【パーソナリティ障害】はココロの病気で【症状】は人によって違います。

【パーソナリティ障害】とは一般の常識からかけ離れた行動や考え方をしているもので、【症状】は様々。
その【症状】(行動)が周囲をも困惑させるような状況になればそれは【パーソナリティ障害】といえる。
個人の生まれつきのそういった人格が思春期以降に現れてくるもので、「ココロの病」ではないとの見方もある・・

view412

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【パーソナリティ障害】はココロの病?

  • 境界性パーソナリティ障害(BPD)

     

    境界性パーソナリティ障害(BPD)は、もともと生まれついてのそういう性格が、思春期になって環境の変化などによって現れてくるので、「心の病」ととらえない意見もあります。
    しかし、やはり心の病気と位置づけることが殆どです。

  • 【パーソナリティ障害】には色々な種類がある

  •  

    誰でも多かれ少なかれありそうな気がしますが、周囲の多くが「迷惑」と感じ「困惑」するようになれば、【パーソナリティ障害】という事になるのでしょうね。

  • 【パーソナリティ障害】の【症状】はどのように現れるの?

  • 未熟なパーソナリティがさまざまな症状を生みます。境界性人格障害の人は、「確かな自分」を持っておらず、常にだれかに依存していなければ不安でたまりません。この底知れぬ不安が、周囲を振り回しさまざまなトラブルを引き起こします。
    自傷行為
    衝動的な行動
    暴力をふるう
    怒りと恐怖を同時に感じる
    自分がない
    漠然とした不安や空虚さ
    見捨てられ不安
    両極端な考え方
    自分の感情を押し付ける
    人間関係をひっかき回す
    出典 :境界性人格障害ガイド 症状、原因、治療、対応、チェック
     

    このような方は、たぶん自分ではどうする事も出来ないで、それでまた周囲に迷惑をかけるようになるのでしょうね・・・

  • 【パーソナリティ障害】の治療はどのようにして行えばいいのか

  • 精神科医療の基本7 症状精神病 - YouTube

  • 高齢者の【パーソナリティ障害】はあるのか