冬に多い手のひび割れにいい薬を紹介!【ぱっくりひび割れとサヨナラ】 

冬場になると、ひび割れで悩む人も多いと思います。手のひび割れにいい薬を紹介します(*^^*)

  • ssay 更新日:2014/10/28

view133

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 毎年冬になると、ひび割れに悩む・・・。

  • 冬は手のひび割れや、カサつきなどの手荒れに悩まされる季節です。一度なってしまうと、毎冬くり返す人がほとんどです(>_<)

  • ひび割れはどうして起きるの?

  • 冬になると、手足が乾燥しやすくなります。カサカサ状態を実感する人も多いと思います。
    この状態を改善しないでおくと角質層の水分が奪われ、肌表面の溝に沿って亀裂が生じるのです。
    これがひび割れの状態です。

  • 悩んでいる人の多くは主婦です。

     

    洗い物・掃除・お風呂洗い・洗濯など水仕事の多い主婦は、ひび割れに悩む人が多いです。
    ひび割れはとにかく痛いですし、水に触れるとしみて痛いですよね(>_<)

  • ひび割れの原因は?

  • ★原因は、主に「乾燥」です。
    皮膚には油脂という脂分がついていて、油があることで水分の蒸発を防ぎ、皮膚へのダメージを軽減してくれているのですが、乾燥によって、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。。。

    生活をする上で、手を使うことは多いですよね?
    例えば、水仕事をする時に使う洗剤や薬品、水そのもの(特に冬はお湯を使うため)
    肌が乾燥するので、肌のバリア機能が低下してしまいます。

    このバリア機能が低下した手に、洗剤や薬品、水が触れる事で、ひび割れが起こります。

  • 予防法

  • 日常生活の中で、ひび割れを作らないのコツは何でしょうか。

  • 手袋

     

    ●手袋を使う
    冬場は、何もしなくても乾燥するもの。
    水仕事をする時には手袋をつけるようにしましょう。
    ゴム手袋などで手をガードしながら洗い物をすれば、直接水に触れることは少なくなるので、手の油分が失われにくくなります。これだけでも随分違いますよ!!

  • マッサージ

     

    ●ハンドマッサージ
    お風呂の中など、血行が良くなっている状態で手をマッサージしましょう。
    指先1本1本をていねいにもみほぐすイメージで。

  • 食事

     

    ●乾燥を防ぐ食事
    ビタミンAと、ビタミンEは、皮膚の乾燥を防いでくれる効果があります。

    ビタミンAが多く含まれている食品...レバー、卵黄、緑黄色野菜など。

    ビタミンEを多く含む食品...豆類、緑黄色野菜、穀類など。

  •  

    ●体の中から温める
    体内の温度を上げることは、皮膚の再生を早める事にもつながります。
    アイスや、冷たい飲み物、お酒なども体を冷やします。
    寝る前に白湯を飲んでから寝ると、体内温度が上がるのでオススメします。

  • 手のひび割れにいい薬

  • ドラックストアで手に入る、ひび割れに効く薬を紹介します。

  •  

    ★オロナイン
    昔から定番のオロナインは、ひび割れに効く!という口コミが多いです。
    オロナインをたっぷり塗って手袋をして寝ると、カサカサも無くなるので少し楽になります。
    指先が気になる時は、オロナインを塗ってから絆創膏をしましょう。
    副作用があまりないので小さなお子様にも安心して使えのもいいですよね。

  •  

    ★ユースキンA 830円 
    保湿力が高く、ボディークリームとしても使えます。ただ、香りがきついので苦手だという人も多いです。

  •  

    ★コロスキン 880円
    包帯ののいらない液状絆創膏です。
    膜をはるように傷口をガードしてくれるので、水にも強いです。
    塗る時はしみるけど、乾いたら濡れても大丈夫です。絆創膏の煩わしさが苦手な人にはいいと思います。

  •  

    ★ヒビケア軟膏  1,400円 
    値段はほかの薬よりも少し高めですが、 べた付かず、臭いもあまり気にならない程度です。
    効果が表れるのも早いので、値段相応の効果があります。

  • 自分に合うもの、使いやすいものを探してみてください。

  • それでも治らない場合は

  •  

    市販の薬を塗ってもなかなかよくならない時には皮膚科を受診しましょう。