糖尿病予防のためにやっておきたいこと

糖尿病予備軍まで合わせると2000万人もの人が発病もしくは発病の可能性があるらしいです。今回はよぼうのために何をすればよいのかまとめてみました。

view220

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 糖尿病が強く疑われる人の52.7%が過去に肥満であったとされ、肥満と糖尿病の関係が明らかになっています。すなわち、糖尿病予防のためのひとつには肥満を防ぐことです。肥満を防ぐには、脂質の摂りかたが重要です。脂質の摂りすぎは糖尿病の合併症である動脈硬化の原因にもなります。脂質は一般に1日の総摂取エネルギーの25%ぐらいになる量をとることがよいとされています。
    出典 :糖尿病予防のためにできること
     

    やっぱり肥満が原因になるのですね。だから肥満を防ぐのが予防の第一歩です。

  •  

    痩せていても隠れ肥満になっている可能性があるのでご注意を。

  • 1日3回規則正しい時間に食べる

    食事時間にばらつきがある、間食をとることが多い人は食事と食事の間が短時間になるため、血糖値が高い状態が続きます。
    また、食事を抜くことが多い人は次の食事後の血糖値が急上昇してしまいます。

    出典 :食事から始める糖尿病予防 - 福井市
     

    忙しいからといって食事を抜くとダメなんですね。

  •  

    働いている方には難しいかもしれませんけど、出来る限り規則正しい食事を心がけて下さい。

  • ジョギング(ウォーキング)



    ジョギングの最大のメリットは、いつでも手軽に始められるということです。



    近くの公園など散歩するつもりで出かけることができるので、その気軽さが継続に繋がります。



    そして、ジョギングの魅力は何と言っても、走り終えた後の爽快感です。



    最初から飛ばし過ぎると体への負担が大きいので、最初は2kmからとか、20分とか一定の目標を決めて、少しづつ距離や時間を伸ばしていくと達成感を楽しむことができます。



    食後高血糖の改善には、食後のウォーキングや軽いジョキングが最適であることが
    科学的にも分かっていますので、



    インスリンの効きが少し悪くて、食後高血糖がなかなか下がってくれないという方にはお薦めです。

    出典 :糖尿病を予防する運動
     

    長く継続してやることが大事です。

  •  

    誰でもすぐに始めることができますけど、継続して下さい。それが大事です。

  • ゆっくりと食べよう!

    早食いは血糖値が急上昇してしまい肥満のもの=糖尿病のリスク増大。ゆっくりとよくかんで食べましょう。それにより、食事が少量でも満腹感が増えます。
    出典 :糖尿病の予防法を教えてください。お願いします。 - Yahoo!知恵袋
     

    満腹感が出るまでゆっくり食べて、食べ過ぎを防止するのですね。

  •  

    ゆっくり食べることが予防に繋がります。

  • コーヒーで糖尿病予防

    マウスにコーヒーを与えると、肝臓でのインスリンの作用が促進され、脂肪肝の改善や、主に生活習慣が原因とされる『2型糖尿病』に似た状態における血糖値の上昇をおさえるなどの効果が見られたそうです。また、こういった効果はコーヒーに含まれるカフェインによるものと考えられていましたが、デカフェコーヒーでも同様の効果が見られたため、カフェイン以外の成分にも糖尿病を抑制する効果がある可能性が明らかになったとのことです。
    出典 :1日4杯のコーヒーで糖尿病予防?--“コーヒーは抗糖尿・肥満に効果がある”可能性が明らかに - えん食べ
     

    飲みすぎなければコーヒーもいろいろ効能がありますね。

  •  

    飲み過ぎはかえって害になりますから、ご注意ください。

  • ストレス解消!

    お気に入りのストレス解消法でストレス解消!
    ストレスを受けると副腎からホルモンが分泌!このホルモン、カテコラミンはインスリンの活動を阻害します。結果として血糖値があがったまま下がらない状態になってしまいます。
    出典 :糖尿病の予防法を教えてください。お願いします。 - Yahoo!知恵袋
     

    ストレスが原因になる病気多いですね。

  •  

    自分の趣味に没頭しても良いですし、音楽を聴いてリラックスするのでも良いですね。

  • 糖尿病を予防するお茶、血糖値を下げるお茶

     糖尿病を予防して、血糖値を下げる効果をもったお茶は沢山の種類があります。



    その代表的なお茶が、難消化性デキストリンの配合されたお茶です。



    難消化性デキストリン含有の飲料には、各メーカーから色々な製品が販売されているのですが、



    あの大流行トクホのコーラも、実はこの難消化性デキストリンが配合されています。



    難消化性デキストリンは、食後の糖の吸収を抑えて、食後高血糖を抑える作用のほか、脂質の吸収を抑える効果が確認されています。



    難消化性デキストリンは、トウモロコシやジャガイモから抽出される成分で、小腸からの糖質吸収を抑えてくれる作用もっているのです。



    つまり、血糖値を下げるだけでなくて、ダイエットにも効果が期待できる成分なのです。



    出典 :糖尿病を予防するお茶
     

    ダイエットにも効くのでしたら一石二鳥ですね。

  •  

    難消化性デキストリンを含んでいる商品は意外とあるみたいです。

  • お酒を控えめに、週に2日は休肝日をつくる

    アルコールの飲みすぎは糖尿病を発症する危険性が高くなります。
    また、一般的におつまみは高カロリー、高脂肪のものが多いため、選び方を工夫しましょう。
    出典 :食事から始める糖尿病予防 - 福井市
     

    週2日ぐらいは我慢しましょう。

  •  

    ウィスキーのような蒸留酒は他の酒よりは、血糖値があがりにくいようです。ですが飲み過ぎるとダメですよ。