赤ちゃんの顔色が悪い時 顔色で分かる健康チェック法

赤ちゃんの顔色が悪いと感じたら、病気のサインかもしれません。お母さんは普段から赤ちゃんをよく見ておいて、変わりがないか日々チェックしてください。

view204

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんの肌の色は生まれつき個人差があり顔色もそれぞれです。ですが体調の変化が顔色に表れることもあるので、普段の赤ちゃんの顔色をよく覚えておくことが大切です。
    出典 :顔色が気になる-赤ちゃん病気辞典-
     

    赤ちゃんの顔色で、健康状態が分かるのですね。

  • 子どもの活発さや運動は、個人差が大きく、これによって、それぞれの子どもの顔色も違ってきます。顔色が青白かったり、逆に真っ赤でも、元気なら基本的には心配いりません。
    出典 :赤ちゃんの顔色
     

    赤ちゃんの顔色が悪いと感じたら、機嫌も目安にしてください。

  • 赤ちゃんの顔が青白い時

  • 熱を上げている時期にはからだは皮膚の血管を収縮させ、熱を逃がさないようにからだの表面積を小さくしようとしてふるえが起こります。このときは、赤ちゃんの頬に赤みがない、青白い顔をしている、手足をさわると冷たいなどが目安です。
    出典 :3歳までの育児まるまる解決百科
     

    寒気を感じていると青白い顔になるのですね。こんな時は、温めてあげると良いでしょう。

  • 下まぶたの内側や唇も白っぽくなっているときは貧血も疑われます。
    出典 :顔色が気になる-赤ちゃん病気辞典-
     

    貧血チェックもした方が良いですね。

  •  

    唇が白っぽくなっていませんか?

  • 顔色が悪く、青白いときには重大な病気が潜んでいることを示すことが多くあります。高度の脱水があると目が落ち込むようになります。激しく泣きやまないときには痛みを伴う病気のことがあり、逆にほとんど泣けないようなときには緊急を要する病気を疑います。
    出典 :きげんが悪いとき | 子どもの病気・症状 - 町医者の家庭の医学
     

    顔色が青白い時には重病の可能性もあるのですね。

  • 風邪、嘔吐や下痢を伴う病気で青ざめるのは悪化したサインなので注意が必要です。
    出典 :顔色が気になる-赤ちゃん病気辞典-
     

    顔色が青ざめていたら、悪化したサインなんですね。すぐに病院へ連れて行った方が良いでしょう。

  • 唇が紫の時

  • 心臓の病気にはくちびるが紫色になるもの(チアノーゼ性)とならないもの(非チアノーゼ性)があるんじゃ。酸素の多い血は明るい赤色を、酸素の少ない血は暗い赤色(紫色)をしておる。みんなのからだには酸素の多い血が流れておるんじゃが、酸素の少ない血が心臓の穴を通って体のほうに混ざると、くちびるや爪が紫色に見えるようになる。これがチアノーゼ
    出典 :こどもの森の小児科医(3)息のはやい子、くちびるが紫色の子 - 山陽新聞社 - 岡山医療ガイド
     

    唇が紫だったら注意した方が良いですね。

  •  

    唇が紫になっていませんか?

  • チアノーゼ (ドイツ語: Zyanose、英語: cyanosis) とは、皮膚や粘膜が青紫色である状態をいう。一般に、血液中の酸素濃度が低下した際に、爪床や口唇周囲に表れやすい。医学的には毛細血管血液中の還元ヘモグロビン(デオキシヘモグロビン)が5g/dL以上で出現する状態を指す。
    出典 :チアノーゼ - Wikipedia
  • 赤ちゃんの顔色が黄色い時

  • 生後2~3日ごろから徐々に赤ちゃんの肌が 黄色味を帯びてくることがあります。 これは「新生児黄疸」と呼ばれる生理的なもの。 胎児のときに活躍した赤血球がこわれ、分解して出来たビリルビンという 黄色い物質が増えるから、外見上も黄色く見えるのです
    出典 :赤ちゃん0ヶ月育児
     

    生理現象で黄色になることがあるのですね。

  • 黄疸が非常に強い場合は、脳にビルビリンが沈着し、核黄疸を起こすことがあるので、特に異常がなくても治療が必要。
    出典 :新生児黄疸〜子供と赤ちゃんの病気ガイド・新生児黄疸とは?症状・原因・治療
     

    黄疸が強いと感じたら治療が必要なようです。

  • 1カ月健診でも黄疸が続いている赤ちゃんを診ることがあります。多くは母乳によるもの(遷延性黄疸)で2カ月くらいで自然に消えますが、この中に胆道閉鎖症が隠れていることがあり、見落としに注意しなければなりません。胆道閉鎖症は胆汁が出てこないため、便が白色からクリーム色になっています。
    出典 :子供クリニック
     

    胆道閉鎖症は、手術が必要ですので、早期発見が重要です。