締めつけられる痛み…緊張型頭痛解消法!

ギューと締めつけられる頭痛。緊張型頭痛解消方法を教えます!                                                                                                                        

view210

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 頭痛にはどんなものがあるの?

  •  

    慢性的な頭痛の大半は『機能性頭痛』と呼ばれるものです。『機能性頭痛』の代表的なものとしては「緊張型頭痛」と「群発頭痛」があります。「片頭痛」もこの一種で、いずれも生命に危険を及ぼす頭痛ではありません。
    頭痛全体の7~8割を占め、日本人では成人の約22%がこの頭痛に悩まされているといわれています。中高年の男女に多く見られ、ストレスが原因で起こることが多い頭痛です。

  • 緊張型頭痛の主な原因は、不安や緊張などの精神的ストレスと悪い姿勢などによる身体的ストレスです。ほぼ毎日痛みが続く「慢性」と月の半分以上ないしは1年に数回痛みがある「反復性」の大きく二つに分けられますが、片頭痛(ズキズキする痛みがあり、吐き気を伴う頭痛)を併発する混在型もみられます。
    出典 :緊張型頭痛と群発(ぐんぱつ)頭痛
  • 緊張型頭痛の症状と原因は?

  • 緊張型頭痛の症状

     

    肩こりは緊張型頭痛の原因になります。適度な運動と休息でリフレッシュしましょう
    緊張型頭痛は、首から後頭部、こめかみが締め付けられるように痛む頭痛です。一日では午前より夕方に多く、肩こりを伴い、お風呂に入ることで症状が軽快します。長期間連日起こることもあり、スッキリせず気分が落ち込むことも。

  • 頭痛の誘因としては、ストレスや不安、うつなどさまざまな因子が関係します。多くの場合は睡眠不足が続いたり、あるいは心配事が頭から離れなかったりするとひどくなります。また、結婚、就職、転職など、生活環境の変化に伴って増悪することが多くみられます。
    出典 :緊張型頭痛 - goo ヘルスケア
  • いろいろな解消方法

  • 緊張型頭痛のセルフケア

     

    心と体をリラックスさせることが大切です。デスクワークなど長時間同じ姿勢で仕事をするときは、ときどき席を立ってストレッチや体操をするようにしましょう。
    マッサージや入浴は、筋肉を温めて血流をよくするため、頭痛を緩和する効果があります。水泳やウォーキングなどの運動を生活に取り入れると体がほぐれ、気分転換にも最適です。
    枕の高さが合わなかったり、眼鏡の度が合っていなかったりすると頭痛の原因になります。そのような場合は、枕の高さや眼鏡の度を調整してください。

  • 体操

     

    張型頭痛は、主に首の後ろ側の筋肉がこるのが原因。そこで、その筋肉の血流をよくして筋肉に溜まった老廃物を除去すると、頭痛が和らぐ。 さらに、緊張型頭痛を回避するために首の筋力をアップさせて簡単には"こり"が起こらないようにしよう。

  • バイオフィードバック(認知行動療法)

  • バイオフィードバックとは、自分では気がついていない体の情報(筋肉の緊張など)を、機械等を使って知覚できるようにし、体の機能をコントロールできるようにしていく心理療法です。催眠療法も同じ心理療法で、暗示にかかりやすい催眠時に体をコントロールできるようにしていきます。
    出典 :緊張型頭痛|頭痛の分類|頭痛の基礎知識|片頭痛治療剤マクサルト| 製品情報 | エーザイの医療関係者向けサイト
  • 肩こり・首の筋肉の緊張による頭痛の解消法

  • 頭部に関連痛が出る筋のトリガーポイントチャート①

     

    トリガーポイントチャートで自分の頭痛のする場所に近い所に関連痛を出現させる筋肉を探す。

  • 頭部に関連痛が出る筋のトリガーポイントチャート②

     

    自分の体の同様の場所にトリガーポイントが形成されているかを確かめる。

  • 頭部に関連痛が出る筋のトリガーポイントチャート③

     

    トリガーポイントが確認されたら、圧迫している場所及び関連痛領域の痛みがなくなるまで圧迫を続ける。

  • 頭部に関連痛が出る筋のトリガーポイントチャート④

     

    発見したトリガーポイントを圧迫して頭痛が強まるようでしたら、トリガーポイントの関連痛の可能性が高く、高い効果が期待できます。
    頭痛が強まるトリガーポイントを発見できなくても、首・肩周りの筋のトリガーポイントを丹念に探し、解消する事で頭痛が緩和されます。
    できればご本人はリラックスした状態でパートナーの力を借りて行うほうが効果的です。

  • 緊張型頭痛を予防するためには

     

    心身のストレスを上手に解消することが大切です。日頃から適度な運動を心がけ、同じ姿勢を続けないように心がけましょう。仕事や勉強で長時間、机の前に座りっぱなしのことが多い人は、こまめに休憩をとって気分転換をはかり、ときどき背すじを伸ばすなどして、筋肉をほぐすように努めましょう。1日の締めくくりに、ゆっくりとお風呂につかったり、首や肩をマッサージするのも効果的です。ウォーキングやストレッチといった軽い運動を習慣化し、ゆったり、のんびりした時間をもつことが何よりの予防法であり、治療法でもあります。