これから冬・・お肌の保湿はなにをすればよい?

秋から冬に変わるこれからの季節、お肌は乾燥しがちです。どんどん寒さが増していくこの時期、お肌を守るためにはどのようなことをしてあげればよいのでしょうか。秋冬のお肌を守るためのノウハウ教えます。

view91

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • これから冬・・お肌の乾燥が気になります。

  •  

    これからどんどん秋から冬へと季節が変わっていきます。徐々に寒さが感じられてくる時期でもあります。
    この時期は、外の空気も冷たく感じ、お肌も乾燥しがちです。
    エアコンなどの暖房も乾燥にさらに拍車をかける要因となっていきます。
    お肌にも潤いがほしい季節。どのようなケアをしてあげればよいのでしょうか。

  • 気温が下がってくると、身体は体温の低下を防ごうとし、皮脂や汗の分泌が減少。肌の皮膚の量は夏の50%以下になっていしまうのです。寒さで血行も悪くなり、肌の代謝を鈍らせます。
    出典 :年齢乾燥って何?冬の保湿スキンケア [肌の悩み・対処法] All About
     

    冬になると、代謝が下がる→肌の生まれ変わりが減る→肌が荒れるといった感じでしょうか。
    確かに、夏に比べて、汗をかく量も減るし、水分もとらなくなっていますよね。
    そして冬場は体自身が、「お休み」をしようとしているのがわかります。

  • 年齢が重なるにつれて乾燥が進みます。

  • 年齢を重ねた肌は肌そのものが持つ水分や皮脂が減り、内側から乾いていきます。保湿の成分のカギをにぎるコラーゲンも減少。
    出典 :年齢乾燥って何?冬の保湿スキンケア [肌の悩み・対処法] All About
     

    結果、肌の再生力もすくなくなって、乾燥肌を招いてしまうそう。そういえば、大人用の化粧品はコラーゲン配合のタイプ、多くなってきていますね。
    年齢的な事はある程度仕方ありませんが、せめて何か防ぐ手立てはないのでしょうか。

  • 肌のテカりも乾燥から

  • 冬なのに、肌のテカりが気になる方は、それも、乾燥が原因です。肌の水分が外へ出ていくのを防ぐため、皮脂が出ている状態なのだそうです。
    ~肌が乾燥しているかどうかのチエック方法~
    肌表面がざらざらしている・張りがない・化粧水のなじみが悪い、・朝起きたとき、枕やシーツの跡がなかなか消えない
    いかがでしょうか。当てはまる方は、肌の中から乾燥しているかも。

  • 肌の潤いを取り戻すために・・

  • 冬の肌は入浴後のケアが大切!!

  • お風呂に入った後は、肌からどんどん水分が出ていく時間です。
    入浴後は化粧水はすぐにつけること。
    そして、プラス保湿クリームを使うことが良いのですが、この時にちょっと注意。適量を使わないと、肌に余計な油分が残り、かえって吹き出物の原因となります。

  • 洗顔はぬるま湯で

  •  

    顔を洗うとき、冬場はどうしても熱いお湯を使いがちです。でもちょっとまって。
    それではそのまま肌から水分が一緒に流れて行ってしまいます。
    冬の洗顔はぬるめのお湯を使いましょう。

  • 体を芯からあたためよう

  • 代謝が悪くなることから肌の乾燥を招くのであれば、体の中から代謝をあげることが必要です。
    代謝をあげる対策としては、①おふろの湯船に入って、体の芯からあったまる。②暖かい恰好をする。例えば、保温機能のある下着を着るとか、腹巻などを利用するなど③暖かい飲み物や食べ物を食べる。

  • 保温性の高い下着や、洋服を上手に使って体の冷えの状態を起こさないことが大切です。他にも、カイロを貼ったり、湯たんぽで足を温めたりすると体がじんわりと暖まってよいですよ。

  • **日ごろの生活にも気を配って**

  •  

    しょうが湯なども体が温まる飲み物として人気がありますよね。
    あとはこれからの季節だと、鍋ものなども体をあたためる効果があります。暖かいものはもちろん、酸っぱいもの、からいものは発汗を促す作用があるので、食べて汗をかいて血行を良くする効果も期待できます。
    もちろん、軽い運動などで汗を流して、代謝をあげることもよいですよね。
    この冬は代謝UPを気にしつつ、潤いのある肌を目指しましょう!!

  • 良い睡眠や、規則正しい生活はお肌を再生化させるには大切であることはよく知られていますよね。
    肌は寝ているときに再生することも良くいわれています。ですから、十分な休息と栄養はとても大切です。
    年末にかけて、お仕事や行事ごとなどでなにかと忙しくなる時期ですが、そんな時期だからこそ普段の生活を保つことを気にかけて過ごすことができとよいですね。