妊婦さん必見!!!妊娠線が出来ないようにするケア方法まとめ☆☆出産後も綺麗なお腹でいたい人の為に!!

妊娠してお腹が大きくなってくると妊娠線が気になってきてしまう人も多いのではないでしょうか???
そんな人におすすめの妊娠線が出来ないためのケアについての情報をまとめてみました!!!

view556

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • そもそも妊娠線って何???

  • 妊娠線

     

    妊娠線(にんしんせん)は、腹部や太ももなどに縦に何本もできる細い線です。

  • 妊娠線と言っても、妊娠中だからそう呼ぶだけで、いわゆる肉割れの状態です。別名「ストレッチマーク」とも呼ばれています。妊娠線予防の商品の中には「ストレッチマーク」と記載しているクリームもあります。
    妊娠線は最初は赤紫のような細い筋です。血管よりも細く皮膚の表面に鉛筆で描いたようなラインが出ます。定着してくると赤紫を帯びていた妊娠線は、白っぽくなります。
    出典 :妊娠線とは e-妊娠
  • 妊娠線が出来る理由とは???

  • 妊娠線が出来る仕組み!!!

     

    妊娠線ができる理由は、急激に皮膚が引っ張られることに原因があります。

  • 体重増加や妊娠によってお腹が大きくなる時、一緒に皮膚も伸びます。表面の表皮は伸びることができます。しかし真皮と皮下組織は伸びにくい性質です。
    表皮が伸びても、真皮と皮下組織が対応できずに皮膚に亀裂が入ってしまうのです。この亀裂が妊娠線となるのです。
    出典 :妊娠線とは e-妊娠
  • 妊娠線が出来やすい人が居るって知ってた???

  • 妊娠線が出来やすい人!!!

     

    <皮下脂肪が厚い人や小柄でお腹が突き出しやすい方、多胎妊娠された方、経産婦さんなどがあげられます>

  • 妊娠線予防におすすめのケアとは???

  • 妊娠線のケアは早目の対処が大切です!!!

     

    乾燥の季節は特に注意が必要です!!!
    お腹が出てきたら乾燥予防も兼ねて早目にケアするようにしましょう!!!

  • まずは体重管理をしっかりと。その上で肌の乾燥を防ぎ、肌の潤いと弾力をキープすることが大切です。おなかだけでなく、太ももやヒップなどサイズアップしやすいところも要注意。肌の弾力をサポートできる妊娠線ケア成分が入ったボディケア商品で、忘れずに保湿ケアをしましょう。
    出典 :妊娠とからだの変化 妊娠線予防&ベビーのスキンケアガイド | ベビカム
  • ホルモンバランスとお肌の関係!!!

     

    妊娠中は、ホルモンのバランスが大きく変化します!!!

  • 特に妊娠後期は肌が乾燥しやすくなります。早めに保湿ケアをスタートして、肌の弾力とうるおいをキープしましょう。 また、肌が敏感になって今まで使っていた化粧品が合わなくなったり、メラニン色素が増えてシミやソバカスが目立つことも。より低刺激なスキンケアにチェンジするタイミングかもしれませんね。
    出典 :妊娠とからだの変化 妊娠線予防&ベビーのスキンケアガイド | ベビカム
  • 妊娠線予防にはマッサージがおすすめです!!!

     

    妊娠初期はつわりが治まったら、妊娠線の予防マッサージを始めましょう。妊娠中期にお腹が大きくなってから始めると、すでに皮膚が伸びているので進行を止めることしかできません。妊娠初期から中期にかけて、徐々に体型が変化する時から妊娠線の予防をしておくことが大切です。

  • 1番気になるお腹は、優しくなでるようにクリームを塗ります。押す力は不要です。クリームやオイルを滑らかに伸ばして、お腹の皮膚に膜を作るような感覚で優しくマッサージします。お腹に手のひらを当てて、「の」の字を描くようにクリームを乗せていきます。

    二の腕、太もも、おしりは下から上へ手のひらを使って、クリームをのばします。妊娠中は血行の流れが悪くなりがちなので、手のひらを下から上へ動かして、肌をさすることで血行の改善にも効果があります。

    バストは乳首を境に上部は下に向けて、下部は上に向けて手のひらで優しくマッサージします。これは妊娠線の予防と同時に、授乳準備のマッサージでもあります。

    両手を使って、力み過ぎないようにクリームを伸ばしていきます。妊娠線のできる場所ではないかもしれませんが、クリームが残ったら鎖骨の下を鎖骨と並行に、内側から外側に向かってさすります。胸が張り始めた時は、コリが少し解消します。
    出典 :妊娠線のマッサージ