流産の危険性大!くれぐれも気をつけたい!妊娠初期に転倒…。

妊娠初期に転倒したりすると、「流産」の文字がすぐ浮かびますよね。妊婦さんも一番に気をつけるのが「転倒」だと思います。食事に気を配るのも大切ですが、一番流産に繋がってしまうのが転倒だと思います。女性の妊娠中は特に注意しなければいけない転倒について、情報をまとめてみました!女性なら絶対に知っておきたい!

  • nelle 更新日:2014/12/02

view20626

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 常識ですが、転倒は妊婦さんの大敵です!!

  •  

    妊娠中に転倒したからといって、絶対に流産になるというわけではありませんが、その衝撃によっては赤ちゃんに大きなダメージを与えてしまい、最悪の場合は大事に至ることもあります。妊娠初期には、お腹もそれほど大きくないので、今まで通りの生活を続けてしましがちですが、赤ちゃんはとてもデリケートなので、お腹に負担になることは絶対に避けなければいけません!日常生活には、転倒しやすい場面はたくさんあるので、常日ごろから転倒に気を付けるよう心がることが大切です!妊娠の中期後記ではさらに気を付け無ければいけません!

  • もし妊娠初期に転倒してしまったらどうしよう。。

  •  

    妊娠中後期にはちょっとした転倒で大変な問題なりますが、妊娠初期の場合は、あまり深刻な問題に、発展する可能性は低いです。日本産科婦人科学会でも、早期流産の原因で一番多いのは、赤ちゃん自体に問題があったことだと言っており、母親側の問題による原因での流産が少ないと言われています。しかし、必ずしもそうというわけではありません。転倒しないのがなんといっても一番なのですが、もしも、転倒してしまった場合は、転倒してから動けるようであればなるべく早く病院で診察を受け、経過を見るようにしたほうがいいしょう!

  • お腹の赤ちゃんは、ママの皮下脂肪や羊水に守られているため、多少、転んでお腹をぶつけても心配いりません。ただしぶつけたあと、 1.お腹の張りが続く。2.出血がある。3.いつものように胎動を感じない…。こんなときは、至急受診してください。
    出典 :ピジョンインフォ | 妊娠・出産・育児情報 - 外出先でのまさかのトラブル ドクター教えて!
  • まずは体を安静な状態にして、どこをどのように打ったのか状況を確認しましょう。出血や痛み、おなかの張りがあれば産院へ。また、転倒後胎動を感じられなくなったら診察してもらったほうがいいでしょう。
    出典 :突然のトラブル(転倒)-妊娠出産のお金大辞典-
  • 3週目で転んだ場合、胎児への影響は…?院長:もし仮に打撲が妊娠に影響が出ているとしたら初期なので流産になるでしょう。順調に発育しているなら、影響はないという事です。あまり神経質に考えすぎないことをお勧めします。
    出典 :妊娠初期の転倒について | 女性のための医療相談掲示板 - 池袋クリニック
  • 転倒しないためのポイントを知っておくことが大切!

  •  

    流産に直接つながる可能性は低く、あまり心配ではないとはいえ、妊娠中の転倒は避けなければならないことですよね!どんなに気を付けていても、転倒してしまうことは誰にでもいつでもあることですから、転倒する可能性を借りなくゼロに近づけるための努力を常にし続けることが必要です!一番大事なのはいつも時間と心に余裕を持って行動すること。妊娠したら、家の中や外などを再チェックし、転倒しやすい箇所の改善をすることも大切です。転倒しやすい滑ったりつまずいたりするような危険な場所がないかどうか、旦那さんも一緒になってもう一度確認することが大切です!

  • 外出するときに心がけたいこと!!

  • 動きやすいような服装、身軽な荷物で行動しましょう。雨の日はゆとりを持って行動してください。
    出典 :突然のトラブル(転倒)-妊娠出産のお金大辞典-
     

    お腹を締め付けないゆったりとした服は、おなかには優しい反面、いろいろな所に引っ掛かりやすくなっているので、服につまずいたり、でっぱりに服が引っ張られたりした場合に転倒しないように注意が必要です!旦那さんとのお出かけなら、常に手をつないでもらっていたほうが安心ですね!

  • ヒールの高い靴や歩きにくい靴はつまずきや転倒のもと。むくみや疲れの原因にもなります。おしゃれを楽しみつつも、妊娠中の体にやさしい服装で出かけましょう
    出典 :妊娠第20週の妊婦の暮らしの基礎知識 | 妊娠の基本情報一覧 (カラダの変化と赤ちゃんの成長) | たまひよnet | ベネッセコーポレーション
     

    妊婦さんが、ヒールの高い服を着るなんてもってのほかです!子供を守るためです!しばらくの間おしゃれは我慢して、丈夫で元気な赤ちゃんを産むことに徹しましょう!

  • 赤ちゃんと二人っきりの家の中での過ごし方!

  • 階段の昇り降りは重心がとりにくいので、手すりなどにつかまり、転ばないようゆっくりと…。
    出典 :妊娠中の日常生活 - 母子健康手帳の副読本|赤ちゃん&子育てインフォ
     

    一番の転倒しやすいポイントはやっぱり階段です!マンション住まいの方は極力エレベーターがればそちらを利用しましょう!家の中の階段は上り慣れているとは思いますが、手すりにしっかりつかまってゆっくりしたペースで通りましょう!!

  • 高いところを掃除すると、バランスを崩し転倒することがあるのでとても危険です。高いところは家族の人にやってもらうようにしましょう。
    出典 :妊娠中は大きなお腹に注意しましょう-妊娠・出産・育児のママベビ
     

    高いところの掃除は妊娠中は無理をシテやす必要はないでしょう。。どうしても気になるのであれば、自分でやるのではなく旦那さんや、他の人に頼んでやってもらいましょう!妊娠中は掃除も自分のできる範囲をできる無理のないペースで行うことが大事です!!

  • 一番気を付けたいバスルームでの過ごし方!

  • 浴槽は意外と滑りやすいものです。入る時と出る時はバランスを崩しやすいので、足元に滑り止めマットがあると安心です。
    出典 :妊娠中の入浴
     

    どんなに気を付けても滑りやすくなってしますのがバスルームですよね!気を付けたいです!どうしても一人になりがちの空間なのですぐに助けが呼べるようにしておくことが大事ですね!

  • お風呂掃除は滑って転倒しないように注意が必要です。浴槽内を掃除するときは外から掃除をせず、浴槽内に入って行うと転倒する危険性も少ないです。
    出典 :妊娠中は大きなお腹に注意しましょう-妊娠・出産・育児のママベビ
  • 自転車は絶対に厳禁!!!

  • それまでとは身体のバランスも変わっているため、自転車に乗ったまま転倒する恐れが出てきます。転倒すると、おなかのほうが先に地面にぶつかることがあるので、たいへん危険です。
    出典 :自転車 | 妊娠中に注意することってなに? 妊娠中のいろんなこと
  • 常に気を付けたいゆっくりした行動を心がけて!

  • 妊娠中は、お腹が大きい上に重たいので素早く動こうとすると、バランスを崩して転んでしまうこともあります。できるだけゆっくり動いて転倒を防止するようにしましょう。
    出典 :転倒に気をつけよう!妊娠中でも安心なお風呂の入り方 | nanapi [ナナピ]