どうしたら良い?「地図状舌の原因」をしって対処をしよう!

地図状舌の原因をしって対処をしっかりしよう。どのようにしたら良いのでしょうか。

view347

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 地図状舌とは

  • 地図状舌は外傷性および炎症性疾患群に分類され[1]、組織学的には、上皮角化層は好中球やリンパ球浸潤によりその多くが破壊され消失する。多くは、上皮全層に渡る好中球・リンパ球浸潤を認め、上皮表層に十数個の好中球浸潤巣として微小膿瘍の形成が見られる。
    出典 :地図状舌 - Wikipedia
  • 上皮下結合組織には好中球、リンパ球、形質細胞などの炎症性細胞浸潤が認められる[2]。溝状舌を併発する事が多い
    出典 :地図状舌 - Wikipedia
  • 地図状舌の原因は

  • 原因についてはよくわかっていません。ビタミンB群の不足やストレスなどが関係している場合もあるとされているので、バランスのとれた食事や、過労を避けた規則正しい生活を心がけることが大切です。
    出典 :地図状舌の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 原因は不明で、体質異常、精神身体的障害、内分泌障害、遺伝などいろいろ疑われていますが定かではありません。気管支炎、鼻炎、喘息などとの関連性もいわれています。しかし、これらの疾患と関連して粘膜面の被刺激性が高まり再発性急性炎を起こしやすい状態となることを重視する考え方もあります。
    出典 :地図状舌
  • 別名もある

     

    おもに舌背部の落屑性病変としてみられ、地図状の斑紋を生ずる疾患です。日によって病変の位置、形態が変わることが多いところから遊走輪、遊走疹などの別名もあります。しかし、なかなか原因が見つからないのです。

  • 原因は不明で、体質異常、内分泌障害、遺伝などいろいろ言われていますが、確実ではありません。 気管支炎、鼻炎、喘息などとの関連性もいわれています。これらの疾患と関連して、粘膜面の被刺激性が高まり再発、急性炎症を起こしやすくなります。
    出典 :地図状舌とは
  • 症状として

  • 舌の表面に爪甲状の大きさ、形態の淡紅色斑が散在します。 斑の周囲には、1~3㎜幅くらいの白色ないし黄白色の帯状のふちどりを伴うことが多いです。舌縁などにこのような斑の小さなものが1個だけ見られることもありますが、多くは広域に散在し、地図状模様を呈します。
    出典 :地図状舌とは
  • このような変化は日によって、位置、形態、広がりを変えるのが特徴です。 疼痛などの自覚症状はないことが多いですがときにピリピリする、しみるといった症状があります。 特に溝状舌と合併しているものでは訴えが多いです。このような変化は通常舌のみにみられますが、まれに頬粘膜や口唇粘膜にも同様の変化がみられることがあります。
    出典 :地図状舌とは
  • 局所的原因とは

  • 局所的な原因としては、舌の炎症、外傷、腫瘍などにより溝状舌の状態をきたします。発生頻度については、先天性溝状舌は比較的まれです。加齢や全身疾患に伴ってみられると思われるものは、程度はさまざまですが、文献的には成人の約15%に溝状舌がみられるといわれています。
    出典 :地図状舌と溝状舌(こうじょうぜつ)-安原歯科医院
  • 成因による分類としては、  ①家族性などのみとめられる先天性溝状舌  ②全身疾患の部分症状としてみられる場合  ③局所の炎症、外傷、感染などによる場合  に分類されます。
    出典 :地図状舌と溝状舌(こうじょうぜつ)-安原歯科医院
  • 原因は不明なので

     

    自覚症状としては、溝の部分に炎症を併発した場合には、軽度の自発痛と食物による疼痛を訴えることがあります。舌の表面の溝の形態は、数本の溝や不規則で小さい溝としてみられるものや、舌の中央に大きな溝があり、これから小さな溝が左右に出ている形のもの、舌縁に放射状にみられる場合や舌全体に分布するものもあります。このあたりは知っておきたいですね。