RSウイルス感染症の症状とは?予防方法と治療について

RSウイルスってなに?聞き覚えのない病名に不安を感じた方もいらっしゃることでしょう。この病気は小児期を中心に起こる感染性の病気で、どのような方もほぼ100%の確率で、2歳までには感染するといわれています。初期症状では風邪と非常によく似ているため見分けがつきにくい病気です。

view93

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • RSウイルスの感染力は非常に強く、2歳頃までにほぼ100%の子どもがかかります。一度かかっても免疫が十分にできないので何度もかかりますが、くり返し感染しながら徐々に免疫ができ、症状は軽くなります。
    出典 :RSウイルス感染症
  • RSウイルス感染症では、ふつう鼻水、咳、発熱などのかぜ症状があり、多くの場合1~2週間で治ります。
    出典 :RSウイルス感染症
  • しかし、生後1年以内、特に生後6ヶ月以内の乳児や未熟児、循環器系の疾患を有する幼児では重症化しやすく、呼吸機能の弱い老人や慢性肺疾患患者、免疫不全患者においても重症化する傾向があるので注意が必要です。
    出典 :RSウイルス感染症
  • ウイルスを含むしぶき(飛まつ)が患者のくしゃみや咳で空気中に放出され、それを吸い込む、あるいは手指を介して接触することにより感染します。
    出典 :RSウイルス感染症の報告数が急増|東京都
  • 小さなお子さんにかぜのような症状が見られ、熱が38度以上に上がる、呼吸が浅く速くなる、ゼイゼイと咳が続く、痰が詰まる、急にぐったりするなどの様子が見られたときは、早めに医療機関を受診しましょう。
    出典 :RSウイルス感染症の報告数が急増|東京都
     

    6歳未満のお子さんの場合には、自己免疫力が弱くウィルスに対する抵抗力が十分ではありませんので、特に注意して見守ってあげる必要があります。

  • 治療は、特効薬はなく、対症療法が行われます。先天性心疾患や慢性肺疾患など基礎疾患のあるお子さんの場合などは、重症化のリスクを考慮し主治医の判断で予防的な投薬を行う場合があります。
    出典 :RSウイルス感染症の報告数が急増|東京都
  • 飛まつ感染や接触感染であることを考慮して感染を広げないことが大切です。
    出典 :RSウイルス感染症の報告数が急増|東京都
     

    感染の拡大は何としても避けなければなりません。手洗いやうがいなどを徹底することが、さらなる感染の予防策となります。

  • 熱などの症状が消失しても、咳症状が見られる場合などは、感染防止の観点とともに、お子さんの体調に配慮し、登園を見合わせることも検討してください。
    出典 :RSウイルス感染症の報告数が急増|東京都
     

    就学前のお子さんは特に抵抗力が弱く、感染しやすいということを覚えておきましょうね。

  • 小学生以上の学童や、成人の場合RSウイルス、鼻から感染し、風邪程度でおさまる事が多いです。時に、気管支炎を起こし、喘鳴を起こす気管支炎や肺炎を起こすことも。その場合は、38℃以上の発熱が5日程度続いたりします。
    出典 :RSウイルス感染症の症状・治療・予防法 [子供の病気] All About
     

    RS感染症は、なにも小さなお子さんだけがかかる病気ではなかったんですね。長期に渡る高熱がづいた場合には、成人であってもひとまず検査を受け、二次感染を防ぐことが必須となります。

  • 予防方法

  • 子どもたちが日常で触れるものをアルコールなどで消毒、除菌(おもちゃやドアノブなど)
    手洗い(こまめに行い、せっけんを使って流水で洗う)
    出典 :秋・冬は感染症にご注意を! 子どもがかかりやすい RSウイルス感染症・マイコプラズマ肺炎 - Yahoo!ヘルスケア
     

    感染性が高いこの病気は、やはり普段からの予防がなによりも肝心です。特にインフルエンザなどが猛威をふるう時期には、帰宅後には直ちに手荒い・うがいを済ませ、外部からのウィルスの侵入をシャットアウトする工夫が大切ですね。

  • 特に小さなお子さんが高熱を出してしまったら、ご家族の方は慌てふためいてしまうことでしょう。ですが、ここは冷静に対処を行いましょう。病気は早期発見・早期治療がカギを握ります。