女性の悩み「性交痛」には隠れた重大な病気があった!

性交痛には隠れた様々な病気がある事を知っていますか?
もし痛みがあるのなら早めに婦人科を受診しましょう!
いったいどんな病気が隠れているのかご紹介したいと思います!

view50053

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 性交痛って!?

  • 性交のときに感じる痛みを「性交痛」といいます。
    女性は性的刺激を受けたとき、バルトリン腺から分泌液を出し、腟内の潤滑油にしています。女性の性的興奮が十分でないまま挿入すると、分泌液が十分でないため、擦れるような痛みを感じるのです。
    出典 :eSampo | 女性の健康【女性の悩み 女性のからだ】性交痛
  • •入り口部分の痛みもあれば、奥の部分の痛みもあります。
    •腟の乾燥または生殖器の病気により起こります。
    出典 :性交痛: 女性の性機能障害: メルクマニュアル 家庭版
  • どんな痛みなの!?

  •  

    性交痛の原因となる疾患としては幅広く考えられます。
    年齢にかかわらず誰にも性的興奮や性的欲望は存在します。その原因を大きく分けると
    1)器質的なもの、例えば炎症や腫瘍などがあるケース
    これさらに分類すると
    A、外陰部・膣に原因が存在するケース⇒「入口部性交痛」
    B、骨盤内に痛みの原因が存在するケース⇒「深部性交痛」

  • 1)腟の入口付近の性交痛
       ⇒腟炎や外陰炎の可能性

    2)腟の奥の性交痛
       ⇒子宮内膜症や骨盤内感染症などの可能性

    挿入時に膣の奥を突かれると痛い、激痛が走る、などの場合がこの例にあたります。
    出典 :性交痛の原因と婦人科疾患
  • 原因は!?

  • 「炎症」を起こしている

    「痛い」と感じる状態というのは性交痛に限らず炎症を起こしている状態です。
    炎症を起こす原因は感染症か病気によるものがほとんどですが、疲れやストレス、薬の服用による免疫力の低下によって炎症を 起こしやすくなってしまうこともあります。


    出典 :性交痛の悩みと対処法:体質改善で婦人科の病気・体の不調を撃退!
  • 炎症を起こす原因

    ・性感染症に感染しているため膣の部分に炎症が起こっている
    ・ピルやホルモン療法などの薬の服用をすることで、免疫力が下がり炎症を起こしやすい状態なる
    出典 :性交痛の悩みと対処法:体質改善で婦人科の病気・体の不調を撃退!
  • 癒着を起こしている

    ほっぺたひっぱられると痛いと感じると思います。
    これと同じように、婦人科の病気で子宮がお腹の中でなにかとくっついてしまう「癒着」が起きていると、性交時に癒着の部分がひっぱられてしまうので痛みが起きます。
    出典 :性交痛の悩みと対処法:体質改善で婦人科の病気・体の不調を撃退!
  • 癒着を起こしやすい主な原因

    ・子宮内膜症でダグラス窩に癒着がある
    ・卵巣に腫瘍があり、ダグラス窩や子宮・腸などと癒着を起こしている
    ・過去に腹膜炎やお腹を切る手術をしていると、お腹の中で癒着を起こしやすい


    出典 :性交痛の悩みと対処法:体質改善で婦人科の病気・体の不調を撃退!
  • 女性ホルモンが少ない

    女性ホルモンというのは、膣の粘液を出す役割もあります。
    閉経などにより女性ホルモンが減ることで、この膣の粘液も減ってしまう傾向にあるため、性交時に滑りが悪くなり痛みを起こしやすい状態になります。
    出典 :性交痛の悩みと対処法:体質改善で婦人科の病気・体の不調を撃退!
  • 入り口付近の痛みは以下のような理由で生じます。

    •痛みに対する外陰部の感受性が増加する(誘発性腟前庭炎—女性の性機能障害: 誘発性腟前庭炎(外陰部前庭炎)を参照)ことがあり、これは最もよくみられる原因です。
    •外陰部、腟、バルトリン腺(腟開口部の両側にある小さい分泌腺)などの炎症や感染(性器ヘルペスを含む)。
    •尿路の炎症や感染。
    •外陰部のけが。
    •避妊用発泡剤やゼリー、ラテックス製コンドームに対するアレルギー反応。
    •腟筋肉の不随意的収縮(腟痙)。
    •まれですが、先天異常(腟内の異常隔壁など)。
    •腟を狭めるような手術(たとえば出産時に破れた組織を修復する手術、骨盤底の障害の修復手術など—骨盤底の障害を参照)。
    •処女膜が陰茎の挿入を妨げる場合もあります。
    出典 :性交痛: 女性の性機能障害: メルクマニュアル 家庭版
  • 原因になる病気って!?

  • 毎回痛みを感じるようであれば性感染症を疑うことも重要で、性交時に痛みを感じる可能性がある性感染症としては性器クラミジア感染症、膣トリコモナス症、性器カンジダ症などがあげられます。


    出典 :性交時に痛みを感じる。
  • クラミジア感染症

  • 性器クラミジア感染症はおりものの増加や不正出血、下腹部の痛みなどを伴うことがあります。
    またおりもの自体も白く濁った色になることがあるのでよく確認してください。
    出典 :性交時に痛みを感じる。
  • 膣トリコモナス症

  • 膣トリコモナス症は女性が多くかかる性感染症で、性交時の痛み以外には泡状の悪臭の強いおりものが出るであったり、外陰部や膣に強いかゆみを感じるなどの症状が出ます。
    出典 :性交時に痛みを感じる。
  • 性器カンジダ症

  • 性器カンジダ症は性交時の痛みの他に外陰部や膣のかゆみ、白くボロボロしたおりものが出る、性器自体の炎症、排尿障害などの症状があります。


    出典 :性交時に痛みを感じる。
  • 子宮内膜症

  • 。ピストン運動などで力が加わるたびに激痛や鈍痛が走る性交痛のほか、重い生理痛、腰痛、排便痛などが主な症状です。
    ☆治療法☆
    鎮痛剤や漢方薬などの薬物療法や、生理・排卵を止める低用量ピル、脳に作用して女性ホルモンの分泌を抑えるGnRH療法などのホルモン療法、手術療法があります。手術には病巣部のみ処置を行う保存手術、子宮は摘出するものの卵巣の一部は残す準根治手術、子宮・卵巣を全て摘出する根治手術があります。
    出典 :性交痛から考えられる病気とは: 婦人病に関する女性の悩み改善クラブ
  • 子宮筋腫

  • 子宮の筋肉にこぶのようにできる良性の腫瘍です。筋腫があることで、子宮内膜の容積が大きくなり、子宮の収縮がうまくいかなくなるため、生理の経血の量が多い、生理痛が重い、腰の痛み、貧血などの症状が出ます。セックスのときは、子宮近くが刺激されるため、強い痛みを感じるようになります。
    ☆治療法☆
    筋腫の大きさや個人のライフスタイルによって変わります。筋腫が小さい場合には、定期健診をしながら経過を見守り、低用量ピルや鎮痛剤、貧血には鉄剤を使うなどホルモン剤や薬で対処します。また、手術が必要な場合は、筋腫だけを除去する核手術と、子宮全体を除去する全摘手術があります。
    出典 :性交痛から考えられる病気とは: 婦人病に関する女性の悩み改善クラブ
  • 不妊の原因に

     

    せっかく着床しても子宮は硬く、そして収縮しやすく、知らないうちに流産してしまうこともあります。

    子宮筋腫があり、他に不妊の原因がはっきりしない方や、繰り返し流産になってしまう方のうち、筋腫を取り除く手術を受けることでかなりの人が妊娠、出産をされていることも事実です。

  • STD

  • セックスによってうつる病気、STD(性感染症)は性交痛の原因として最近急増中の病気です。ほうっておくと、不妊の原因にもなりかねないので、早めの治療が必要です。
    出典 :性交痛から考えられる病気とは: 婦人病に関する女性の悩み改善クラブ