若い人でも可能性がある、若年性更年期障害の症状とは…?

更年期障害はある程度の歳になってからなるものと考える方がほとんどだと思いますが、実は若い人でもなりうるのです。ここでは、若年性更年期障害の症状についてご紹介します。

view155

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 若年性更年期障害は何歳から?

  • 45歳頃から更年期障害の症状が出始めると言われていますから、それ以前になります。

  •  

    30代の方が主にこの若年性更年期障害に悩まされているようですが、中には20代で似たような症状が起こったという方もいます。

  • 主な症状は?

  • 症状は、ホットフラッシュ、肩凝り、頭痛、イラツキ、不眠、手先の奮え、独り言等で、原因がわからず、やはりメンタルクリニックに通っていましたが、婦人科で漢方を飲むようになってからかなり落ち着きました。
    出典 :若年性更年期は、何歳ぐらいからの事を言いますか!? また、症状は個人差はあると思... - Yahoo!知恵袋
  • 人によっても異なりますが、このようにさまざまな症状があらわれる方もいます。

  •  

    精神的に辛くなった場合は精神科へ行くことも検討しましょう。

  • 気付きにくいのが問題

  • 更年期障害は40代を過ぎてからだと認識している方も多いため、30代で同じような症状が起こったときに、自分がそれに該当するということに気づかないこともあります。

  • 「若年性更年期障害」という言葉はない…?

  • ちなみに、“若年性更年期障害”という正式な医学用語はありません。更年期障害は、閉経が近くなり卵巣の機能が落ちてきて、エストロゲンという女性ホルモンの分泌がキチンとなされなくなったときに出てくる「自律神経失調症状」のことを言います。
    出典 :::: poroco mix | Q141 更年期障害は早い人だと何歳から? 具体的な症状とは? :::
  • 20代、30代の若い女性にも、生理が不順になったり、月経が無くなって、更年期障害と同じような症状を訴える人が増えてきました。これを総称して、「若年性更年期障害」といった言葉が生まれています。
    出典 :若年性更年期障害
  • 更年期障害と似たような症状が起こることを「若年性更年期障害」と呼んでいるようです。

  • まだ若いから大丈夫、と思っている方も、若年性更年期障害というものの存在を知っておくと良いでしょう。