていましたが、実際は妊婦本人の体調が悪くなければ、軽く体を動かすのは問題ありません。
    妊娠がわかる前に運動をしてしまったことを不安に思ったりする必要はありません。
    ただし、妊娠がわかってからは、事故や接触の危険がある運動(バスケットボール、フットサルなど)や、ついムキになって無理をしてしまうゲーム性の高い運動(テニスの試合など)は避けるよう心がけましょう。
    出典 :妊娠初期運動 赤すぐ|妊娠初期の運動についての説明や妊婦さんの体験談
     

    軽い運動なら大丈夫なんですね!

  • 妊娠中の適度の運動はほどんどの妊婦によい効果がある

  • 健康で妊娠経過が順調ならば、妊婦が運動しても何の問題もありません。
    適度の運動であれば、ほどんどの妊婦には体によいとされています。
    出典 :妊娠中の運動 [妊娠の基礎知識] All About
  • おすすめの運動は?

  • 今まで運動をしていなかった人が、妊娠したからといって、急激に運動をするのはオススメできません。
    体重管理やむくみ解消ののための運動であれば、軽いウォーキングがおすすめです。
    出典 :妊娠初期運動 赤すぐ|妊娠初期の運動についての説明や妊婦さんの体験談
  • 正しい姿勢で速めに歩けば、効率よくカロリーを消費できて体重管理に役立つほか、腰痛や肩こり、便秘、むくみなどのマイナートラプルも解消するというおまけつきです。
    コツコツ続ければ体力もアツプ。
    お産を乗り切るのにも、産後の回復をよくするのにも、そして体力勝負である育児にも、威力を発揮すること閻違いなしです。
    出典 :2/4 妊娠中の運動 [妊娠の基礎知識] All About
     

    安産のためのウォーキング。メリットがたくさん!

  • マタニティーウォーキング

  • ■始める前と終わりには、必ずストレッチ運動を
    運動前のストレッチは、体を運動するのに適した状態にし、運動効果を上げ、けがをしにくくします。運動後のストレッチは、筋肉をほぐし、翌日に疲れを残すこと
    を防ぎます。

    ■歩くのに遁した靴を
    足を保護し、着地の際の衝撃をやわらげる、弾力のある厚めの底の靴がおすすめです。もちろん、滑りにくいものを。妊娠中は足がむくみやすいので、靴の大きさを調節できるものがより便利でしょう。

    ■両手を自由に
    腕を大きく振って歩くためにも、転びそうになった時のためにも両手を自由にしておきましょう。そのためには荷物はリュックにがベストです。母子健康手帳、保険証、タオルのほか、水分補給のためのミネラルウォーター類も忘れずに。

    ■正しい姿勢で
    背筋を伸ぱして胸を張り、少しあごを引きます。目線は数メートル先を見るように。体全体で前方に移動するようなつもりで足を運びます。足の運びは大股が基本で
    す。着地はかかとから。ひじは直角に曲げて、前後に大きく振ります。

    ■ぺースを守って
    元気なときは速く歩き、疲れたら遅くなるというのではスポーツにはなりません。1分間に60メートルくらいのスピードで歩くのが妊婦さんには最適。まずは毎日最低30分くらい続けて歩くのを目標に。

    ● 疲れたら休み、気分が悪くなったら中止しよう
    疲れたと感じたら、無理せずに休んでください。コースを決めるときにはトイレの場所も確認して。調子が悪けれぱ中止してください。
    出典 :2/4 妊娠中の運動 [妊娠の基礎知識] All About
     

    外を歩くことで気分転換にも繋がりそうなマタニティー・ウォーキング★

  • 妊娠初期に軽い運動をするのは良いことですね。
    ですが、激しい運動は母子ともに危険ですので、軽い運動がおすすめです。
    中期からはマタニティビクスやマタニティヨガ、マタニティスイミングなども良いでしょう。
    初期にはストレッチ、ウォーキングなどが最適のようです。

  • 注意するべきこと

  •  

    健康のためのウォーキング。注意点は?

  • 1:必ずお医者さんに相談してから始める

    妊娠初期の状態は人によって様々です。とにかく安静にしなければならない人も中にはいるでしょう。

    自己判断で行わずに必ずお医者さんに相談してから始めてください。

    2:あまり遠くへ行かない

    張り切って遠くまで歩いてしまうと帰りに体調が悪くなって帰れなくなった時に困ります。あまり遠くならない範囲で歩きましょう。

    筆者は近くの公園の散歩コースをグルグル何週も歩きました。疲れたらベンチで休むことも出来たので、良かったです。

    3:体調に異常を感じたらすぐやめる

    少しお腹が張っている、いつもより腰が痛い、出血がある、など少しでも体調が普段と違うと感じたらウォーキングは中止してください。

    ウォーキング中でも異常を感じたらすぐに中断して迎えに来てもらうかタクシーを呼びましょう。

    4:楽しんで運動すること

    「今日も歩かなければ・・・」と運動することがストレスになっているのであれば無理にすることはないと思います。

    そのような人は安定期に入ってから積極的に動けばよいと思います。初期の運動は気分転換やストレス解消の為に行うものだと思います。
    出典 :動いてもいいのかな?不安な妊娠初期の運動にウォーキングのすすめ | nanapi [ナナピ]