「安産の運動はいつから」するべき?

「安産の運動はいつから」するべきなのでしょうか?やってはいけない事ってあるの?

view259

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 安産の体操はいつから?

  • 妊娠中は、お腹が大きくなるにつれて、その重みで背中や腰に負担がかかり、背中の痛みや肩こり、腰痛になることが多いです。その痛みを和らげるためのストレッチや、妊娠中の運動不足解消などにと「妊婦体操」という体操があります。
    出典 :【妊婦体操】- 妊娠to安産.com
     

    こんな目的で行うものなのですね!

  • 妊婦体操をはじめ、妊娠中の軽い運動などは一般的に、妊娠12ヶ月以降~と言われています。経過がよく、ツワリもおさまって気分が良くなったら、またはつわりが軽いときの気分転換に、少しずつはじめてみましょう!
    出典 :【妊婦体操】- 妊娠to安産.com
     

    気分転換に少しずつ行うのが良いのですね!

  • 妊娠体操は

     

    産婦人科や自治体の保健所・保険センターなどで指導や教室を行っているので、足を運んでみるのも良いかもしれませんね!運動不足解消に使いたいです!

  • 運動は必要?

  • 運動をするのは安産に良いということは出産を経験した方々が口をそろえて言います。しかしなぜ運動することによって安産となる確率が上がるのでしょうか。まず、赤ちゃんを押し出す力を鍛えることができるということがあります。
    出典 :手軽に出来る安産に良く効く運動方法 - 安産の秘訣
     

    こんなものもあるのですね

  • また運動することによって体重の増加を防ぎます。太ってしまうことで余計なお肉が下半身についてしまうと、赤ちゃんが出てくる産道が狭くなってしまい、難産になりやすくなってしまうでしょう。
    出典 :手軽に出来る安産に良く効く運動方法 - 安産の秘訣
     

    これらの点を踏まえて、運動は必要とされているそうですね

  • 妊婦体操の効果

  • •妊娠中の肩こり、腰痛、背中の痛み、疲労感の解消•お腹の重みで起こりやすくなる足の痛み・むくみ・足つりの改善•出産時に使う筋肉の緊張をほぐし、産道を柔らかくする•出産までの体力作り•運動不足やストレスの解消•便秘の解消•安眠
    出典 :【妊婦体操】- 妊娠to安産.com
  • 方法は?

  • まずは、腹式深呼吸から、あぐらをかいてやってみよう!1、口から静かにゆっくり、息を吐きながら、おなかをへこませていく。 吐き出す時間は、20秒くらい。吐き出したら、最後におしりの穴をしめると効果的。2、鼻からゆっくり息を吸いながら、おなかを風船のように膨らませる
    出典 :妊婦体操
     

    まずはここから始めましょうね

  • 3、 3秒ほどそのまま息を止める。4、 1~3をゆっくり繰り返す。酸素を取り込む量がUP。脳波がα波になり、精神安定血圧も少し下がります。お産後の子宮のもどりを良くし、広がった膣を引き締めます。
    出典 :妊婦体操
     

    ここまでです!ここまで来たらばっちりですね!ここから始めましょう

  • 注意点

  • 妊婦さんが運動をする上でもちろん気を付けなくてはいけないことがあります。それは、「激しい運動は厳禁」という点でしょう。
    出典 :手軽に出来る安産に良く効く運動方法 - 安産の秘訣
  • 健康の為に

     

    赤ちゃんの為にも、しっかりと適度な運動をしたいですね!いきなりではなくゆっくり行ってみましょう!