水泳で効果的に痩せる方法

水泳ダイエットの効果や水泳ダイエットを始めようか迷っている人へ、スイミングは様々な点からダイエットや健康維持に関して効果的な運動です。
代表的な5つの泳法について、効果的な痩せる水泳とその消費カロリーをまとめました。

view909

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 横泳ぎカロリー消費量

  • 横泳ぎ

  • 横泳ぎは一般的な泳ぎ方なのですが、意外と見かけません。日本の学校教育の水泳ではあまり教えないからだと思います。
    横泳ぎは水中で横になって、横に水をかきながら水を蹴ることで前に進む泳法ですが、一時間で500カロリーほど使うそうです。
    出典 :水泳ダイエットの5つの泳法とカロリー消費量 | 水泳ダイエット
     

    横泳ぎみたことありません。

  • クロールカロリー消費量

  • クロール

  • クロールは最もポピュラーな泳法です。バタ足を休むことなく続けながら順番に腕で水をかいて、たまに腕の動きと合わせて息継ぎをする泳法です。スピードに優れますが、速度は自分で調節が可能です。

    ゆっくりの場合は約480カロリー、全速力で680カロリーほど一時間に消費するそうです。
    出典 :水泳ダイエットの5つの泳法とカロリー消費量 | 水泳ダイエット
  • 背泳ぎのカロリー消費量

  • 背泳ぎ

  • 背泳ぎはクロールと似ていますが、仰向けになって泳ぐ泳法です。一般的なやり方の場合、一時間に約480カロリーを消費するそうです。
    出典 :水泳ダイエットの5つの泳法とカロリー消費量 | 水泳ダイエット

  • 平泳ぎのカロリー消費量

  • 平泳ぎはカエルのようなポーズで水をかく泳ぎ方で、クロールよりもスタミナの消費が抑えられる泳ぎ方だとされていますが、消費カロリーは一時間に約680カロリーと、なかなかの消費量です。
    出典 :水泳ダイエットの5つの泳法とカロリー消費量 | 水泳ダイエット
     

    結構、カロリー消費するんですね。

  • バタフライのカロリー消費量

  • バタフライ

  • バタフライは一般的な泳法の中で一番難しいとされています。手で水をかきながらも、全身をうねらせるようにして前にすすまなければならないので、練習をしないとうまくなることはできません。両手を一斉に上げて水を叩くように掻くバタフライは運動量も多く、一時間に約750カロリーを消費するそうです。
    出典 :水泳ダイエットの5つの泳法とカロリー消費量 | 水泳ダイエット
     

    やっぱりバタフライが一番カロリー消費しますが…一時間は泳げないです。

  • 効果的な水泳ダイエット初級者メニュー

  •  

    【この水泳メニューの目的】

    ◆ダイエット効果
    ◆体力増強
    ◆クロールの練習

    【水泳メニュー内容】

    1.ウォームアップ:クロール50M×2 
    (準備運動用なので、ゆっくりゆったりと。ラップの間に休憩可)
    2. 25Mクロール×4 
    (腕の掻いた回数を数えながら。左右の筋肉のバランスをとるため、できれば偶数回で)
    3.50Mクロール×2、ラップの間に30秒休憩 
    (一度目と二度目同じ秒数でいけるようにする。)
    4. 25Mクロール×4 
    (先ほどと同じように、偶数を意識)
    5.ウォームダウン:クロール50M×2 
    (ゆっくりと流すようにリラックスしながら)

    合計:500M

  • これは初級者用のプログラムですが、もし体力に自信がない場合は自分で少し減らしたりして構いません。また、水泳の技術に自信がないのであれば、まずスイミング教室のクラスに入って、徐々に水泳に身体を慣らすのもいいでしょう。

    また、何か病気など身体的に気になっていることがあれば、必ず水泳ダイエットを始める前に医師に相談してくださいね。
    出典 :効果的な水泳ダイエット初級者メニュー | 水泳ダイエット
     

    自分のペースで始めたらいいんですね。