背中のニキビ跡を皮膚科で治したい!

自分では見えないからこそ余計に気になる背中のニキビ跡を皮膚科で治したい。どんな治療をするのでしょう?

view212

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夏が来る前に背中のニキビ跡、何とかしたい!ホームケアだけじゃだめかしら?

  • 背中のニキビ跡を皮膚科で診てもらったほうがいい?

  • 背中ニキビは皮膚にできる病気のようなものです。

    悪化すると炎症を起こして痛みを引き起こすことがありますので、
    早めの処置が大切です。
    出典 :背中ニキビ用に皮膚科でもらえる薬5種類
     

    見た目の問題だけではなく痛みも引き起こすんですね、早めにケアが大事ですね。

  • 背中のニキビ跡が起こる原因はなんでしょう

  • にきびやにきび跡は、背中にもできることがあります。にきびやにきび跡ができるのは、皮膚の毛穴に皮脂などが詰まることが原因の一つです。
    出典 :背中にきびの原因
  • 紫外線を浴びて肌が日焼けすると、皮膚の角質を硬くしてしまい、背中などににきびができやすくなってしまいます。
    出典 :背中にきびの原因
     

    夏はどうしても肌を露出してしまいがち、日傘をさしたり紫外線対策をしましょう。

  •  

    自分で見えないのでどんな風にみられるか心配です

  •  

    でも、皮膚科でどんな治療をするのか心配…。塗り薬?飲み薬?

  • 背中のニキビ跡を皮膚科ではどんな治療をするのでしょう

  • 一般な背中のにきび跡の治療法としては、抗生物質やビタミン剤、塗り薬を処方する治療法がとられます。他にはレーザー治療や手術、フォトフェイシャルといった光治療を行う場合もあります。
    出典 :背中のにきび跡の治療法
  • 一つはローションなどの外用薬を使用する治療です。
    ローションには、抗生物質やその他の外用剤の2種類があり、ニキビ菌の増殖を抑えて、毛穴の炎症を取ってくれる作用があります。
    出典 :皮膚科で行う背中のニキビ痕の治療法とは?
  • 背中にきびのにきび跡、この治療にレチノイン酸を使った治療方法があるといいます。レチノイン酸というのは、ビタミンA誘導体の一種であるため、肌の細胞を活性化させターンオーバーを活発にさせるという働きがあります。
    出典 :背中にきび跡の治療法
  • また、コラーゲンの生成も促すので、新しい細胞を生成させ、できてしまった背中にきびのニキビ跡を押し上げてくれることから治療するという効果も期待できます。
    出典 :背中にきび跡の治療法
     

    レチノイン酸によって美肌にもなるんですね

  • 次に、薬を内服する治療です。
    ニキビ痕に効く内服薬は、やはり抗生物質で、ニキビ菌を減らす効果があり、さらに皮脂を分解し、リパーゼの発生も抑える効果があります。
    外用薬も内服薬も抗生物質が効果てきめんです。
    出典 :皮膚科で行う背中のニキビ痕の治療法とは?
  • にきび跡の治療薬として、「ケロコート」という薬があります。「ケロコート」を使ったにきび跡の治療方法は、1日1回、「ケロコート」をにきび跡に塗るだけでよいので大変簡単です。
    出典 :外用薬を用いたにきび跡治療
  • 美容皮膚科やエステサロンに行くと患者さんの肌の状態に合わせたピーリング剤を肌に塗布してくれます。このピーリング剤に含まれる、グリコール酸やサリチル酸といった、酸性の成分によって治療を行うとというものです。
    出典 :ケミカルピーリング
     

    美容皮膚科に行くと背中もピーリングしてくれます。

  •  

    背中ニキビ跡の原因は様々で治療法も多々あります。皮膚科で相談して適切な治療を受けましょう。