-5キロも夢じゃない!?短期間ダイエット【5キロ】

短期間ダイエットで5キロ落とすなんて到底ムリと思っている方必見!
1か月以内に5キロ痩せるための心得や効率的な方法をまとめていました。

view676

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 1か月5キロ痩せるためには何カロリー消費すればいいの?

  • 体重1キロを落とすために消費しなければいけないカロリーはおおよそ7,000kcalと言われています。
    それが5キロ分なので合計すると35,000kcalを消費することで5キロの減量が成功する計算になります。
    これを1ヵ月で行うと考えると、1日当たり1,170kcalを摂取カロリーよりも多く消費する必要があります。




    出典 :一ヶ月で5キロ痩せる方法【リバウンドしないダイエット法】
     


    よし、毎日「1,170kcal」消費すればいいんですね!とわいえ、一日の生活をカロリー変換するのはなかなか難しいですよね。

  • 普段の生活と運動って何カロリー?

  •  

    ダイエットと消費カロリーはきってもきれない間柄。
    生活活動と運動の消費カロリーをざっと頭にいれておきましょう!

  • 摂取カロリーにも目を向けて!

  •  

    1か月で-5キロを目指すならば、毎日消費カロリーが摂取カロリーを1,170kcal以上回ればいけません。
    運動を増やして消費カロリーを頑張って増やしても、ご褒美にお菓子を食べてしまっては元も子もありませんね。

    朝・昼・晩の食事を始め摂取するカロリーを制限をしなくては…。

  • 短期間ダイエットで5キロ落とすには食事制限は絶対条件!

  • 短期間のダイエットを考えているなら食事制限は絶対に欠かすことが出来ません。
    なぜなら、運動での消費カロリーは想像以上に少ないからです。
    自転車であれば1時間で約165カロリー
    テニスであれば1時間で約316カロリーになります。
    200カロリーから300カロリー消費するのに1時間使ってダイエットをするのであれば ソーセージを2本(280Kcal)我慢したほうが楽ですよね?


    出典 :短期間で健康的に痩せるには!?5キロ~10キロのダイエットメニュー | 本気で痩せたい人に届ける、絶対に失敗しないダイエット[Beautiful Diet]
     

    学校や仕事が忙しい人であれば尚更、運動する時間は制限されてしまうもの。
    「甘いものは別口よ」とついデザートを注文してしまいそうになったら、いかに消費するのが大変かを思い出してくださいね!

  • いつも食べてるあの料理って、何カロリーなの?

  • 食べてはいけない食材とは?

  • 炭水化物(白米・小麦類・大豆以外の豆類など)
    白米やパン、麺類などほとんどの主食に含まれている炭水化物はダイエットをする上で一番避けたい栄養素です。

    糖分(お菓子類・果物類・一部野菜)
    糖分が体に多くある状態だと脂肪が燃焼されずに蓄積されてしまうため、糖分の摂取を極力抑える必要があります。

    脂質(油っぽい食事)
    脂質が多い食事は肥満の原因となるだけではなく、血液をどろどろにしてしまったり摂りすぎると様々な悪い影響を与えます。
    出典 :1ヶ月で5キロ痩せる為の食事とは?
     

    炭水化物を取りたいなら、白米の代わりに、カロリー源にならない栄養素の高い玄米にするのもおすすめです。

  • 摂取カロリー制限の敵は「空腹感」

  • 腹が減っては戦はできぬ・・・

     

    摂取制限する必要性は分かったものの、いざお腹がすくと食べることで頭がいっぱいに…。
    空腹が原因で、ダイエットの挫折・リバウンドしてしまう人も多いですね。

  • 失敗しない食事制限ダイエット「置き換えダイエット」

  •  

    短期間ダイエットで注目されている置き換えダイエット。
    商品、味付けも多様化されていますね。

  • 置き換えダイエットとは、通常の食事の代わりに指定された食品を摂取して行うダイエットの方法です。

    ドリンクタイプの代表といえば、酵素ドリンクを使用して行う酵素ダイエットがあります。普段の食事を酵素ドリンクに置き換えることによって、体内に酵素を補給して新陳代謝を活性化して太りにくい体質へと変化させるという事が目的です。
    食事タイプには、フルーツダイエットやスープダイエットがあります。最近話題を呼んでいる置き換えダイエットの方法として、スープの中にガムのような特殊な食材を入れて行う噛むことに重視したダイエット法があります。
    出典 :置き換えダイエットとは?【効果・検証】
     

    ガマンするのではなく、置き換えることで満腹感を得られればストレスも軽減でき、続けられそう!

  • この置き換えダイエットが、なぜ失敗しにくいダイエット方法なのかと言うと、1食200~300kcal程度と低カロリーでありながら、腹もちがとても良いからなのです。
    ・1食約200~300kcal程度と超低カロリー
    ・腹もちがよいので空腹感を軽減しやすい
    つまり食事制限ができるうえに、空腹感が辛くないのです。だから失敗しにくいのです。
    置き換えダイエットは通常1日1食置き換えるだけで良いのですが、1ヶ月で5キロ痩せようと思えば、1日2食は置き換える必要があります。
    出典 :1ヶ月で5キロ痩せる為のダイエット方法を紹介
  • 今注目の「酵素ドリンクダイエット」

  •  

    浜田ブリトニーさんが10キロやせたと話題になったのが、酵素ドリンクダイエット。栄養価が非常に高い上にカロリーがとても低いと人気上昇中です。

  • 短期間ダイエットに酵素が効くのはなぜ?

  • 体の中には、食べ物を体内で消化し、分解し、吸収する消化酵素と吸収された栄養を運んだり、呼吸などの活動をサポートする代謝酵素があります。
    ところが、食べ過ぎたり、消化の悪いものを食べるなどして、消化酵素をたくさん消費してしまうと基礎代謝、脂肪燃焼に使うはずの代謝酵素が少なくなってしまい、痩せにくい体質になってしまいます。
    酵素ダイエットは、食物酵素を外から取り入れることで、体内の限られた酵素を消化酵素に使わず、代謝酵素に使える割合を多くさせます。
    つまり、痩せやすい体質に改善して健康的な仕方で痩せるのが、酵素ダイエットです。


    出典 :短期間で痩せるのに酵素が効く理由とは?
  • 有酸素運動に筋トレを加えて効率UP!

  • ダイエットの為に行う運動はウォーキングやジョギングといった有酸素運動が代表格ですが、これだけではなく筋トレも一緒に行うことで効果を高める事が出来ます。
    有酸素運動のダイエット効果が現れるのは開始20分を過ぎてからです。ですが、その前に筋トレやストレッチを行って体を温めておくと効果が比較的早く現れます。

    筋肉の量が多いほどエネルギーの消費効率が良く痩せ易い体になりますので、筋トレを行って筋肉量を増やす事はとても大切です。
    出典 :1ヶ月で5キロ痩せる為に効果的な運動方法
     

    筋肉があると痩せずらいというイメージがありますが、実は効果を高めるためにも筋肉をつけることは大切なようですね!

  • 有酸素運動「ウォーキング」は「時速4キロ」が目安

  •  

    有酸素運動を目的としたウォーキングは、速すぎても、遅すぎてもNG!

  • 時速4キロというのは「少し早歩き」といった程度です。

    有酸素運動としての目安は「時速3キロ以上、5キロ未満」です。
    時速3キロより遅く歩いてしまうと、単なる散歩と変わらなくなります。逆に時速5キロを超えたハイペースで歩くとなると、無酸素運動へ傾いてしまいます。

    「時速4キロ」というペースを頭に入れておくと、大きな外れはありません。このくらいのペースになると、ただ歩くとはいえ、汗ばむことができるようになります。汗ばむほど早歩きで体を動かしているのなら、有酸素運動としてのウォーキングができていると言っていいでしょう。
    出典 :有酸素運動を意識するなら、時速4キロのペースを目安に歩きたい。 | ウォーキング・ダイエットのすすめ | HappyLifeStyle
  • わずか6秒でできる“6秒筋トレ”

  • “6秒筋トレ”は、筋肉の引き締めに大きな効果を発揮する“アイソメトリックス”という筋肉トレーニングがベースになっている。この“6秒筋トレ”を考案したのは、ボディー矯正などが人気の『サロンC』を主宰する境貴子さん。サロンのスリミングやフェイシャルの施術にもアイソメトリックスを活用した筋トレを取り入れている。
    出典 :1か月で4~5kg痩せた人も 「6秒筋トレ」の3つのポイント紹介 (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース
  • アイソメトリクス【アイソメトリックトレーニング】

     

    特別な道具がいらないので、すぐに始められそうな筋トレです。

  • 6秒筋トレ3大ポイント

  • 【1】息を留めずに呼吸を続ける「呼吸を止めて力を入れると、血圧が急上昇したり心臓に負担がかかったりするので危険です。特に高血圧の人は注意してください」。
    【2】鍛える部分に意識を集中する「特に6秒筋トレは、その部分の筋肉に集中して力を込めることが動きのすべて。単純な動作でも、鍛えている部分を確認しながら行いましょう」。
    【3】力を入れたあとは必ず暖める「6秒間力を入れて硬くなった筋肉は、6秒間かけて力を緩めていきましょう。力を入れるだけでなく、メリハリをつけることで筋肉が効率よく刺激されます」。
    出典 :1か月で4~5kg痩せた人も 「6秒筋トレ」の3つのポイント紹介 (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース
  • こちらの記事もおすすめです!