風邪によるウイルス性発疹症とは

風邪によって引き起こされる発疹です
何らかのウイルスが原因とされているようなのです

view2553

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夏風邪が主に発疹が出る要因となる

  • かぜによるウイルス性発疹症
    夏かぜのウイルスで発疹が出ることが多く大半は風疹のようなこまかい発疹です
    出典 :かぜによるウイルス性発疹症 - gooベビー
  • かぜをひいたとき、風疹のような発疹が出ることがあります。医師も「かぜ?それとも風疹?」と診断に迷うことが多いのが、このタイプの発疹。かぜを起こすウイルスは200種類以上もありますが、その中には発疹を伴うものもあるのです。この発疹は、かぜをひいて2~3日後に出ます。
    出典 :かぜによるウイルス性発疹症 - gooベビー
     

    個人差が多いのも特徴と言えますね

  • 風邪をひいてしまった時に

     

    ウイルスが体に入り込む事で完全に発疹が
    出てしまうようなのです
    個人差があり、出ない人も多いですが
    出来てしまったが最後、どんどんかゆくなるし
    広がっていくし・・・
    気をつけたい所になると思います

  • 自覚症状はないのに

  • 現在は自覚症状ないのに非典型的な皮疹が出来る場合に付けることが多い病名です。人に風邪症状を起こすウイルスは200腫類以上あるが、 殆どの人に皮疹を伴うものは比較的少なく極く僅かの人だけに皮膚炎を起こすウイルスがいます。従って殆どが不顕性感染です。この場合、風疹、麻疹などと違って症状がなく
    出典 :ウイルス性発疹症
     

    自覚症状がないのにという所が怖い所ですよね
    200種類以上もあるのが驚きです

  • 一般に皮疹は限定的で、かゆみの少ない皮疹が出ることが多い傾向があります。 皮疹から病名の推測されるウィルス性発疹症(風疹、麻疹、水痘など)は、比較的典型的な皮疹が殆どの人に出来ますが例外的に皮疹ができないで、発熱後などの風邪症状だけの人もいます。
    出典 :ウイルス性発疹症
  • 特別なケアは必要ないそう

  • 発疹に関しては、特別な治療は必要ありません。ごくふつうにかぜの治療を続けていれば、2~3日で発疹は自然に消えていきます。
    出典 :かぜによるウイルス性発疹症 - gooベビー
  • 体験談として

  • かぜによる発疹。かぜの原因となるウイルスは200種類以上もあり、その中には発疹を伴うものがあるのです。発疹はかぜをひいて2~3日後に出ます。とくに夏かぜに多く、同じウイルスに感染しても全員に発疹が出るわけではありません。特別なケアをしなくても、発疹は2~3日で自然に消えていきます。
    出典 :発疹の出る病気 - gooベビー
     

    こんな感じですが

  • 「発熱のあとに顔に湿疹が出て、翌日全身に。かぜで発疹が出るなんて、もしかして肌の弱い子なのかと心配しましたが、医者から全く別問題であると聞いて安心しました」(ママ)
    出典 :発疹の出る病気 - gooベビー
     

    良くある話のような感じですね

  • 1週間前の木曜日から調子が悪かったのですが、診療所で風邪薬をもらい、飲ませながら保育所に預けていました。少々熱があっても元気なので、薬も飲んでいるしと思い休ませなかったのです。そして薬を飲んでいたら下痢をしたので、抗生剤のせいだろうと思い、熱も下がったので飲むのを止めてしまいました
    出典 :ウイルス性発疹症
  • そして木曜の朝、38度5分と高い熱です。食欲も全然ありません。そして出る便は水様便。回数は多くないのですが、お腹が痛いと言いました。病院を受診すると「風邪の菌がお腹に入ったのだろう。」と言うことで「感冒性の腸炎」と診断を受けたので熱が下がれば大丈夫だろうと思っていました。
    出典 :ウイルス性発疹症
  • その後

     

    水様便が決めてだったようで
    少しずつ発疹が広がって
    受診したそうです