あの室伏広治選手もおすすめ!「赤ちゃんトレーニング」の効果

「赤ちゃんトレーニング」だなんて、なんだかかわいい名前ですよね。
でも実はこのトレーニング、室伏選手をはじめ、テニスの錦織圭選手やフィギュアスケートの浅田真央選手も取り入れていた体幹トレーニングなんです。
一体どのようなトレーニングなのでしょう?

  • piyo 更新日:2014/02/18

view3357

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • そもそも体幹って何?

  • 読んで字のごとく「体の幹」ですから、胴体部分ですね。体幹とは、
    人間の身体の頭部と四肢(左右の手足)を除いた部分を指すというのが
    一般的です。身体のコア(中心)となる部分です。お腹周りをイメージ
    されるかもしれませんが、腹筋だけを指すのでなく、背中や腰周りも含めた
    胴体の中心部全体と考えていただければ良いと思います。
    出典 :体幹とは? 体幹の重要な機能
     

    体の芯となる部分が体幹なのです。確かに、木も幹がしっかりとまっすぐしている方が歪んでいたり、
    細い木よりも丈夫です。人間の体も同じですね。

  • じゃあ「体幹を鍛える」って具体的にどういうこと?

  • 「体幹を鍛える」とは、この体幹内にあって人体の骨格を形成している
    「骨盤・背骨・肩甲骨」がぐらつかないよう支えている深層筋
    (インナーマッスル)を鍛えることを言います。
    出典 :体幹って何?基礎入門編|モテ子BEAUTY
     

    深層筋(インナーマッスル)とは、骨格と内臓に一番近い位置にある筋肉のことをいい、内臓や骨を
    正しい位置で支える役割を果たします。

  • 体幹が弱いとどうなるの?

  • 体幹が弱いと姿勢が崩れ、からだ全体が不安定になります。運動を
    するときに転倒しやすくなったり、衝撃に耐えにくくなったりして、
    けがをすることもありますし、安定性を保とうとからだのほかの
    部位に負担がかかりやすくなり、スポーツ障害を引き起こす
    可能性が高くなります。
    出典 :体幹が弱いとけがをしやすい?|滋賀県 湖南市、甲賀市地域でスポーツケガ 治療なら 【あいのき鍼灸整骨院】へ
     

    土台が崩れてしまうとその上に乗っかっているものにまで影響があるというのは想像に難くありません。
    体幹はまさに体の土台、崩れてしまうと身体のあちこちに影響を及ぼします。
    もちろん、これはスポーツ選手に限ったことではありません。

  •  

    具体的には、体幹の歪みによって骨が正しい位置に収まらず、肩こり、腰痛、頭痛、関節痛などが起こります。また、筋肉の硬直からむくみや冷え性、免疫力の低下、神経痛などにつながります。
    また、コアが弱いと、ダイエットやトレーニングの成果も出にくく、ケガもしやすくなってしまうなどなど、影響は計り知れません。
    土台となる体幹がいかに大事かがわかりますね。

  • 赤ちゃんと体幹

  •  

    体幹が重要なのはわかりました。でも、なぜ体幹を鍛える=「赤ちゃんトレーニング」なのでしょう?赤ちゃんと体幹の関係は?

  • 手足の筋肉が発達していない赤ちゃんは寝返りやハイハイを
    どうやってやっているのでしょうか?これは体の中心部である体幹を
    軸にバランスをとって、それに合わせて手足を動かしているのです。
    出典 :アスリートが絶賛!ハンマー投げ室伏広治がオススメする「体幹トレーニング」|イケメンパンダ
     

    つまり、赤ちゃんの動作一つ一つが体幹をうまく利用した動きになっているのです。
    そこに目を付け、赤ちゃんの動作を真似ることで体幹が鍛えられるのではないか、と
    考案されたのが「赤ちゃんトレーニング」というわけです。

  • 実践!赤ちゃんトレーニング

  • 「ハイハイ運動」で鍛える

  • 四つ這いの状態では腰は丸まれませんので、頭をしっかり上げて
    おけば背骨は奇麗なカーブを描きます。その状態で、体幹の動きと
    四肢の動きをごちゃ混ぜにせず個々の機能を改善出来るのが
    ハイハイ運動なんです。
    出典 :体幹トレーニングはじめの一歩: 千歳烏山カイロプラクティックセンター
     

    なんと赤ちゃんのハイハイが体幹を鍛えるのに最適なんです。ちなみに実際やってみると結構ハード。
    とても赤ちゃんや子供と同じスピードではハイハイできません。筋力が少ないはずの赤ちゃんや子供に負けるということはそれだけ彼らが体幹をうまく使っているからなんですね。

  • 「寝返り」で鍛える

  • 腹筋と背筋をバランスよく使いこなさないとできません。
    これもぜひやってみてください。床につかない様に手足を伸ばして
    体幹を使って寝返りを繰り返してみましょう。
    出典 :SEHAT(セハット) | 今月のトピック
     

    室伏選手はさらに負荷をかけるため、ゴムチューブを使用してこの「寝返り」動作を
    やっていたみたいです。これも、やってみると見た目以上に難しいことがわかります。

  • まさか、赤ちゃんの動作が体幹を鍛えるのにぴったりだなんて、思いもよりませんでしたね。
    体幹を鍛えるのは大人はもちろん、子供にも効果があります。事実、スポーツクラブなどでは体幹トレーニングを取り入れているところが増えてきています。
    「ハイハイ」も「寝返り」も、どちらも難しい動きではありません。ぜひ赤ちゃんトレーニング、試してみてください。