鼻つまりじゃない?それは嗅覚障害かもしれません!

風邪やインフルエンザなどの呼吸器系感染症や花粉症などから鼻炎・副鼻腔炎を起こし、吸気が鼻の最上部にある嗅細胞に達する経路が遮断されて起こる呼吸器性と、嗅細胞・嗅神経の障害による末梢神経性および大脳の一部が腫瘍やこうそくなどで傷害されて起こる中枢神経性の区別がある。

  • pocca 更新日:2014/06/26

view157

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 匂いに異常を感じたら、耳鼻科に行ってみましょう。

  • 嗅覚障害の診断と治療法とは?

  • ①問診

  • 原因を突き止めるために、「いつからにおいの感じ方に異常を感じるようになったのか」、「どんなにおいを感じないのか」など、においの症状について問診されます。

  • 鼻の病気や脳の障害のほか、病気の治療薬が原因になっている場合もあります。例えば、抗ガン剤や降圧薬、うつ病の治療に用いられる抗うつ薬のなかには、副作用として嗅覚障害を起こすものもあるので、きちんと症状を自覚して、飲んでいる薬の種類がわかるお薬手帳を持参するようにしましょう。

  • 嗅覚障害の原因で一番多いのが副鼻腔(びくう)炎

  • 嗅覚障害に効く漢方は… 「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」

  • 「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」

     

    「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」は、『一貫堂(いっかんどう)』という漢方医学の一派が経験に基づき処方した漢方薬で、「蓄膿症」、「慢性鼻炎」、「慢性扁桃炎」に用いられる漢方薬です。

  • 鼻の匂いを感じる仕組み

  • ニオイを感知する神経細胞(嗅細胞:きゅうさいぼう)は鼻の奥のうえの粘膜にあり、両方の鼻で数千万個の嗅細胞がわずか5平方cmほど(10円玉1枚の面積)の粘膜の中にびっしりとつまっています。

  • 鼻はなぜつまる? - YouTube

     

    鼻の事を知ってみよう!!

  • 見る、聞く、触る、味わう、匂う、正常の感覚を保つために(^O^)

  • 健康な時は、わかりませんが、急に耳が聞こえなくなったり、匂いが分からなくなると、生活が大幅にくるってしまいます。

    大切なのは、自分の体を知ること。管理することです。

    定期的に健康診断を受けるなど、体を大切にしてください。健康が一番の幸せですから(^O^)

  • おかしいと思ったら、どんなに忙しくても病院へ!!

  • 自己判断じゃ判断できないような時は、市販薬でも回復しない時は、その原因が他にあるかもしれません。ですから、自己判断で済ますのはとても危険です(>_<)

  • 健康で楽しい生活のために、体のことを考えた生活を心がけましょう(^^)/